Article Title
当ファンド基準価額の下落について
2020/04/23

Share

Line

LinkedIn

URLをコピー


概要

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、世界経済や企業業績に対する懸念が高まったことなどから世界的な株安となる中で、新興国株式も下落しました。また、リスク回避の動きから新興国通貨も下落傾向です。こうした市場全体の流れを受けて、当ファンドの基準価額も下落しました。



Article Body Text

Q:年初来の新興国株式市場 下落の背景は?

2019年年末に中国・武漢で最初に感染が確認された新型コロナウイルスは、2020年2月以降、世界的な感染拡大の様相を呈しています。こうした中で、各国で移動制限や都市封鎖といったより厳しい措置がとられつつあることから、世界経済や企業業績に打撃となるとの懸念がいっそう高まっています。また、需要の減少の一方、供給過多となるとの懸念などから原油価格が急落したことも、市場心理を冷やす要因となりました。

このような状況に対して、各国政府や金融当局から景気下支え策が打ち出されていますが、投資家の不安心理を完全には取り除けず、2月中旬以降、先進国・新興国の株式市場は急落を経験しました。
足元では3月23日を底に反転の兆しはみられるものの、2020年年初来、足元(2020年4月21日)までの期間では両市場ともに現地通貨ベースでは-16%前後の下落となりました(図表1参照)。

国別では、すべての国の株式市場が下落となりましたが、最初に感染が確認された中国をはじめ、台湾、韓国などのアジアの工業国の下落率は相対的に抑えられた一方、ブラジル、コロンビアなどの資源国の株式市場の下落率が相対的に大きくなりました(図表2参照)。

さらに、新興国通貨についても下落傾向です。南アフリカ、ブラジル、メキシコなどの資源国は資源価格の下落が経済にマイナスの影響を及ぼすと懸念されることや、経常赤字や債務負担が大きいなど経済のファンダメンタルズ(基礎的条件)が相対的に脆弱とみられる国の通貨は、投資家のリスク回避の動きを受けて、下落率が特に大きくなりました(図表3参照)。

Q:当ファンドの基準価額の下落要因は なんですか?

当ファンド(ピクテ新興国高配当株式低ボラティリティ戦略ファンド(毎月決算型/1年決算型))では、新興国株式の中でも、個別銘柄の価格変動特性や相関に注目し、ボラティリティの低い(値動きの小さい)ポートフォリオを構築し、さらに、高リスク国への投資比率を低減することで、相対的に価格変動の低い運用を目指しています。とはいえ、投資対象は新興国であり、今回の世界的な株安局面では市場全体の影響を受けて当ファンドの基準価額も下落しました。

2020年年初来の基準価額の変動要因をみると、株式・為替要因ともにマイナスの寄与となりました(図表4参照)。

Q:今後の見通しは?


中長期的には、新興国は若い労働人口が豊富に存在し、こうした人々が所得を増やし、消費を拡大していくことが経済成長のけん引役となると期待されます。こうした点から、新興国は先進国を上回る潜在的な経済成長力を有しているとの見方には変わりがありません。

今回の新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受けて、各国政府・金融当局が極めて積極的な景気下支え策を打ち出しており、このことは株価の下支えの1つとなるものと考えられます。

また、足元の新興国株式のバリュエーション(投資価値評価)水準をみると、株価純資産倍率(PBR)では、リーマン・ショック(2008年)後の下落局面で付けた低い水準の近辺まで低下しており、悪材料はある程度株価に織り込まれたとみることもできます。このため、中長期的な視点でみれば、投資の好機となる可能性もあります。

しかし、今回の問題において、根本的な解決には、感染拡大を食い止め、終息させることが必須です。感染拡大が続く限りは都市封鎖や移動制限などにより、生産活動の低下・消費の低迷が続き、さらに事態が深刻になれば信用収縮といったリスクもありえます。

過去の危機時(リーマン・ショックや97~98年のアジア・ロシア危機など)においては、2番底、3番底もみられました。今回も、感染拡大の状況、各国の政策動向などに十分注視しつつ、当面は警戒を続けるべきであると考えます。



●当資料はピクテ投信投資顧問株式会社が作成した販売用資料であり、金融商品取引法に基づく開示書類ではありません。取得の申込みにあたっては、販売会社よりお渡しする最新の投資信託説明書(交付目論見書)等の内容を必ずご確認の上、ご自身でご判断ください。
●投資信託は、値動きのある有価証券等(外貨建資産に投資する場合は、為替変動リスクもあります)に投資いたしますので、基準価額は変動します。したがって、投資者の皆さまの投資元本が保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。
●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。
●当資料に記載された過去の実績は、将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。
●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。
●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。
●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。
●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象とはなりません。
●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。

お申込みにあたっては、交付目論見書等を必ずご確認の上、ご自身でご判断下さい。
投資リスク、手続き・手数料等については以下の各ファンド詳細ページの投資信託説明書(交付目論見書)をご確認ください。

ピクテ新興国高配当株式低ボラティリティ戦略ファンド(毎月決算型)



関連記事


日付 タイトル タグ
日付
2020/04/23
タイトル 当ファンド基準価額の下落について タグ
もっと見る