実践的基礎知識 リスク編( 4 )<リスクの種類と大きさを考える> | ピクテ投信投資顧問株式会社

実践的基礎知識 リスク編( 4 )<リスクの種類と大きさを考える>

リスクの種類と大きさを考える

リスクという言葉には2つの意味があり、1つは一般的に使われる「良くないことが起こる可能性」という意味で、もう1つは投資の世界独自の「値動き」という意味があります。リスクは種類と大きさが重要です。複数の種類リスクをとっている場合は、リスクの種類を理解しどんなリスクをとっているのか、普段の値動きの大きさや、悪いことが起きた場合は最大でどのくらい下落する可能性があるのかを把握しておくことが重要です。

リスクの種類

リスクという言葉には2つの意味があり、1つは一般的に使われる「良くないことが起こる可能性」という意味で、もう1つは投資の世界独自の「値動き」という意味があります。

投資信託の目論見書や販売用資料には、リスクに関する記載があります。例えば、株価変動リスク、金利変動リスク、信用リスク、為替変動リスク、カントリーリスクなどがあります。これらは「リスクの種類」ですが、リスクはその「大きさ」も大切な要素です。

今回はリスクの種類と大きさのそれぞれについて考えていきましょう。まずはリスクの種類からです。複数の種類のリスクをとっている場合は、まずどのようなリスクをとっているのか把握するよう努めましょう。例えば、海外の国債に投資するファンドで、(1)金利変動リスク、(2)信用リスク、(3)為替変動リスクの3種類のリスクをとっている場合です(図表2)。これらがリスクの種類です。

(1)金利変動リスクは、景気改善やインフレ懸念など、金利上昇局面にあるのかどうか、(2)信用リスクは、発行体の信用状況・財務状況・評価はどうなのか、(3)為替変動リスクは為替ヘッジをかけているため限定的なのか、もしそうならば為替ヘッジのコスト上昇に懸念はないのか、という意識を持つことが大事です。その上で為替ヘッジをかけて(3)の為替変動リスクは限定的になっていたとしても、(1)の金利変動リスクや(2)の信用リスクはとっているという具合にリスクの種類を確認しましょう。

 

リスクの大きさ

次に把握すべきなのはリスクの大きさです。リスクの大きさというのは、値動きの大きさです。主に(1)普段の値動きの大きさ、(2)悪いことが起こった時の最大下落率、の2つで考えることができます。リーマン・ショック時には様々な資産の価格が大きく値下がりしました。

また、リスクの小さい商品はたとえ悪いことが起こっても半値になったりはせず、10%、20%といった程度の損失で下げ止まります。悪いことが起こった時に半値になってしまったり、70%、80%といった大きな幅で下落してしまうのは、その商品のリスクが大きいからです。

(1)は普段どのくらい価格が変動するのか、日々、1ヵ月などの単位ではどのくらい動くのか、という考え方です。この普段の値動きの大きさを測るものさしが標準偏差です。「バラつきの大きさ」を表す数字で、リスクの大きさを数値化するものです。「極端なケースを除き、だいたいこのくらいの範囲の中に収まる」という範囲です。

(2)はリーマン・ショックのような最悪のケースで、最大どのくらい下がってしまったのか、という考え方です。商品によってリスクの種類は様々でも、この時の下落幅を比べてみると、普段はなかなか見えにくい各資産が持っているリスクの大きさを把握することができます(図表3)。

リーマン・ショック時の下落率を最大下落率と考えるとして、リーマン・ショック時の下落率の半分程度の下落はいつ起こってもおかしくない、と考えるべきでしょう。また、下落し続けている資産があった場合、最大、どのくらいの下落を覚悟しなければならないかも分かります。

投資する上で普段の値動きの大きさを把握することも重要ですが、さらにリスクの種類を理解しどんなリスクをとっているのか、悪いことが起きた場合は最大でどれくらい下落する可能性があるのかを把握しておくことも重要です。

 

iInfo by Pictet Facebookページのご紹介

ピクテのiInfoには投資家のみなさまの、
「プロ並みのファンドや市場環境の情報がほしい」
「投資に役⽴つ知識を⾃分のペースで学びたい」
…というご要望を満たす様々な情報をご用意しております。

具体的には、iTrustシリーズのバリュエーションレポートやピクテの短期・⻑期の投資環境⾒通しを紹介した戦略レポート「Barometer」 「Secular Outlook」、投資の基本をやさしく学べる「BASE VIDEO & TEXT」、コラム「投信新世代のための基礎知識」など、様々なコンテンツが用意されています。

iInfo詳細はこちら

 

iInfo by Pictet Facebookページのご紹介

iInfoのFacebookページができました!
ここでは、私たちが⽇々取り組んでいることや、
みなさまのお役に⽴てそうなことなど、
様々な情報をお届けしてまいります。

当資料をご利用にあたっての注意事項等

●当資料はピクテ投信投資顧問株式会社が作成した資料であり、特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではなく、また特定の銘柄および市場の推奨やその価格動向を示唆するものでもありません。●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。●当資料に記載された過去の実績は、将来の成果等を示唆あるいは保証するものではありません。●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の対象ではありません。 ●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資家保護基金の対象とはなりません。●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。


関連レポート

一覧へ

ページの先頭へ戻る