Article Title
実践的基礎知識 クレジット編( 4 )<クレジット投資のリスク>
2018/12/25

Share

Line

LinkedIn

URLをコピー


概要

世界的な低金利環境でより高いリターンを求める投資家は、高い利回りのクレジット投資に期待を寄せがちになります。しかし、 高い利回りを追求するあまり、きちんとリスクを把握しないまま投資して、リスクに見合ったリターンを得られなかったり、リスクに見 合わない低利回り、高価格で投資を開始してしまう可能性があります。クレジット投資には信用リスク単体のものは少なく、複合 的なリスクであり、独特のリスクが多いので、どういう種類のリスクで、どのくらいの大きさのリスクなのか、リスクの把握がとても重要 です。その上で、得られるリターンは充分なのか、利回りは充分なのか把握することが大切になります。






●当資料はピクテ投信投資顧問株式会社が作成した資料であり、特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではなく、また特定の銘柄および市場の推奨やその価格動向を示唆するものでもありません。
●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。
●当資料に記載された過去の実績は、将来の成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。
●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。
●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。
●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。
●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象とはなりません。
●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。

手数料およびリスクについてはこちら