インターネット‧エクスプローラー(IE)からの閲覧では基準価額などのファンド情報を見ることができませんのでご注意ください

弊社では、お客さまへより充実した情報提供を目指して2020年11月19日にウェブサイトのリニューアルを実施いたしました。これに伴い、マイクロソフト社がサポートを終了し、閲覧・動作に支障が生じる可能性があるインターネット・エクスプローラー(IE)での当サイトのご利用を非推奨とさせていただきました。お客さまがより快適で安全にウェブサイトをご利用いただくために世の中の技術動向等を踏まえた最適なご利用環境の検討、並びにウェブサイトの改善を行っており、当サイトによる最適なサービス提供を目的としております。推奨ブラウザーは以下のリンクよりダウンロードしてご利用いただけます。

推奨ブラウザのダウンロードはこちら
ウェブサイトリニューアルのお知らせはこちら
リニューアルに伴う推奨環境はこちら

インターネット‧エクスプローラー(IE)からの閲覧では基準価額などのファンド情報を見ることができませんのでご注意ください

弊社では、お客さまへより充実した情報提供を目指して2020年11月19日にウェブサイトのリニューアルを実施いたしました。これに伴い、マイクロソフト社がサポートを終了し、閲覧・動作に支障が生じる可能性があるインターネット・エクスプローラー(IE)での当サイトのご利用を非推奨とさせていただきました。お客さまがより快適で安全にウェブサイトをご利用いただくために世の中の技術動向等を踏まえた最適なご利用環境の検討、並びにウェブサイトの改善を行っており、当サイトによる最適なサービス提供を目的としております。推奨ブラウザーは以下のリンクよりダウンロードしてご利用いただけます。
推奨ブラウザのダウンロードはこちら
ウェブサイトリニューアルのお知らせはこちら
リニューアルに伴う推奨環境はこちら



ピクテの視点

Perspectives



ピクテの視点

Perspectives


注目のコンテンツ

Recommendation



投資セミナー



投資のプロの対談



グロインの動向



グロインの15周年



金関連ファンド



iTrustとは



資産運用を考える

Top Story



資産運用を考える

Top Story



注目のファンド

Our Funds



公益株に投資



円で公益株投資



資産保全を重視



資産を守り育てる



時代の潮流に乗る



人々を魅了する金



世界の勝ち組企業



日本の優良株式



世界を変えるロボ



成長を支える安全



注目の環境技術



Bio

革新のバイオ技術




シニア・フェロー市川の視点

Boost Up




世界の動向を読む

Global Market Watch

2020年の米国の新薬承認件数は53件と高水準を維持し、バイオ医薬品株式にとってプラス要因となっています。一方、個別銘柄では良好な結果を発表する企業もあれば、不調な結果に終わる企業もあり、株価の変動が大きくなる傾向がある点には注意が必要です。そのためバイオ医薬品株式への投資においては分散投資をお勧めします。



次の一手を考える

Strategy

バイデン氏の米大統領就任に伴い、米中関係の改善が想定され、2021年4~6月期以降グローバル経済の力強い回復局面が訪れるとみています。一方、世界主要5ヵ国の中央銀行による流動性供給は減少傾向にあり、株式のバリュエーションは、引き続き割高な水準にあると考えています。こうしたこと等を総合的に判断し、リスク性資産に対して引き続き中立的なスタンスを継続する方針です。



資産運用を感じる

Upcoming Seminars

2021年01月25日 (月) PM 06:30 ~ PM 07:00
スピーカー
田中 純平
ストラテジスト
2021年01月26日 (火) PM 05:30 ~ PM 06:00
スピーカー
萩野琢英
代表取締役社長



ピクテを知る

About Pictet



ピクテの行動指針



ピクテの歴史



企業としての責任



日本を豊かにする




ピクテからのお知らせ

Notification

    すべて 重要なお知らせ 適時開示 プレスリリース メディア掲載情報



ピクテのメールマガジン

グローバルなマーケットや新興国のレポートをはじめ、ファンドレポートや資産運用コラム、セミナー情報などをお届けします。(詳しくはこちら
利用規約をご確認いただき、ご同意いただける場合は「利用規約に同意します。」にチェックをつけた後、メールアドレスをご登録ください。



※メールアドレスを含む個人情報の取扱いについては個人情報保護方針をご確認ください。