社外有識者の意見を取り入れ、ガバナンス体制を強化

2017年9月28日、ピクテ投信投資顧問株式会社(以下、当社)によるファンド運営のガバナンス体制の強化を目的として、ファンド・アドバイザリー・コミッティーを設置しました。

ファンド・アドバイザリー・コミッティーは、当社の取締役会および経営会議に対する助言を行う機関です。運用業界および運用に関連する法律に精通した社外の有識者5名を招致し、当社内の人材も含めた計7名で構成され、四半期ごとに開催します。その議論の内容は、商品の開発から運用体制やマーケティングにいたるまで、ファンド運営における幅広い領域にわたります。

社外有識者からの発言を積極的に取り入れファンド運営に活かすことで、投資家の皆さまにとって最善の利益を追求することを目指します。


組織図とファンド・アドバイザリー・コミッティーの位置付け


(2020年8月26日現在)

社外有識者


岩間陽一郎氏
一般社団法人 日本投資顧問業協会
前会長

1967年 東京海上火災保険株式会社(現 東京海上日動火災保険株式会社)入社

2005年 東京海上日動火災保険株式会社 専務取締役

2005年 東京海上アセットマネジメント投信株式会社(現 東京海上アセットマネジメント株式会社)代表取締役社長

2010年 一般社団法人 日本投資顧問業協会 会長

東京大学法学部卒業

和仁亮裕氏
モリソン・フォースター法律事務所
弁護士、シニア・カウンセラー

キャピタル・マーケッツ関連業務につき30年に及ぶ経験有し、国際金融取引法務、金融商品取引法務、デリバティブ、保険、一般企業法務を専門とする。

上智大学法科大学院教授、一般社団法人 全銀協TIBOR運営機関 代表理事、金融庁の金融行政モニター委員
国際スワップ・デリバティブ協会(ISDA)のカウンセル、金融法委員会委員および P.R.I.M.E. Finance の Finance Expertも務める。

第二東京弁護士会所属。ニューヨーク州で弁護士登録。

東京大学法学部卒、東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了、コロンビア大学ロー・スクール修士課程修了。

篠田尚子氏
楽天証券経済研究所
ファンドアナリスト

国内銀行にて投資信託、個人年金保険、仕組み預金等の個人向け資産運用相談業務を経験した後、2006年ロイター・ジャパン(現リフィニティブ・ジャパン)入社。

傘下の投信評価機関リッパーにて投資信託のデータ分析、アナリスト業務を担当。

2013年 楽天証券経済研究所入所

慶應義塾大学法学部卒業。早稲田大学大学院ファイナンス研究科修了。

石川由美子氏
株式会社トーキョー・インベスター・ネットワーク
代表取締役

英系証券会社の調査部勤務を経て、スタンダード&プアーズMMS入社。金融市場分析とマクロ経済を担当。

1996年11月株式会社トーキョー・インベスター・ネットワーク設立、代表取締役に就任。

1997年より投資信託の情報サイト「投信資料館」(https://www.toushin.com)を運営。

上智大学外国語学部比較文化学科卒業、法政大学大学院経済学修士課程修了。

山口周氏
株式会社中川政七商店社外取締役、株式会社モバイルファクトリー社外取締役
独立研究者、著作家、パブリックスピーカー

1970年東京都生まれ。

電通、BCGなどで戦略策定、文化政策、組織開発等に従事。

著書に『ニュータイプの時代』『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?』『武器になる哲学』など。

慶應義塾大学文学部哲学科、同大学院文学研究科修士課程修了


ピクテ投信投資顧問株式会社


萩野琢英
ピクテ投信投資顧問株式会社
代表取締役社長

学習院大学法学部卒業後、山一證券に入社。

アナリスト業務を経てロンドン・ニューヨーク現地法人勤務を経験。

2000年にピクテ入社、投信業務、投資顧問業務、商品開発、マーケティング業務に携わる。

2007年からはマネージング・ダイレクターとして、グループ本社(ジュネーブ)にて商品開発、運営業務に従事。

帰国後、2011年12月に日本法人の代表取締役社長に就任。

ピクテ・グループ・エクイティ・パートナー

日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)

石原伸彦
ピクテ投信投資顧問株式会社
取締役 執行役員 法務コンプライアンス部長

新光投信でファンドマネージャー、商品企画などを経てコンプライアンス・審査部長、商品企画部長、後に商品企画部門担当の執行役員。

2014年ピクテ投信投資顧問入社。

業務部長を経て2015年7月執行役員法務コンプライアンス部長。

早稲田大学法学部卒業

日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)