ピクテ・エコディスカバリー・アロケーション・ファンド(毎月決算型)為替ヘッジあり

愛称:  エコディスカバリー

追加型投信/内外/株式    日経新聞掲載名:エコ毎月あり









【緊急開催】ピクテ・ゴールド・スペシャルセミナー【2月4日】

金相場は転換点を迎えるのか?
変動の大きいマーケットの中で、輝きを増す金

ボラティリティの高い幕開けとなった2022年の世界金融市場。3月利上げと年内の量的引き締め開始が市場コンセンサスとなる中、2022年の投資戦略を策定するにあたり、極めて重要な局面を迎えたとピクテは考えます。
今こそ「金」を取り入れた分散投資の重要性について、投資のプロフェッショナルが解説します。







【2022年5月開始の全国セミナー申込受付中】

ピクテ・グロイン&ゴールド・スペシャル・ツアー2022

通貨価値の下落リスクを見据えた資産保全戦略










【緊急開催】ピクテ・ゴールド・スペシャルセミナー【2月4日】

金相場は転換点を迎えるのか?
変動の大きいマーケットの中で、輝きを増す金

ボラティリティの高い幕開けとなった2022年の世界金融市場。3月利上げと年内の量的引き締め開始が市場コンセンサスとなる中、2022年の投資戦略を策定するにあたり、極めて重要な局面を迎えたとピクテは考えます。
今こそ「金」を取り入れた分散投資の重要性について、投資のプロフェッショナルが解説します。





【2022年5月開始の全国セミナー申込受付中】

ピクテ・グロイン&ゴールド・スペシャル・ツアー2022

通貨価値の下落リスクを見据えた資産保全戦略










【緊急開催】ピクテ・ゴールド・スペシャルセミナー【2月4日】

金相場は転換点を迎えるのか?
変動の大きいマーケットの中で、輝きを増す金

ボラティリティの高い幕開けとなった2022年の世界金融市場。3月利上げと年内の量的引き締め開始が市場コンセンサスとなる中、2022年の投資戦略を策定するにあたり、極めて重要な局面を迎えたとピクテは考えます。
今こそ「金」を取り入れた分散投資の重要性について、投資のプロフェッショナルが解説します。





【2022年5月開始の全国セミナー申込受付中】

ピクテ・グロイン&ゴールド・スペシャル・ツアー2022

通貨価値の下落リスクを見据えた資産保全戦略










【緊急開催】ピクテ・ゴールド・スペシャルセミナー

金相場は転換点を迎えるのか?
変動の大きいマーケットの中で、
輝きを増す金

ボラティリティの高い幕開けとなった2022年の世界金融市場。3月利上げと年内の量的引き締め開始が市場コンセンサスとなる中、2022年の投資戦略を策定するにあたり、極めて重要な局面を迎えたとピクテは考えます。
今こそ「金」を取り入れた分散投資の重要性について、投資のプロフェッショナルが解説します。





【全国セミナー申込受付中】

ピクテ・グロイン&ゴールド・

スペシャル・ツアー2022





基本情報

基準日: 2022年06月24日
基準価額 11,953円
前日比 168円
純資産総額 2,889百万円
設定日 2018年08月27日

ピクテの投資カテゴリー

欲張らない
投資
ちょっと
欲張った
投資
育てる
投資
スパイス
投資

じっくりと資産を増やす

10年以上投資できる資金



分配金実績


決算日
分配金
2022/05/26
50円
2022/04/26
50円
2022/03/28
50円
2022/02/28
50円
2022/01/26
50円
2021/12/27
50円
2021/11/26
50円
2021/10/26
50円
2021/09/27
50円
2021/08/26
50円
2021/07/26
50円
2021/06/28
50円
2021/05/26
50円
2021/04/26
50円
2021/03/26
50円
2021/02/26
10円
2021/01/26
10円
2020/12/28
10円
2020/11/26
10円
2020/10/26
10円
2020/09/28
10円
2020/08/26
10円
2020/07/27
10円
2020/06/26
10円
2020/05/26
10円
2020/04/27
10円
2020/03/26
10円
2020/02/26
10円
2020/01/27
0円
2019/12/26
0円
2019/11/26
0円
2019/10/28
0円
2019/09/26
0円
2019/08/26
0円
2019/07/26
0円
2019/06/26
0円
2019/05/27
0円
2019/04/26
0円
2019/03/26
0円
2019/02/26
0円
2019/01/28
0円
2018/12/26
0円
2018/11/26
0円
2018/10/26
0円
2018/09/26
0円


分配金は1万口あたり、税引き前。
分配金はあくまでも過去の実績であり、将来の分配を示唆あるいは保証するものではありません。
投資信託説明書(交付目論見書)記載の分配方針に基いて委託会社が分配金を決定しますが、委託会社の判断により分配を行わない場合があります。

パフォーマンス


※基準価額は信託報酬等控除後です。基準価額(分配金再投資後)は、表示期間中の税引き前分配金を再投資した場合の評価額を表します。表示期間の開始日を起点に、決算日に分配金を再投資したとみなして算出しています。販売手数料等は考慮しておりません。

    ファンドの特色 パフォーマンス ファンドマネージャー リスク 販売会社一覧 お申込不可日

特色① 主に世界の環境関連企業の株式に投資します

特色② 原則として為替ヘッジを行い、為替変動リスクの低減を図ります

特色③ 毎月決算を行い、収益分配方針に基づき分配を行います



累計リターン

2022年05月末 累計リターン
1ヵ月 +6.67%
3ヵ月 -1.36%
6ヵ月 -18.93%
1年 -7.15%
3年(年率) +18.20%
5年(年率) -
設定来(年率) +9.94%
設定来 +42.79%

設定日:  2018年08月27日

設定来の当初元本に対する基準価額(分配金再投資後)の騰落率を表示しているため、「投資期間の基準価額と分配金」の値と異なる場合があります。
 

投資期間の基準価額と分配金

 
基準価額
2005/02/28
10,000円
2020/10/21
2,645円
 
分配金
投資期間累計
12,300円
 
基準価額+分配金
2020/10/21
14,945円
(累計リターン  +49.45%)
 
基準価額(分配金再投資後)
2020/10/21
19,979円
(累計リターン  +99.79%)
購入時手数料、換金時の費用・税金等は考慮していないため、販売会社等が作成・通知する、お客さまが実際に得られる「投資信託に係る運用損益(トータルリターン)」とは異なります。指定した日付に基準価額の発表が無かった場合、直前の営業日の基準価額が表示されます。

ザビエル・ショレ
テーマ株式運用チーム
テーマ株式運用チーム/シニア・インベストメント・マネージャー

2011年ピクテ・アセット・マネジメントにシニア・インベストメント・マネージャーとして入社。クリーン・エネルギー戦略の共同運用者を務める。以前は、ピクテ・ウェルス・マネジメントにてアナリストとしてテクノロジー・セクター(1998年~)、クリーン・エネルギー・セクター(2007年~)を担当。また、ソーラー・エネルギーおよびエネルギー効率化に特化した2つの社内ポートフォリオの運用を担当していた。

ローザンヌ大学修士(経済)

運用経験年数 24年
クリスチャン・ローシング
テーマ株式運用チーム
テーマ株式運用チーム/シニア・インベストメント・マネージャー

2015年ピクテ・アセット・マネジメント入社。クリーン・エネルギー戦略シニア・インベストメント・マネージャーを務める。
バリー・カルボーに入社し、フィナンシャル・アナリストとしてキャリアをスタート。その後、8年間ヴォントベル・アセット・マネジメントに勤務。ポートフォリオ・アナリストを経て、インベストメント・アナリスト兼ポートフォリオ・マネージャーに従事する。

ザンクト・ガレン大学修士(MBA)

CFA協会認定証券アナリスト

運用経験年数 18年

ファンドは、実質的に株式等に投資しますので、ファンドの基準価額は、実質的に組入れている株式の価格変動等(外国証券には為替変動リスクもあります。)により変動し、下落する場合があります。したがって、投資者の皆様の投資元本が保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。ファンドの運用による損益はすべて投資者の皆様に帰属します。また、投資信託は預貯金と異なります。

基準価額の変動要因

  • 株式投資リスク(価格変動リスク、信用リスク)
  • 為替に関する留意点

※投資リスクについて詳しくは交付目論見書をご確認ください。



各国の事情等により休業日等が突然変更される場合があります。
投資対象国が非常事態などの場合には、お取引が停止される場合があります。
詳しくは販売会社にご確認くださいませ。




ピックアップ 



ファンド関連情報

日付 タイトル タグ
日付
2022/05/27
タイトル エコディス|欧州委員会がエネルギー転換計画「REPowerEU」の詳細を発表 タグ
日付
2022/04/01
タイトル エコディスカバリー|このところの基準価額推移とポイント タグ
日付
2021/11/29
タイトル エコ毎月あり:好業績を背景に上昇するエコディスカバリー タグ
日付
2021/11/15
タイトル エコディスカバリー:エネルギー危機で再認識されるエネルギー転換の重要性 タグ
日付
2021/07/12
タイトル 金利上昇局面でも環境関連企業の成長シナリオに変化はなし タグ
日付
2021/04/21
タイトル 気候変動サミットで加速する気候変動対策 タグ
日付
2021/04/13
タイトル 流動性を考慮した投資を行うエコディスカバリー タグ
日付
2021/01/08
タイトル 2020年代にクリーン・エネルギーへの投資が加速 タグ
日付
2020/12/15
タイトル クリーン・エネルギー化が公益株式の再評価につながる可能性 タグ
日付
2020/11/18
タイトル グリーン政策の本格化が環境関連企業にとってプラスに タグ
日付
2020/10/19
タイトル 地球温暖化対策の本格化が大きな転換点になる可能性 タグ
日付
2020/09/09
タイトル 民主党バイデン候補の環境政策 タグ
日付
2020/08/24
タイトル 年初来のパフォーマンスは先進国株式を上回る タグ
日付
2020/06/30
タイトル 注目のESG投資やSDGの達成に取り組むエコディスカバリー タグ
日付
2020/06/16
タイトル 欧州の景気刺激策がエコディスカバリーのプラス要因に タグ
もっと見る

マーケット情報


お知らせ


関連ファンド