日本拠点開設40周年記念 ピクテ・スペシャル・ジャパン・ツアー2021

ポストコロナ時代における

市場の「転換点」を見据えた資産運用



日本オフィス開設40周年記念 

ピクテ・スペシャル・ジャパン・ツアー2021

ポストコロナ時代における

市場の「転換点」を見据えた資産運用



Share

Line

LinkedIn

URLをコピー

2020年は新型コロナウィルスの感染拡大が猛威を振るい、

市場の大きな下落とその後の大規模な金融緩和による上昇相場を、私たちは経験しました。

ピクテは、そうした上昇後のマーケットの先に待つ市場の「転換点」を見据え、私たちは自らの資産をどう守っていくべきなのか

という観点から、資産運用戦略を語ります。



イベント概要



● 講演テーマ:

ポストコロナ時代における市場の「転換点」を見据えた資産運用


第1部 市場環境編

・ 相対的貧困化が進む日本と世界の動向
・ 日米欧における個人金融資産の違い
・ 市場サイクルからみた現在地とこれから
・ 運用で大切にしたい戦術的な資産配分


第2部 資産運用編

・ 資産運用におけるリスクの捉え方
・ 成果を出すうえで重要となる資産配分とは
・ 投資信託が持つ優れた機能
・ ピクテのマルチアセット運用


●参加費:

無料(事前申込制)※年齢制限はございません。どなたでもご参加いただけます。


●講演日程:

2021年11月1日(月)~12月20日(月) 18:30~20:00( 受付 全会場18:00~)※オンライン配信のみ19:00の開始となります。


●主なスピーカー:

投資の最前線に携わるプロフェッショナル、「Pictet Investment Office(ピクテ・インベストメント・オフィス)」のメンバーを中心としたスピーカーより講演させていただきます。ピクテ・インベストメント・オフィスの詳細はこちら


●開催会場 :

全国47都道府県/47会場 ※最終日にオンライン配信での開催もございます。


●申込方法 :

以下から参加したい地域・会場を選択し、お申込みフォームからお申込みください。※お申込み多数の場合は先着順となります。


●新型コロナウィルス感染対策 :

ご来場いただく皆さまの安全を最優先に考慮し、対策を行っております。詳細につきましては本ページ下部もしくは、各会場の申込ページをご覧ください。




会場一覧


以下の地域よりご希望の会場を選択の上、会場毎のページよりお申込ください。



新型コロナウィルス感染防止対策について


お客様へのお願い


昨今の新型コロナウィルス感染拡大状況に伴い、ご来場いただく皆さまの安全を最優先に考慮する措置といたしまして、新たに下記のご協力をお願いさせていただく運びとなりました。

本セミナーでは、当日の受付時にワクチン2回接種済み証明書のご提示(コピーや撮影画像も可)、または72時間以内のPCR検査による陰性証明(市販の検査キットも可)をご提示いただける方を対象とさせていただきます。ご提示いただけない場合にはご入場をお断りさせていただきますことを、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

また、ご来場時のマスク着用、受付時の手指消毒および検温にご協力をいただきますよう重ねてお願い申し上げます。尚、37.5度以上の発熱が認められた場合はご入場をお断りさせていただくことがございますので、あらかじめご了承ください。


弊社スタッフ及び会場での対策


弊社スタッフにおきましても同様に、ワクチン2回接種済みの者が受付および運営にあたります。

また、会場においては、収容可能人数の半数以下で、定員を設けさせていただいており、お隣の方とは1席空けて着席いただくようご準備させていただきます。






演台上にプラスチックパネルを設置






お隣の方と距離を取った席配置


●本セミナーにおいて、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。
●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。
●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。
●当資料に記載された過去の実績は、将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。
●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。
●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。
●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象とはなりません。
●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。