Article Title
地球温暖化対策の本格化が大きな転換点になる可能性
2020/10/19

Share

Line

LinkedIn

URLをコピー


概要

米国大統領選の民主党バイデン候補の環境インフラ政策や「欧州グリーン・ディール」の公表など地球温暖化対策が本格化する動きを受けて、環境関連企業に投資する当ファンド(エコディスカバリー)のパフォーマンスは、2019年末頃から世界株式を上回って推移しています。



Article Body Text

佳境を迎えた米大統領選挙 環境政策はどうなる?

米大統領選挙が佳境に入っていますが、選挙結果は米国の今後の環境政策に多大な影響を与えそうです。

米国の2大政党である共和党と民主党の間で、環境に対するスタンスには大きな違いがあります。

現在、政権を担っている共和党は、トランプ大統領が2017年6月に地球温暖化対策の国際的な枠組みである「パリ協定」からの米国の離脱を表明したことに象徴されるように、かねてより気候変動や環境よりも雇用や産業に重きをおく姿勢を示してきました。

一方、民主党はこれまで環境政策に積極的な姿勢を示してきました。オバマ前大統領時に「パリ協定」が採択されたことがそのことを物語っています。そして今、もっとも注目されるのが、トランプ大統領と大統領選挙で争うバイデン候補が、2020年7月に発表した行動計画の中で、4年間で環境・インフラ投資に2兆ドルを充てるなど、積極的な環境インフラ政策を公表したことです。

米大統領選挙の結果について予想することは難しいですが、直近の世論調査ではバイデン候補の優勢が伝えられています。バイデン候補が当選の暁には、すでに将来的な成長が見込まれている再生可能エネルギーやEV(電気自動車)関連などへの投資をさらに押し上げることが予想されます。

動き出したエコディスカバリー

ここ数年間で、地球温暖化対策に大きな影響を与える出来事が2つありました。

まず一つ目が2017年6月1日の米トランプ大統領による米国の「パリ協定」離脱表明で、それ以降、環境関連に投資する当ファンド(マザーファンド)は世界株式を下回るパフォーマンスとなりました(期間①)(図表2、3参照)。


一方、この流れを転換させた象徴的な出来事が、2019年12月11日の欧州委員会による「欧州グリーン・ディール」の公表でした(なお「欧州グリーン・ディール」は、新しい欧州委員会の発足前から注目されはじめていました。)。2019年12月11日以降では、当ファンド(マザーファンド)と世界株式のパフォーマンスは逆転しています(期間②)(図表2、3参照)。

2020年2月、3月の新型コロナウイルス感染拡大の影響による株式市場急落後も、2020年6月に欧州委員会が新型コロナからの経済復興策の中心のひとつとして「欧州グリーン・ディール」を据える「グリーン・リカバリー」を公表したことや、米国でも2020年7月にバイデン候補が環境インフラ政策に関する行動計画を発表するなど、大西洋を挟んだ米国と欧州における地球温暖化への取り組みが注目を集め、当ファンド(マザーファンド)のパフォーマンスを強力に後押しする要因となっています。

地球温暖化対策は長期の投資テーマ

EUの「欧州グリーン・ディール」、米国バイデン候補の政策ともに、2050年に温室効果ガス排出を正味ゼロとすることを目標としており、再び動き出した地球温暖化対策は今後、長期にわたる投資テーマになることが想定されます。

また技術の発展に伴い再生可能エネルギーの発電コストやEVの生産コストが低下しており、このことは政策的な後押しに加えて、再生可能エネルギーやEVの普及を促進しています。

そのため、今後、長期にわたり再生可能エネルギーやEV(電気自動車)などのクリーンな移動手段、ビルなど建物のエネルギー効率改善などそれらに関連するさまざまな分野への継続的な投資が行われる公算が大きく、これらの分野の株式への投資は長期的な魅力があると考えられます。


世界的に台風やハリケーンの大型化、大雨・洪水の増加、森林火災の深刻化などの大規模な災害の発生が相次ぐ中、環境問題に対する人々の意識は大きく変化しています。地球温暖化対策という投資テーマは、長く多くの投資家の注目を集めるでしょう。


個別の銘柄・企業については、あくまでも参考であり、その銘柄・企業の売買を推奨するものではありません。


●当資料はピクテ投信投資顧問株式会社が作成した販売用資料であり、金融商品取引法に基づく開示書類ではありません。取得の申込みにあたっては、販売会社よりお渡しする最新の投資信託説明書(交付目論見書)等の内容を必ずご確認の上、ご自身でご判断ください。
●投資信託は、値動きのある有価証券等(外貨建資産に投資する場合は、為替変動リスクもあります)に投資いたしますので、基準価額は変動します。したがって、投資者の皆さまの投資元本が保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。
●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。
●当資料に記載された過去の実績は、将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。
●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。
●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。
●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。
●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象とはなりません。
●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。

お申込みにあたっては、交付目論見書等を必ずご確認の上、ご自身でご判断下さい。
投資リスク、手続き・手数料等については以下の各ファンド詳細ページの投資信託説明書(交付目論見書)をご確認ください。

ピクテ・エコディスカバリー・アロケーション・ファンド(毎月決算型)為替ヘッジあり