ピクテ新興国高配当株式低ボラティリティ戦略ファンド(毎月決算型)

愛称:  エマージング・プロ毎月

追加型投信/海外/株式    日経新聞掲載名:エマプロ毎月




基本情報

基準日: 2021年02月26日
基準価額 4,774円
前日比 71円
純資産総額 276百万円
設定日 2015年05月29日

ピクテの投資カテゴリー

欲張らない
投資
ちょっと
欲張った
投資
育てる
投資
スパイス
投資

リスクを取って大きく資産を増やす

売買タイミングが重要

15年以上投資できる資金



分配金実績


決算日
分配金
2021/02/10
50円
2021/01/12
50円
2020/12/10
50円
2020/11/10
50円
2020/10/12
50円
2020/09/10
50円
2020/08/11
50円
2020/07/10
50円
2020/06/10
50円
2020/05/11
50円
2020/04/10
50円
2020/03/10
50円
2020/02/10
50円
2020/01/10
50円
2019/12/10
50円
2019/11/11
50円
2019/10/10
50円
2019/09/10
50円
2019/08/13
50円
2019/07/10
50円
2019/06/10
50円
2019/05/10
50円
2019/04/10
50円
2019/03/11
50円
2019/02/12
50円
2019/01/10
50円
2018/12/10
50円
2018/11/12
50円
2018/10/10
50円
2018/09/10
50円
2018/08/10
50円
2018/07/10
50円
2018/06/11
50円
2018/05/10
50円
2018/04/10
50円
2018/03/12
50円
2018/02/13
50円
2018/01/10
50円
2017/12/11
50円
2017/11/10
50円
2017/10/10
50円
2017/09/11
50円
2017/08/10
50円
2017/07/10
50円
2017/06/12
50円
2017/05/10
50円
2017/04/10
50円
2017/03/10
50円
2017/02/10
50円
2017/01/10
50円
2016/12/12
50円
2016/11/10
50円
2016/10/11
50円
2016/09/12
50円
2016/08/10
50円
2016/07/11
50円
2016/06/10
50円
2016/05/10
50円
2016/04/11
50円
2016/03/10
50円
2016/02/10
50円
2016/01/12
50円
2015/12/10
50円
2015/11/10
50円
2015/10/13
50円
2015/09/10
50円
2015/08/10
50円
2015/07/10
50円


分配金は1万口あたり、税引き前。
分配金はあくまでも過去の実績であり、将来の分配を示唆あるいは保証するものではありません。
投資信託説明書(交付目論見書)記載の分配方針に基いて委託会社が分配金を決定しますが、委託会社の判断により分配を行わない場合があります。

パフォーマンス


※基準価額は信託報酬等控除後です。基準価額(分配金再投資後)は、表示期間中の税引き前分配金を再投資した場合の評価額を表します。表示期間の開始日を起点に、決算日に分配金を再投資したとみなして算出しています。販売手数料等は考慮しておりません。

    ファンドの特色 パフォーマンス ファンドマネージャー リスク 販売会社一覧 お申込不可日

特色① 主に新興国の高配当利回りの株式に分散投資します

特色② 相対的にボラティリティ(価格変動リスク)の低い運用を目指します

特色③ 毎月決算を行い、収益分配方針に基づき分配を行います



累計リターン

2021年01月末 累計リターン
1ヵ月 +3.39%
3ヵ月 +19.06%
6ヵ月 +12.54%
1年 +1.43%
3年(年率) -3.48%
5年(年率) +0.14%
設定来(年率) -3.80%
設定来 -19.74%

設定日:  2015年05月29日

設定来の当初元本に対する基準価額(分配金再投資後)の騰落率を表示しているため、「投資期間の基準価額と分配金」の値と異なる場合があります。
 

投資期間の基準価額と分配金

 
基準価額
2005/02/28
10,000円
2020/10/21
2,645円
 
分配金
投資期間累計
12,300円
 
基準価額+分配金
2020/10/21
14,945円
(累計リターン  +49.45%)
 
基準価額(分配金再投資後)
2020/10/21
19,979円
(累計リターン  +99.79%)
購入時手数料、換金時の費用・税金等は考慮していないため、販売会社等が作成・通知する、お客さまが実際に得られる「投資信託に係る運用損益(トータルリターン)」とは異なります。指定した日付に基準価額の発表が無かった場合、直前の営業日の基準価額が表示されます。

ロゴン・グエン
クオンタティティブ株式運用チーム
クオンタティティブ株式運用チーム・ヘッド

宗教改革で有名なジャン・カルヴァンにより創設され、現在ではスイスで2番目の規模を誇るジュネーブ大学で金融経済学の修士号を取得したのち、同大学で助手としてポートフォリオ・マネジメント、オプション理論の研究を5年間指導。1998年ピクテ・グループに入社、アクティブ・クオンツ・ファンド、SRI(社会責任投資)ファンドの運用に従事。ピクテにて実際の運用業務を行う傍ら、1997年~2007年にかけてはスイス投資プロフェッショナル・トレーニング・センター(CFPI/AZEK)で指導教官としても活躍。

スイス ジュネーブ大学修士(金融経済)

運用経験年数 24年

ファンドは、実質的に株式等に投資しますので、ファンドの基準価額は、実質的に組入れている株式の価格変動等(外国証券には為替変動リスクもあります。)により変動し、下落する場合があります。したがって、投資者の皆様の投資元本が保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。ファンドの運用による損益はすべて投資者の皆様に帰属します。また、投資信託は預貯金と異なります。

基準価額の変動要因

  • 株式投資リスク(価格変動リスク、信用リスク)
  • 為替変動リスク
  • カントリーリスク
  • デリバティブ取引に伴うリスク
  • 流動性リスク
  • リスク低減手法に関するリスク

※投資リスクについて詳しくは交付目論見書をご確認ください。



各国の事情等により休業日等が突然変更される場合があります。
投資対象国が非常事態などの場合には、お取引が停止される場合があります。
詳しくは販売会社にご確認くださいませ。




ピックアップ 



ファンド関連情報

日付 タイトル タグ
日付
2020/04/23
タイトル 当ファンド基準価額の下落について タグ
もっと見る

マーケット情報

日付 タイトル タグ
日付
2020/12/09
タイトル 新興国の資金繰り改善期待とその背景 タグ
日付
2020/10/28
タイトル コロナが変えた、新興国の金融政策ツール タグ
日付
2020/10/26
タイトル 新興国通貨:トルコ、市場予想に反する据え置きでリラ安懸念継続 タグ
日付
2020/08/19
タイトル 最近の新興国格付け動向 タグ
日付
2020/07/15
タイトル 新興国市場モニター:原油価格の下落局面で最もリスクが大きい新興国はどこか? タグ
日付
2020/07/03
タイトル 新興国株式市場 米国と異なる金融緩和と株価の関係 タグ
日付
2020/06/18
タイトル 新興国で久しぶりの格上げだが タグ
日付
2020/06/18
タイトル 新興国市場モニター:新興国の財政政策分析 タグ
日付
2020/06/04
タイトル 新興国の量的金融緩和 タグ
日付
2020/06/04
タイトル 新興国の量的金融緩和 タグ
日付
2020/05/07
タイトル 中国は人民元安と貿易戦争に勝てるか タグ
日付
2020/03/03
タイトル 中国の的を絞った景気対策が、新型コロナウイルスによる経済への打撃を和らげる タグ
日付
2020/03/02
タイトル 新興国市場モニター:新型コロナウイルスの影響 タグ
日付
2020/02/20
タイトル 中国、10のポイント タグ
日付
2020/01/30
タイトル 新型肺炎の感染拡大、新興国の中でもアジア(除く日本)株式への影響は? タグ
日付
2020/01/23
タイトル 人民元の騰勢~2020年はアジア債券市場の節目の年に~ タグ
日付
2020/01/16
タイトル 米中が第一段階の通商合意に署名、新興国株式投資へのインプリケーション タグ
日付
2019/12/17
タイトル 新興国経済および株式市場、2020年の展望 タグ
日付
2019/12/11
タイトル 新興国通貨取引増加の背景を探る タグ
日付
2019/11/13
タイトル 新興国に埋もれた人的資本の解放 タグ
日付
2019/10/17
タイトル 他の資産と違った動きをする「金」を持つ意味 タグ
日付
2019/09/27
タイトル 南アフリカ経済への圧力 タグ
日付
2019/09/24
タイトル エマージング債券投資のリスクを下げるには タグ
日付
2019/09/19
タイトル 米中対立が深まる中のアジア株式(除く日本)の動向 タグ
日付
2019/08/28
タイトル ブラジル、木を見て森を見ないリスク タグ
日付
2019/08/06
タイトル リスク回避の動きの中、円高が進む タグ
日付
2019/08/06
タイトル みんな中国を待っている タグ
日付
2019/07/31
タイトル ロシア中銀に見る、新興国利下げ期待の理由 タグ
日付
2019/07/22
タイトル 不思議と底堅いトルコリラ タグ
日付
2019/07/17
タイトル インドネシア、メインシナリオ通り利下げに舵を切るか? タグ
日付
2019/07/09
タイトル インド19年度予算に対する市場の評価の背景 タグ
日付
2019/07/05
タイトル ブラジル年金改革法案、ひとつの節目を通過 タグ
日付
2019/07/01
タイトル 新興国市場モニター:世界国債インデックスに湾岸諸国を組入れ タグ
日付
2019/06/28
タイトル メキシコ中銀、意外にも全会一致は崩れたが タグ
日付
2019/06/27
タイトル 新興国の重石となっているアルゼンチンの動向 タグ
日付
2019/06/03
タイトル 森林資源への投資の魅力 タグ
日付
2019/05/22
タイトル 南米の轟音 タグ
日付
2019/04/24
タイトル 新興国市場の先行きは良好 タグ
日付
2019/04/17
タイトル 危機に瀕しているトルコ タグ
日付
2019/04/12
タイトル 回復の兆しが見え始める、アジア株式(除く日本)市場 タグ
日付
2019/04/05
タイトル 中国、景気後退の元凶から安全弁へ タグ
日付
2019/03/28
タイトル 再びトルコリスクを意識する展開か? タグ
日付
2019/03/27
タイトル グローバル・マーケット・ウォッチ:ポピュリズム(大衆迎合主義)とどう向き合うか タグ
日付
2019/03/26
タイトル グローバル・マーケット・ウォッチ:見通しは良くない~逆イールドカーブが株式市場にもたらすもの タグ
日付
2019/03/25
タイトル グローバル・マーケット・ウォッチ:ハイイールド債券とは一味違うレバレッジド・ローン タグ
日付
2019/03/18
タイトル 新興国市場モニター:新興国の小売の落ち込みに注意 タグ
日付
2019/03/13
タイトル グローバル・マーケット・ウォッチ:中国の大胆な融資拡大 タグ
日付
2019/03/13
タイトル グローバル・マーケット・ウォッチ:バリュー株が常に割安とは限らない タグ
日付
2019/02/12
タイトル 新興国株式への投資:4つのプラス材料 タグ
日付
2019/02/12
タイトル グローバル・マーケット・ウォッチ:効果的な金への投資 タグ
日付
2019/02/04
タイトル 新興国バリュー株式に反転の兆し? タグ
もっと見る

お知らせ


関連ファンド