Article Title
為替、債券ともマイナス要因となり年初来で基準価額下落
2020/03/27

Share

Line

LinkedIn

URLをコピー


概要

当ファンドの基準価額は新型コロナウイルス感染拡大の影響により資源国のソブリン債券(主に新興国)、通貨がともに下落したことから軟調な動きとなっています。



Article Body Text

新型コロナウイルス感染拡大の影響により基準価額が下落

ピクテ資源国ソブリン・ファンド(1年決算型)の2020年3月24日の基準価額は8,692円となり、年初来で-1,694円の下落となっています(基準価額は、年初来で-16.3%の下落)。

基準価額の変動を要因別にみると、債券要因が-193円、為替要因が-1,472円、その他(信託報酬等)が-28円で、資源国通貨下落の影響が大きいことがわかります。

為替要因は大きくマイナス、債券もマイナス要因に

新型コロナウイルスの世界的大流行(パンデミック)を背景に世界経済の先行きに対する懸念が急速に高まっています。またサウジアラビアが同国産原油の価格引き下げと増産を発表したことを受けて原油価格が急落し、その影響を受け資源価格全体も軟調な動きとなりました。一方、多くの資源国が景気対策として利下げを実施していることもあり、リスク回避姿勢が強まる中で資源国通貨は大きく下落し、為替は基準価額の大きな下落要因となっています。

また債券要因についても基準価額のマイナス要因となっています。先進国のソブリン債券ではリスク回避の動きや景気対策のために各国中央銀行が利下げなどの金融緩和策を実施していることは債券利回りの低下要因(価格の上昇要因)となっています。ただし今回は、極端なリスク回避の際に資金確保のために先進国のソブリン債券も売られた局面がありました。また新興国のソブリン債券についてはリスク回避の動きが強まり資源価格が下落し、新興国から資金が流出したこともあり、これらの動きは基準価額のマイナス要因となりました。

資源価格は新型コロナウイルスのパンデミックにより世界各国での工場の一時停止や人の移動が制限されていることなどの影響により、引き続き低調な動きとなり、資源国のソブリン債券や通貨にとってさらにマイナス要因となる可能性があります。一方、中国で生産を再開する動きが出るなど落ち着きを取り戻しつつあることは足元では数少ない明るい材料と言えます。そもそも本格的な回復には感染者数や死亡者数の増加が世界的に抑えられることが必要かもしれません。 



●当資料はピクテ投信投資顧問株式会社が作成した販売用資料であり、金融商品取引法に基づく開示書類ではありません。取得の申込みにあたっては、販売会社よりお渡しする最新の投資信託説明書(交付目論見書)等の内容を必ずご確認の上、ご自身でご判断ください。
●投資信託は、値動きのある有価証券等(外貨建資産に投資する場合は、為替変動リスクもあります)に投資いたしますので、基準価額は変動します。したがって、投資者の皆さまの投資元本が保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。
●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。
●当資料に記載された過去の実績は、将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。
●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。
●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。
●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。
●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象とはなりません。
●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。

お申込みにあたっては、交付目論見書等を必ずご確認の上、ご自身でご判断下さい。
投資リスク、手続き・手数料等については以下の各ファンド詳細ページの投資信託説明書(交付目論見書)をご確認ください。

ピクテ資源国ソブリン・ファンド(1年決算型)