Pictet Theatre LIVE(2020.11.06 Fri.)

Event Title
為替は?株価は?金は?米国大統領選挙のインパクト

Overview/Agenda


Pictet Theatre LIVEは、経験豊富な投資のプロが語る最新情報を、オンライン・オフライン両方でご提供するハイブリッド型資産運用セミナーです。※現在はオンライン配信のみとなっております。

シニア・フェローの市川 眞一より、国内外の政治・金融政策動向及びそのマーケットへの影響や今後の見通しについてお話致します。

ぜひ、ご覧ください。


視聴者のみなさまから頂いたご質問について、スピーカーがお答えさせていただいております。
なお、すべてのご質問にお答えできない場合もございますことを何卒ご了承ください。

(注1)お客さまからいただきましたご質問ついては、ご質問が多かったものを中心に掲載しております。
(注2)特に記載のない場合、ご質問への回答は本FAQの掲載日時点の見解です。

成長株につきましては、何が成長企業なのかを含め、その時々で対応を考えなければならないと思います。
日本経済がインフレ期に入るには、3~5年程度の期間があると考えます。その時、何が成長セクターになっているのかは、正直、現時点では分かりません。例えば、今年の新型コロナウイルス禍の下、リモート化が世界的に進み、Zoom社の株価が急騰することは全く予想できませんでした。
マクロ経済の考え方として、現在の財政・金融政策の肥大化が、将来、インフレを起こすであろうことは想定できますので、その備えとして、円の下落に強い海外資産、金などを成長株と併せ持つことが有効だと考えます。

今は、異常な状態から正常化への期待の初期の段階ですので、金融市場はユーフォリックになり易いと考えます。つまり、新型コロナのワクチン開発が進捗したとのニュースで、経済の回復を一気に織り込むような相場展開になると考えます。今しばらく、この状態が続くのかもしれません。
しかしながら、実際に正常化のプロセスに入れば、様々な現実の難しさが見えてくると考えます。例えば、リモート化による社会の構造的変化で失われるビジネスがあるでしょうし、ワクチンが開発されても、普及には相当な時間を要するでしょう。さらに、多くの国が新型コロナ禍対策で財政を大盤振る舞いし、中央銀行はマネーを大量供給しましたので、財政・金融双子の肥満問題にも直面することが予想されます。
まず、米国はこの問題を解消し、経済をデフレに陥らせないためにも、ドル安を好むのではないかと考えます。今後1~2年程度、米国は雇用なき回復局面に入り、経済成長は極めて緩慢で、ドル安になり易い状況が続くと考えます。

"成長"の可能性は、ここからしばらくは「リモート化」、そして「気候変動対策」にあると考えます。
ただ、日本では産業の新陳代謝が進みにくく、成長産業がなかなか生まれにくい状況にあるため、投資に関して言えば、世界に目を向けるべきでははないかと考えます。



Speaker


市川 眞一
シニア・フェロー

日系証券の系列投信会社でファンドマネージャーなどを経て、1994年以降、フランス系、スイス系2つの証券にてストラテジスト。この間、内閣官房構造改革特区評価委員、規制・制度改革推進委員会委員、行政刷新会議事業仕分け評価者など公職を多数歴任。著書に『政策論争のデタラメ』、『中国のジレンマ 日米のリスク』(いずれも新潮社)、『あなたはアベノミクスで幸せになれるか?』(日本経済新聞出版社)など。2011年6月よりテレビ東京『ワールドビジネスサテライト(WBS)』レギュラー・コメンテーター。



開催予定のセミナー


2020年11月30日 (月) PM 06:30 ~ PM 07:30
スピーカー
田中 純平
ストラテジスト
2020年12月08日 (火) PM 05:30 ~ PM 06:00
スピーカー
萩野琢英
代表取締役社長

過去のセミナー動画


過去のセミナー
2020年11月26日木曜日 PM 06:30 (60分)
スピーカー
北根 久之
資産運⽤コンサルティング本部⻑
過去のセミナー
2020年11月12日木曜日 PM 06:30 (30分)
スピーカー
松元 浩
グローバル資産運用部長

●当資料はピクテ投信投資顧問株式会社が作成した販売用資料であり、金融商品取引法に基づく開示書類ではありません。取得の申込みにあたっては、販売会社よりお渡しする最新の投資信託説明書(交付目論見書)等の内容を必ずご確認の上、ご自身でご判断ください。
●投資信託は、値動きのある有価証券等(外貨建資産に投資する場合は、為替変動リスクもあります)に投資いたしますので、基準価額は変動します。したがって、投資者の皆さまの投資元本が保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。
●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。
●当資料に記載された過去の実績は、将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。
●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。
●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。
●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。
●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象とはなりません。
●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。