Article Title
米食品医薬品局(FDA)の新薬承認環境を考える
2020/08/31

Share

Line

LinkedIn

URLをコピー


概要

2020年8月、米食品医薬品局(FDA)が2つの新薬候補を未承認としたことが注目を集めました。バイオ医薬品株式の株価動向に大きな影響を与える米国の新薬承認の環境について説明しています。



Article Body Text

驚きで受け止められた2つの新薬の未承認

バイオ医薬品株式にとって、新薬の承認動向は株価に大きな影響を与える要因のひとつとなっています。

米国食品医薬品局(FDA)による新薬の承認は近年、堅調に推移しており、2020年についても8月26日時点で37件と高水準を維持しています。(図表1参照)

このような環境下、8月19日に承認期待の高かったギリアド・サイエンシズ(米国)の関節リウマチ治療薬とバイオマリン・ファーマシューティカル(米国)の血友病Aの遺伝子治療の申請が追加のデータを求められ承認されなかったという事実は市場では驚きで受け止めら、両社の株価の下落要因となりました。

承認に至らなかった背景には、米FDAが安全性について過度に心配していることがある可能性があります。

 

「満たされていないメディカルニーズ」がポイント

現在、米FDAの判断には有効な治療薬が既に存在するかどうか(「満たされていないメディカルニーズ」の存在の有無)が重要な材料のひとつとなっています。

今回、承認を得られなかった両治療薬候補に対するメディカルニーズは、それほど重大ではないと判断された可能性があります。


ギリアドの関節リウマチ治療薬候補には既存薬よりも優れた治療法になる可能性はあるものの、既存治療薬も多いことからメディカルニーズが非常に高いわけではありません。一方、精巣毒性などのリスクなどについての懸念から追加のデータの提出が求められています。

またバイオマリンの血友病A遺伝子治療についても、ロシュ・ホールディング(スイス)のヘムライブラなど症状をコントロールできる既存薬が存在し、非常に高いメディカルニーズがあるわけではないため、米FDAは追加のデータを求めたものと考えます。

 

「満たされていないメディカルニーズ」を満たす治療薬候補は多く存在

今回の2治療薬候補の未承認だけで、米FDAの新薬承認環境が変わったと判断することは早計と考えます。

世界には有効な治療薬や治療法が存在しない疾患は多くあります。患者数の少ない希少病やがん、アルツハイマー病なども「満たされないメディカルニーズ」が大きな領域と言えるでしょう。


世界のバイオ医薬品企業は、最新の技術などを活用し「満たされないメディカルニーズ」を満たすような革新的な治療薬の研究、開発を積極的に進めており、このことは中長期的なバイオ医薬品株式の成長要因になるものと考えます。


個別の銘柄・企業については、あくまでも参考であり、その銘柄・企業の売買を推奨するものではありません。また、医薬品についてもあくまで参考として紹介したものであり、その医薬品を推奨するものではありません。


●当資料はピクテ投信投資顧問株式会社が作成した販売用資料であり、金融商品取引法に基づく開示書類ではありません。取得の申込みにあたっては、販売会社よりお渡しする最新の投資信託説明書(交付目論見書)等の内容を必ずご確認の上、ご自身でご判断ください。
●投資信託は、値動きのある有価証券等(外貨建資産に投資する場合は、為替変動リスクもあります)に投資いたしますので、基準価額は変動します。したがって、投資者の皆さまの投資元本が保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。
●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。
●当資料に記載された過去の実績は、将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。
●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。
●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。
●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。
●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象とはなりません。
●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。

MSCI指数は、MSCIが開発した指数です。同指数に対する著作権、知的所有権その他一切の権利はMSCIに帰属します。またMSCIは、同指数の内容を変更する権利および公表を停止する権利を有しています。

お申込みにあたっては、交付目論見書等を必ずご確認の上、ご自身でご判断下さい。
投資リスク、手続き・手数料等については以下の各ファンド詳細ページの投資信託説明書(交付目論見書)をご確認ください。

ピクテ・バイオ医薬品ファンド(1年決算型)円コース