Article Title
年初来の当ファンドの動向と今後の見通し
2021/12/28

Share

Line

LinkedIn

URLをコピー


概要

年初来、当ファンドのマザーファンドは+20%超上昇しています。しかし9月以降、相対的に低調となったことが影響し、米国株式を下回る推移となっています。バイオ医薬品株式については、米国における薬価を巡る議論や新型コロナウイルスの感染拡大による新薬開発の遅れなどがマイナス要因となっています。一方、中長期的には「新薬の開発」や「バイオ医薬品企業をターゲットとしたM&A」などが株価をけん引していくものと考えます。



Article Body Text

当ファンドのマザーファンドは年初来で20%超の上昇

当ファンドのマザーファンドであるピクテ・バイオ医薬品マザーファンドは年初来で20%超上昇している一方、上昇率は米国株式を下回っています(2021年12月21日現在)(図表1右、左参照)。

【2021年1-3月】2月上旬にかけてゲノム編集技術を有する銘柄などを中心にバイオ医薬品株式は堅調な動きとなりました。しかし2月中旬から3月にかけて米国の長期金利が急上昇しグロース株が下落した局面でバイオ医薬品株式も下落するなど、株価変動が大きくなりました。当ファンドのマザーファンドの3ヵ月間の騰落率は、為替が円安・ドル高となったこともあり+10%超となりました。

【2021年4-6月】景気回復期待などから世界の株式市場が上昇する中、ワクチン関連銘柄やゲノム編集技術を有する銘柄などが市場をけん引しバイオ医薬品株式も上昇しました。また市場で注目を集めていたバイオジェン(米国)のアルツハイマー型認知症治療薬が米食品医薬品局(FDA)により承認されたこともバイオ医薬品株式にとってプラス材料となり、当ファンドのマザーファンドも大きく上昇しました。

【2021年7-9月】新型コロナウイルスのデルタ変異株の流行や中国不動産開発大手の債務不履行(デフォルト)懸念などが世界の株式市場の下落要因となる中、バイオ医薬品株式にとってもマイナス要因となりました。ここまで大きく上昇していたワクチン関連銘柄も8月以降、勢いに陰りが見られ、当ファンドのマザーファンドは米国株式を下回るパフォーマンスとなりました。

【2021年10-12月】中小型株や新規株式公開(IPO)銘柄が軟調だったことや、FDAの承認申請に対する予想外の決定、(現在、候補者が指名され議会の承認待ちではありますが)FDA長官ポストが空席となっていることなどがマイナス要因となり、バイオ医薬品株式は米国株式を下回って下落し、当ファンドのマザーファンドも下落しています。

 

新薬の開発は順調

バイオ医薬品株式の主な上昇要因のひとつとして「新薬の開発」があります。

「新薬の開発」動向をはかる上でひとつの指標となる米国の新薬承認件数は、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大という厳しい環境下にありながらも、2020年が53件、2021年が12月22日時点で49件と高水準で推移しています(図表2参照)。

「新薬の開発」については、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けながらも、がんや遺伝子治療など幅広い領域で多くのパイプライン(新薬候補)の開発が進められており、このことは中長期的なバイオ医薬品株式の成長要因となるものと考えます。

 

M&Aはここ数年では低調

バイオ医薬品株式のもうひとつの上昇要因である「バイオ医薬品企業をターゲットとしたM&A(合併・買収)」の動きについては、2021年はここ数年では金額ベースでみると低調な水準となっています(図表3参照)。

一方で、大手医薬品企業や大手バイオ医薬品企業はパイプライン(新薬候補)を充実させる必要があり、革新的な治療薬の開発を進めているバイオ医薬品企業をターゲットとしたM&Aの動きは継続するものと見られます。特にがん治療薬や遺伝子治療などで特色のあるバイオ医薬品企業は注目を集めるものと考えます。

 

足元、バイオ医薬品株式を取り巻く環境は、米国における薬価を巡る議論や新型コロナウイルスの感染拡大による新薬開発の遅れなどの不透明要因はあるものの、中長期的には「新薬の開発」、「バイオ医薬品企業をターゲットとしたM&A」などが株価をけん引していくものと考えます。

 

※将来の市場環境の変動等により、当資料記載の内容が変更される場合があります。

 

個別の銘柄・企業については、あくまでも参考であり、その銘柄・企業の売買を推奨するものではありません。また、医薬品についてもあくまで参考として紹介したものであり、その医薬品を推奨するものではありません。



●当資料はピクテ投信投資顧問株式会社が作成した販売用資料であり、金融商品取引法に基づく開示書類ではありません。取得の申込みにあたっては、販売会社よりお渡しする最新の投資信託説明書(交付目論見書)等の内容を必ずご確認の上、ご自身でご判断ください。
●投資信託は、値動きのある有価証券等(外貨建資産に投資する場合は、為替変動リスクもあります)に投資いたしますので、基準価額は変動します。したがって、投資者の皆さまの投資元本が保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。
●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。
●当資料に記載された過去の実績は、将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。
●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。
●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。
●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。
●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象とはなりません。
●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。

お申込みにあたっては、交付目論見書等を必ずご確認の上、ご自身でご判断ください。
投資リスク、手続き・手数料等については以下の各ファンド詳細ページの投資信託説明書(交付目論見書)をご確認ください。

ピクテ・バイオ医薬品ファンド(毎月決算型)為替ヘッジなしコース