Article Title
米インフラ投資計画 注目の気候変動対策案の概要は?
田中 純平
2021/04/05

Share

Line

LinkedIn

URLをコピー


概要

米バイデン政権は3月31日に8年間で総額約2兆ドル規模のインフラ投資計画案を発表した。道路や橋、港湾、空港などのインフラ整備や、高齢者や障害者向けに手ごろな地域密着型介護サービスを拡充する案などが含まれる中、注目は米国が成長戦略の一つとして掲げる気候変動対策だろう。財源確保の増税に共和党が反対する中、気候変動対策案の行く末はいかに?



Article Body Text

多岐にわたる気候変動対策案

米バイデン政権が発表したインフラ投資計画には様々な気候変動対策案が含まれており、大別すると電気自動車(EV)関連や再生可能エネルギーといったクリーンエネルギー関連投資の促進が中核となっている。最も予算が多く割り当てられている「EVの投資促進」においては、一連のEVサプライチェーンを米国内に構築することを目指す案や、EV購入を促す優遇策や50万カ所の充電ステーションを設置する案などが含まれており、EV大国として台頭しつつある中国への対抗策とも言える施策が顕著に表れている。

クリーンエネルギー電力の投資には、およそ1,000億ドルの予算案が組まれている。テキサス州で起こった大規模な停電が反面教師とされ、効率的な送電網投資の重要性がうたわれているほか、2035年までに電力部門においてカーボン・ニュートラルを実現させるため、再生可能エネルギー発電の投資促進を目的とした税額控除期間の10年延長などが盛り込まれている。

連邦政府自身もクリーンエネルギーを積極的に支援する方針を掲げており、電気自動車や充電ステーション、ヒートポンプなどを購入支援する予算案(460億ドル)が提案されている。さらに、クリーンエネルギーに関する研究開発も強化される見込みで、米国がクリーンエネルギー分野で世界的リーダーとなるための礎が築かれることになる。具体的には、気候に関する応用研究機関(ARPA-C)の設立に加え、蓄電池や二酸化炭素回収・貯留、水素、浮体式洋上風力、EVなどの研究開発支援などが挙げられている。

米国が開催国である気候変動サミットが4月22日~23日に控えている

今回のインフラ投資計画は、財源確保のため連邦法人税の引き上げ等がセットになっていることから、早くも野党共和党からは反対の声が上がっている。しかし、今年3月に成立した約1.9兆ドルの追加景気対策と同様に、財政調整措置によって米民主党単独で成立させる可能性があるほか、米国が開催国となっている気候変動サミットが今月22日~23日に予定されているため、グローバル・リーダーとしての威信を賭けて何らかの具体策を示す必要に駆られている。同サミットでは、2030年までの二酸化炭素削減目標が発表される予定であり、さらに今年11月には第26回気候変動枠組条約締約国会議(COP26)も控えている。もはや「賽(さい)は投げられた」状態だ。


関連記事


7月米CPIと金融政策の今後の展開

強かった7月米雇用統計の解釈

7月のFOMC、再び0.75%の利上げ


田中 純平
ピクテ・ジャパン株式会社
ストラテジスト

日系運用会社に入社後、14年間一貫して外国株式の運用・調査に携わる。主に先進国株式を対象としたファンドのアクティブ・ファンドマネージャーとして運用に従事。北米株式部門でリッパー・ファンド・アワードの受賞経験を誇る。アメリカ現地法人駐在時は中南米株式ファンドを担当、新興国株式にも精通する。ピクテ入社後はストラテジストとして主に世界株式市場をカバー。レポートや動画、セミナーやメディアを通じて投資戦略等の情報発信を行う。ピクテのハウス・ビューを策定するピクテ・ストラテジー・ユニット(PSU)の参加メンバー。2019年より日経CNBCに出演中。日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)


●当資料はピクテ・ジャパン株式会社が作成した資料であり、特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではなく、また特定の銘柄および市場の推奨やその価格動向を示唆するものでもありません。
●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。
●当資料に記載された過去の実績は、将来の成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。
●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。
●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。
●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。
●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象とはなりません。
●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。

手数料およびリスクについてはこちら



ディープ・インサイトの記事一覧


日付 タイトル タグ
日付
2022/08/15
タイトル S&P500指数は「半値戻し」 ベアマーケット脱出宣言はまだ早い? タグ
日付
2022/08/08
タイトル 米国株の反発相場はいつまで?過去のベアマーケットとの比較検証 タグ
日付
2022/08/05
タイトル 調整を続けていた金価格に、変化の兆し タグ
日付
2022/08/05
タイトル 日米経済版2+2 米国の狙い タグ
日付
2022/07/29
タイトル 市場は米国の物価に楽観的過ぎるのではないか? タグ
日付
2022/07/26
タイトル ECB、気候変動対応を反映した金融政策のロードマップ タグ
日付
2022/07/25
タイトル 景気悪化は織り込み済み?米国株は「サマーラリー」に突入したのか? タグ
日付
2022/07/22
タイトル 8月3日の次回JMMCが重要な理由 タグ
日付
2022/07/19
タイトル 米住宅価格高騰が家賃上昇を誘発 米国CPIの行く末は? タグ
日付
2022/07/13
タイトル 欧州に忍び寄る景気後退懸念 タグ