ピクテ日本厳選株 アルファ・プラス 円コース

愛称:  日本株DX(デラックス)

追加型投信/国内/株式    日経新聞掲載名:日本株DX円




基本情報

基準日: 2021年02月26日
基準価額 17,953円
前日比 241円
純資産総額 443百万円
設定日 2013年09月30日

ピクテの投資カテゴリー

欲張らない
投資
ちょっと
欲張った
投資
育てる
投資
スパイス
投資

リスクを取って大きく資産を増やす

売買タイミングが重要

15年以上投資できる資金



分配金実績


決算日
分配金
2021/01/15
0円
2020/07/15
0円
2020/01/15
0円
2019/07/16
0円
2019/01/15
0円
2018/07/17
0円
2018/01/15
0円
2017/07/18
0円
2017/01/16
0円
2016/07/15
0円
2016/01/15
0円
2015/07/15
0円
2015/01/15
0円
2014/07/15
0円
2014/01/15
0円


分配金は1万口あたり、税引き前。
分配金はあくまでも過去の実績であり、将来の分配を示唆あるいは保証するものではありません。
投資信託説明書(交付目論見書)記載の分配方針に基いて委託会社が分配金を決定しますが、委託会社の判断により分配を行わない場合があります。

パフォーマンス


※基準価額は信託報酬等控除後です。基準価額(分配金再投資後)は、表示期間中の税引き前分配金を再投資した場合の評価額を表します。表示期間の開始日を起点に、決算日に分配金を再投資したとみなして算出しています。販売手数料等は考慮しておりません。

    ファンドの特色 パフォーマンス ファンドマネージャー リスク 販売会社一覧 お申込不可日

特色① 主に日本株に投資します

特色② 一部ロング・ショート戦略を活用し、 収益の上乗せを目指します



累計リターン

2021年01月末 累計リターン
1ヵ月 +1.17%
3ヵ月 +16.79%
6ヵ月 +24.46%
1年 +13.81%
3年(年率) +0.53%
5年(年率) +7.53%
設定来(年率) +7.57%
設定来 +70.71%

設定日:  2013年09月30日

設定来の当初元本に対する基準価額(分配金再投資後)の騰落率を表示しているため、「投資期間の基準価額と分配金」の値と異なる場合があります。
 

投資期間の基準価額と分配金

 
基準価額
2005/02/28
10,000円
2020/10/21
2,645円
 
分配金
投資期間累計
12,300円
 
基準価額+分配金
2020/10/21
14,945円
(累計リターン  +49.45%)
 
基準価額(分配金再投資後)
2020/10/21
19,979円
(累計リターン  +99.79%)
購入時手数料、換金時の費用・税金等は考慮していないため、販売会社等が作成・通知する、お客さまが実際に得られる「投資信託に係る運用損益(トータルリターン)」とは異なります。指定した日付に基準価額の発表が無かった場合、直前の営業日の基準価額が表示されます。

エイドリアン・ヒッキー
日本株式運用チーム
日本株式運用チーム・ヘッド

1991年、英国スコットランドの保険会社スコティッシュ・エクイタブルで日本株式の運用を担当以来、現在まで一貫して日本株式の調査・分析、運用に従事してきた日本株式のスペシャリスト。
1996年10月~2001年3月までの4年半は、ドイツ系運用会社コメルツ・インターナショナル・キャピタル・マネジメントの日本株式アナリストとして東京に駐在、日本株式の調査分析を行う。英国に帰国後、エジンバラ・ファンド・マネジャーズ、シェル年金基金、英国系運用会社フォーリン・アンド・コロニアルにて日本株式業務に従事。2006年ピクテ・アセット・マネジメント入社、日本株式チームを率いる。
大学時代には、1988年から1990年の2年間、地方自治体が実施するJETプログラム(語学指導等を行う外国青年招致事業)で来日、秋田県で英語教育に従事。この経験が日本の文化、社会制度、経済への造詣を深めると共に、日本株式運用業務に関わるきっかけとなる。日本人の妻と結婚し、日本語も堪能で企業調査の際は日本語でのインタビューも行う。

英国 バーミンガム大学卒業(経済、経済史)

英国 ランカスター大学修了(哲学)

運用経験年数 30年

ファンドは、実質的に株式等に投資しますので、ファンドの基準価額は、実質的に組入れている株式の価格変動等により変動し、下落する場合があります。したがって、投資者の皆様の投資元本が保証されているものではなく、基準価額の 下落により、損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。ファンドの運用による 損益はすべて投資者の皆様に帰属します。また、投資信託は預貯金と異なります。

基準価額の変動要因

  • 株式投資リスク(価格変動リスク、信用リスク)
  • ロング・ショート戦略によるリスク
  • デリバティブ取引に伴うリスク

※投資リスクについて詳しくは交付目論見書をご確認ください。



各国の事情等により休業日等が突然変更される場合があります。
投資対象国が非常事態などの場合には、お取引が停止される場合があります。
詳しくは販売会社にご確認くださいませ。




ピックアップ 



ファンド関連情報

日付 タイトル タグ
もっと見る

マーケット情報

日付 タイトル タグ
日付
2021/02/12
タイトル 縮小する「首相プレミアム」の意味 タグ
日付
2021/02/09
タイトル 日本株の行方 タグ
日付
2021/02/05
タイトル 緊急事態1ヶ月延長のポジティブな側面 タグ
日付
2021/01/29
タイトル 『中長期経済財政試算』が示す中長期インフレシナリオ タグ
日付
2021/01/26
タイトル 日銀は何を目指すのか? タグ
日付
2021/01/22
タイトル 円高は終わったのか? タグ
日付
2021/01/08
タイトル 日米の政治・政策とマーケット タグ
日付
2021/01/05
タイトル 2021年、注目の政治イベント タグ
日付
2020/12/22
タイトル 手厚い企業金融支援の光と影 タグ
日付
2020/12/15
タイトル 日本にインフレは来るのか? タグ
日付
2020/12/11
タイトル 成長株主導の相場が続く理由 タグ
日付
2020/12/04
タイトル 携帯通信料金引き下げが招く円高 タグ
日付
2020/11/20
タイトル 上昇相場の3つのリスク タグ
日付
2020/11/13
タイトル 戦略なき第3次補正予算 タグ
日付
2020/10/20
タイトル 嘘をつく子供とインフレ論 タグ
日付
2020/10/06
タイトル 菅新政権への意外感 タグ
日付
2020/09/25
タイトル 菅新政権の力量を問う為替の動き タグ
日付
2020/09/18
タイトル 「菅小劇場型政治」とマーケット タグ
日付
2020/09/15
タイトル 「菅政権」 何をみておくべきか? タグ
日付
2020/09/04
タイトル 「菅政権」は何を目指すのか? タグ
日付
2020/08/28
タイトル 安倍首相退陣論についてPart2 タグ
日付
2020/08/28
タイトル 安倍首相退陣論について タグ
日付
2020/08/14
タイトル 長期投資でハマりやすい投資バイアスとは? タグ
日付
2020/08/11
タイトル 財政破綻のリスク タグ
日付
2020/08/07
タイトル 感染第2波 緊急事態宣言はあるか? タグ
日付
2020/07/21
タイトル ダンベル型投資 タグ
日付
2020/07/17
タイトル 新型コロナウイルスと不動産市況 タグ
日付
2020/07/16
タイトル 金融政策据置きの中に見る今後の課題 タグ
日付
2020/06/30
タイトル 個人金融資産運用への提案 タグ
日付
2020/06/26
タイトル 年内解散・総選挙の蓋然性 タグ
日付
2020/06/24
タイトル 日銀の主な意見で、金融政策の再確認 タグ
日付
2020/06/12
タイトル 発想の転換を迫るマーケット タグ
日付
2020/06/10
タイトル 日本国債、見通し引き下げられるも影響は限定的 タグ
日付
2020/06/02
タイトル 経済対策と総選挙 タグ
日付
2020/05/29
タイトル 財政は大丈夫なのか? タグ
日付
2020/05/26
タイトル 日本の新型コロナウイルス対策の問題点 タグ
日付
2020/05/22
タイトル 安倍政権の終わりの始まり!? タグ
日付
2020/05/15
タイトル 生産性の向上か社会の安定か タグ
日付
2020/05/08
タイトル 緊急事態延長のインパクト タグ
日付
2020/04/17
タイトル 新型コロナ・ショックの先 景気・市場編 タグ
日付
2020/04/14
タイトル 緊急経済対策の考え方 タグ
日付
2020/04/10
タイトル 緊急経済対策の実像 タグ
日付
2020/03/27
タイトル 経済対策が大型化する政治的理由 タグ
日付
2020/03/19
タイトル 当面は不可避の縮小均衡、五輪はどうなるのか? タグ
日付
2020/03/11
タイトル 日経平均の安値目標18,500円、リスクシナリオでは17,000円以下も タグ
日付
2020/03/06
タイトル 新型コロナウイルス 重要な2週間 タグ
日付
2020/02/28
タイトル 東証市場再編の概要発表~TOPIX見直しの詳細は今後決定へ~ タグ
日付
2020/02/21
タイトル マイナス成長の可能性が台頭する2020年度 タグ
日付
2020/02/21
タイトル 「有事の円売り」時代の到来か? タグ
日付
2020/02/18
タイトル インフレは来るのか? タグ
日付
2020/02/17
タイトル 日本の10-12月期GDPマイナス成長に続くもの タグ
日付
2020/01/31
タイトル 新型コロナウイルスの影響について タグ
日付
2020/01/29
タイトル 中央銀行に流行、戦略の見直し タグ
日付
2020/01/24
タイトル 通常国会:少ない政府提出法案の背景 タグ
日付
2019/12/27
タイトル 東証市場区分見直しで市場は活性化するか? タグ
日付
2019/12/06
タイトル 内部留保に関する間違った議論 タグ
日付
2019/11/29
タイトル ハイパー・インフレのリスク タグ
日付
2019/11/22
タイトル 『桜を見る会』がもたらすものは何か? タグ
日付
2019/10/25
タイトル 外為法改正案の狙いと課題 タグ
日付
2019/10/18
タイトル 岸田政調会長が号砲を鳴らす「ポスト安倍」レース タグ
日付
2019/10/11
タイトル 「賢明なる投資家」が窒息する市場 タグ
日付
2019/09/30
タイトル 日本でも根付くか、グリーンボンド タグ
日付
2019/09/27
タイトル 年金制度は「100年安心」か? タグ
日付
2019/09/24
タイトル 現代貨幣理論(MMT、続編) ~米国で流行中 タグ
日付
2019/09/20
タイトル 「ポスト安倍」へ向けた1年 タグ
日付
2019/06/24
タイトル 弱みが見え隠れするイールドカーブコントロール タグ
日付
2019/04/26
タイトル 日経平均株価は予想どおり2万2000円台へ。強気を継続する タグ
日付
2019/04/26
タイトル 日銀、何が変わったのか? タグ
日付
2019/04/01
タイトル 東証市場再編の方針発表 ~詳細決定は先送り~ タグ
日付
2019/03/18
タイトル 今月末に「東証」市場再編の方針決定へ タグ
日付
2019/03/18
タイトル 日銀、現状維持の背景 タグ
もっと見る

お知らせ


関連ファンド