マーケット

マーケットの変化を捉えるうえで大切な情報を取り上げ、様々な角度から分析・解説します。

今日のヘッドライン


日々マーケットで起きている様々な出来事を独自の視点で解説します。


7月16日

4-6月期の中国GDP成長率、回復の足取りは重い

中国国家統計局が発表した4-6月期のGDPは前年同期比で4.7%増と市場予想を下回り、景況感は悪化しているとみられます。輸出と工業生産が成長を支える一方で、小売売上高の伸びは鈍く、消費者の慎重な姿勢がネックとなっています。また、不動産市場の問題も依然として深刻です。中国当局は不動産問題の解決策を示しましたが、効果は不十分で、追加対策に注目が集まっています。
7月16日

4-6月期の中国GDP成長率、回復の足取りは重い





ディープ・インサイト


ピクテが誇るマーケットのプロが多様なテーマを取り上げ解説します。


ECBプレビュー:ユーロ圏の賃金動向が決め手

欧州中央銀行(ECB)は7月18日に政策理事会を開催予定だ。OIS(オーバーナイト・インデックス・スワップ)市場が織り込む政策金利見通しによると7月理事会では据え置きが見込まれている。ECBメンバーの発言もおおむね据え置きに傾いているようだ。ユーロ圏のインフレ動向ではサービス価格が高止まりしており、サービス価格を左右する賃金動向を把握することが金融政策を占ううえで肝要となろう。

ECBプレビュー:ユーロ圏の賃金動向が決め手





ブースト・アップ


シニア・フェロー市川眞一が政治や経済情勢を独自の視点で分析します。


7月09日

米国大統領選挙アップデート③

米国大統領選挙における6月27日の第1回候補者討論会は、ジョー・バイデン大統領にとって厳しいものとなった。ドナルド・トランプ前大統領の挑発に乗り、現職としての品位や威厳を示すことができなかった上、質問に対する答えに詰まり、声が明瞭でない時間もあり、高齢問題への懸念が広がったからだ。報道各社の世論調査を見ると、討論会を機にバイデン大統領の支持率は下降している。ただし、これでトランプ前大統領が優位に立ったと考えるのは早計ではないか。11月5日の本選までまだ4ヶ月を残し、9月10日には第2回の討論会が予定されている。さらに、共和党、民主党は全国大会の開催前であり、候補者の正式な指名は終えていない。民主党内には、バイデン大統領の出馬辞退を前提として、新たな候補の擁立を模索する動きもあるようだ。討論会でのトランプ前大統領のパフォーマンスも良かったとは言えないだけに、今回の大統領選挙は多くの不確定要因を残している。現段階において、どちらの陣営が有利になったのかを判断するのは困難だろう。
7月09日

米国大統領選挙アップデート③





グローバル・マーケット・ウォッチ


株や債券をはじめとした世界の市場動向を様々なデータを使い解説します。


7月11日

持続可能で再生可能な未来に貢献する建物

世界の建設業界は、環境負荷を低減するための革新的な解決策(ソリューション)を求めています。
7月11日

持続可能で再生可能な未来に貢献する建物





ピクテ・マーケット・フラッシュ


投資のプロフェッショナルが、最新のマーケットの解説を対談形式でお伝えします。





ピクテ・マーケット・ラウンジ


マーケットを知り尽くしたプロが多様なトピックを語り合う動画コンテンツ。





マーケット・マンスリー


毎月様々な経済指標を観察しその変化からマーケットを読み解きます


7月12日

2024年6月のバイオ医薬品市場

7月11日

2024年6月の水関連株式市場