ブースト・アップ


シニア・フェロー市川眞一が政治や経済情勢を独自の視点で分析します。



新型コロナが主要先進国において感染第3波に入ったようだ。日本国内では、全国においても新たに確認された感染者が急増している。重症者、死者は今のところ抑制されており、菅義偉政権は、新型インフルエンザ特措法に基づく緊急事態の宣言を極力行わない意向だろう。ただし、来夏に予定される東京オリンピック・パラリンピックについては、開催を前提とした上で、観客を限定する、もしくは無観客も視野にいれた検討が行われている模様だ。さらに、衆議院の任期満了まで11ヶ月となるなか、年明け早々の解散は見送られる可能性が強い。総選挙は来秋の確率が高まっているのではないか。一方、米国においてもペンシルバニア、ミシガンなど中西部に加え、ニューヨークなど北東部で感染者が急増している。ジョー・バイデン次期大統領は、当面の景気にマイナスのインパクトが及んでも、新型コロナの抑え込みを優先するだろう。任期後半の2年間で景気を拡大軌道に導くことができれば、2024年の再選に道が開けるからだ。一方、当面の景気対策としては、FRBの金融政策に比重が掛かるだろう。実質金利差によりドル安傾向となることが考えられ、日本政府は財政政策で景気の下支えを図る見込みだ。

日付 タイトル
日付
2020/11/17
タイトル 新型コロナ 第3波のインパクト
日付
2020/10/27
タイトル 米国大統領選挙の最終確認事項
日付
2020/10/20
タイトル 嘘をつく子供とインフレ論
日付
2020/10/13
タイトル 「バイデン大統領」のシュミレーション
日付
2020/10/06
タイトル 菅新政権への意外感
日付
2020/09/29
タイトル 米国市場:成長株相場は終わったのか?
日付
2020/09/15
タイトル 「菅政権」 何をみておくべきか?
日付
2020/09/01
タイトル 再び脚光を浴びる地球温暖化問題
日付
2020/08/25
タイトル そろそろ気になる米国大統領選挙
日付
2020/08/18
タイトル 金とドルの関係について
日付
2020/08/11
タイトル 財政破綻のリスク
日付
2020/08/04
タイトル ドル安は続くのか?
日付
2020/07/21
タイトル ダンベル型投資
日付
2020/07/14
タイトル 「バイデン大統領」と市場
日付
2020/07/07
タイトル 米国西部・南部に注目
日付
2020/06/30
タイトル 個人金融資産運用への提案
日付
2020/06/23
タイトル 新型コロナウイルスアップデート
日付
2020/06/16
タイトル 円/ドル相場の決定要因
日付
2020/06/09
タイトル ミネアポリス事件のインパクト
日付
2020/06/02
タイトル 経済対策と総選挙
日付
2020/05/26
タイトル 日本の新型コロナウイルス対策の問題点
日付
2020/05/19
タイトル 原油価格の行方
日付
2020/05/12
タイトル 株式市場の考え方
日付
2020/04/28
タイトル 金はなぜ買われているのか?
日付
2020/04/21
タイトル 景気はV字回復するのか?
日付
2020/04/14
タイトル 緊急経済対策の考え方
日付
2020/04/07
タイトル 新型コロナウイルスの次
日付
2020/03/31
タイトル 株価は底を打ったのか?
日付
2020/03/24
タイトル 東京オリンピックの行方
日付
2020/03/17
タイトル 波乱の相場の乗り切り方
日付
2020/03/11
タイトル 米国大統領選挙 序盤のポイント
日付
2020/03/03
タイトル COVID-19
日付
2020/02/25
タイトル 不思議な資産「金」
日付
2020/02/18
タイトル インフレは来るのか?
日付
2020/02/14
タイトル 沈静化へ山場を迎えたCOVID-19問題
日付
2020/02/07
タイトル 実現した Brexitの考え方
日付
2020/01/31
タイトル 米国主導の金融相場と東京市場
もっと見る