米中が第一段階の通商合意に署名、新興国株式投資へのインプリケーション | ピクテ投信投資顧問株式会社

米中が第一段階の通商合意に署名、新興国株式投資へのインプリケーション

2020/01/16新興国

2020年1月15日、米国と中国の両国は、第一段階の通商合意に署名し、長らく続いた貿易戦争は一時休戦のかたちとなりました。

今回の合意の中で、中国側が示したコミットメントは、(1)金融サービス市場の開放、(2)知的財産権の保護、(3)技術移転強要の禁止、(4)米国からの農産物購入の拡大、(5)中国の外国為替市場の透明化、(6)合意の履行を確実にするための相互評価・紛争解決の枠組み・・・などが主な柱です。

これに対して、米国側は、(1)2019年12月に新たに発動予定だった中国からの輸入品約1,600億ドル分に対する15%の追加関税の見送り、(2)既に15%に引き上げられていた中国からの輸入品約1,200億ドル分に対する制裁関税率の7.5%への引き下げ、(3)ただし、2018年に発効された中国からの輸入品約2,500億ドル分に対する制裁関税率は25%のまま据え置き・・・などが示されています。

今後の交渉の行方について言及するのは時期尚早ではありますが、第二弾の合意に向けた交渉では、より技術関連の分野に踏み込んだ問題解決が求められる可能性があると考えます。

2019年12月に米国から発表されたファクトシートによると、米国企業が中国市場に進出する際に求められる技術移転の強要の是正に中国が合意したことに言及していましたが、一方の中国側からはこの点に関しての発表は一切ありませんでした。こうした点からみても、第一段階の合意にこぎつける際にも技術関連の問題は大きなハードルで、今後も争点となることは間違いないと考えられます。

今後も長期的に、米中の貿易摩擦問題は、今後どのような合意がなされようとも、市場にとって「ニューノーマル」となる可能性が高いとみられます。こうした状況からの影響として、中国側では、情報技術セクターにおいて米国などの海外勢に替わる国内ハイテク企業の育成を推進する動きが活発化する可能性が高いとみています。これは実際に、中国が、第一段階の合意における文章の中で言及していた国内産業における改革の推進と成長の質の向上という点と一致しています。

こうした中国政府の方針で恩恵を受けるであろう分野としては、企業向けアプリケーションなどのソフトウェアや、半導体、電子部品などのハードウェアに係わる分野などがあるとみています。

今回の第一段階合意の署名で、新興国株式をはじめ世界の株式市場にとってはひとまず、安心材料を得たかたちとはなりましたが、今後の交渉の行方には引き続き注視していく必要があるでしょう。

(※将来の市場環境の変動等により、当資料記載の内 容が変更される場合があります。)

 

当資料をご利用にあたっての注意事項等

●当資料はピクテ投信投資顧問株式会社が作成した資料であり、特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではなく、また特定の銘柄および市場の推奨やその価格動向を示唆するものでもありません。●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。●当資料に記載された過去の実績は、将来の成果等を示唆あるいは保証するものではありません。●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の対象ではありません。 ●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資家保護基金の対象とはなりません。●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。

ページの先頭へ戻る