投資情報


ピクテ投信投資顧問が発信するファンドやマーケットに関する投資情報を紹介します。


    ファンドインサイト マーケット 運用戦略

日々の基準価額の変動要因をコンパクトに解説

日付 タイトル タグ
日付
2020/11/24
タイトル グロイン・デイリー・アップデート|Gloin Daily Update タグ
日付
2020/11/19
タイトル 再び加速する新型コロナ感染の波、米政治情勢も注視 タグ
日付
2020/11/19
タイトル 投資戦略 ~ 米大統領選の結果が確定するまで展開を注視 タグ
日付
2020/11/19
タイトル 投資戦略 ~ 米大統領選の結果が確定するまで展開を注視(短縮版) タグ
日付
2020/11/18
タイトル グリーン政策の本格化が環境関連企業にとってプラスに タグ
日付
2020/11/18
タイトル グリーン政策の本格化が環境関連企業にとってプラスに タグ
日付
2020/11/18
タイトル グリーン政策の本格化が環境関連企業にとってプラスに タグ
日付
2020/11/18
タイトル グリーン政策の本格化が環境関連企業にとってプラスに タグ
日付
2020/11/18
タイトル 2020年10月の基準価額動向と運用方針 タグ
日付
2020/11/18
タイトル 2020年10月の基準価額動向と運用方針 タグ


インドネシア中銀は過去3回の会合では利下げを休止していました。その理由として対外環境の安定化維持を挙げ、ルピア安抑制をはかってきました。そのため、景気回復が鈍い中でも、政策金利の据え置きを維持していました。ただ米大統領選挙後にルピア高となったことで、今回の利下げに踏み切ったと見られます。その意味で今後の金融政策も為替市場に左右されそうです。



V字型の景気回復が実現する可能性が一段と増しているように思われる一方、金融市場を下支えしてきた米国の流動性供給のペースは鈍化しています。また、11月の米大統領選を巡る政治リスク、新型コロナウイルスの強烈な第2波到来の可能性、安倍首相の辞任後の政策変更の可能性など先行き不透明感が高まっています。以上から、株式、債券ともにニュートラルを維持します。