Pictet Theatre LIVE(2020.10.26 Mon.)

Event Title
世界株式市場の動向と今後の見通し|米大統領選の先を見据えた投資戦略

Overview/Agenda


Pictet Theatre LIVEは、経験豊富な投資のプロが語る最新情報を、オンライン・オフライン両方でご提供するハイブリッド型資産運用セミナーです。※現在はオンライン配信のみとなっております。

ストラテジストの田中純平より、世界株式市場の動向及び今後の見通しについて解説いたします。

ぜひ、ご覧ください。


視聴者のみなさまから頂いたご質問について、スピーカーがお答えさせていただいております。
なお、すべてのご質問にお答えできない場合もございますことを何卒ご了承ください。

(注1)お客さまからいただきましたご質問ついては、ご質問が多かったものを中心に掲載しております。
(注2)特に記載のない場合、ご質問への回答は本FAQの掲載日時点の見解です。

戦後1945年から1968年にかけて、連邦法人税率は40.0%から52.8%へ大幅に引き上げられましたが、この期間のS&P500指数は長期的には右肩上りで推移しており、増税が必ずしも長期的な株安を意味するわけではありませんでした(注:戦前はこの限りではありません)。
連邦法人税の引き上げによって予見される将来の予想EPSは増税分だけ下方修正されるため、短期で見れば株式市場に対して逆風の政策になります。しかし、マーケットは増税分を比較的短期間で株価に織り込むため、増税によって株価が軟調に推移する期間も比較的短期間にとどまる可能性があります。
一方、長期で見れば株式市場は「企業業績の伸び」を重視するため、増税後の予想EPSがどのように推移するかがより重要になります。よって、長期的に捉えれば増税による株式市場への影響は限定的になると考えられます。
バイデン氏は積極的な財政支出(インフラ政策)も公約として掲げているので、財政支出による景気刺激効果によって、「増税後」の予想EPSは堅調に推移することが期待されます。

米国の雇用統計では、完全失職者に注目すべきと考えます。
今年4月の米国非農業部門雇用者数は前月比2,078万人減、失業率は14.7%と歴史的な悪化となりましたが、その後の労働市場は順調に回復しているように見受けられます。
しかし、完全失業者の推移を見ると、今年4月時点の約256万人から9月時点は約450万人へ増加しており、完全失業者の統計はむしろ悪化しています。
いまのところ、労働市場の回復は一時帰休者の減少によって支えられている部分が大きいですが、この一時帰休者の減少(改善)もいずれ鈍化します。そのため、新型コロナウイルスの感染が収束しないかぎり、「完全失業者の増加が労働市場全体を圧迫するシナリオ」もリスク要因として留意する必要があると考えます。



Speaker


田中 純平
ストラテジスト

日系運用会社に入社後、14年間一貫して外国株式の運用・調査に携わる。主に先進国株式を対象としたアクティブ・ファンドの運用を担当し、北米株式部門でリッパー・ファンド・アワードを受賞。アメリカ現地法人駐在時は中南米株式ファンドを担当し、新興国株式にも精通。ピクテ入社後は、ストラテジストとして主に世界株式市場を分析。ピクテ・グループ全体のハウス・ビューを策定するピクテ・ストラテジー・ユニット(PSU)にも参加し、レポートや動画、セミナーやメディアなどを通じて投資家への情報提供に努める。日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)



開催予定のセミナー


2020年11月26日 (木) PM 06:30 ~ PM 07:30
スピーカー
北根 久之
資産運⽤コンサルティング本部⻑
2020年11月30日 (月) PM 06:30 ~ PM 07:30
スピーカー
田中 純平
ストラテジスト
2020年12月08日 (火) PM 05:30 ~ PM 06:00
スピーカー
萩野琢英
代表取締役社長

過去のセミナー動画


過去のセミナー
2020年11月12日木曜日 PM 06:30 (30分)
スピーカー
松元 浩
グローバル資産運用部長
過去のセミナー
2020年11月06日金曜日 PM 06:30 (60分)
スピーカー
市川 眞一
シニア・フェロー
過去のセミナー
2020年11月05日木曜日 PM 06:30 (60分)
スピーカー
田中 純平
ストラテジスト

●当資料はピクテ投信投資顧問株式会社が作成した販売用資料であり、金融商品取引法に基づく開示書類ではありません。取得の申込みにあたっては、販売会社よりお渡しする最新の投資信託説明書(交付目論見書)等の内容を必ずご確認の上、ご自身でご判断ください。
●投資信託は、値動きのある有価証券等(外貨建資産に投資する場合は、為替変動リスクもあります)に投資いたしますので、基準価額は変動します。したがって、投資者の皆さまの投資元本が保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。
●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。
●当資料に記載された過去の実績は、将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。
●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。
●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。
●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。
●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象とはなりません。
●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。