Article Title
投資戦略~株式比率約99%、円資産比率25%継続
2020/07/06

Share

Line

LinkedIn

URLをコピー


概要

予想以上に強い株価の地合いを勘案し、グロイン・フレックス/グロイン・フレックス1年のうち株式比率約99%、円資産比率25%を継続しました。



Article Body Text

6月の株式、為替市場環境

6月の世界の株式市場は、米雇用統計やユーロ圏サービス業購買担当者景気指数(PMI)などの経済指標の改善などを受けて月初から上昇基調となりました。その後、米国の一部の州で新型コロナウイルスの感染者が増加し第2波への警戒が強まり大きく下落する場面もありましたが、中旬には米連邦準備制度理事会(FRB)による社債購入開始や米小売売上高が市場予想を上回ったことなどから反発しました。月末にかけては経済指標の改善を背景とした景気回復への期待はプラス要因となりながらも、新型コロナウイルスの感染拡大への懸念を受けて下落基調となりましたが、月間では上昇しました。

業種別では、情報技術、一般消費財・サービス、資本財・サービスなどが上昇した一方、エネルギーの他、業績が景気の変動を受けにくい特性のあるヘルスケア、公益事業などのディフェンシブ・セクターが下落しました。

ドル・円為替市場は小幅ながら円安・ドル高が進行しました。

 

投資戦略:予想以上に強い株価の地合いを勘案し、株式比率約99%、円資産比率約25%

グロイン・フレックス/グロイン・フレックス1年の資産別構成比は、新型コロナウイルス感染拡大による株式市場の下落を受けて、6月10日に以下のとおり変更し、6月末も同資産配分を継続しました(図表1下図参照)。

6月10日には、公益株ファンド(円ヘッジ)を15%から24%に引き上げ、公益株式(ヘッジなし)は75%を維持しました。

キャッシュ・短期金融商品等のポジションは10%から1%に引き下げました。


この結果、円資産比率はおよそ25%を維持しました。

経済のファンダメンタルズは依然として脆弱に見えますが、株式市場の地合いが予想以上に強いことから、相場の上昇局面を逃さないために、6月10日には株式比率を引上げ、6月末も同資産配分を継続しています。

 

【株式比率決定の背景】

【バリュエーション】株価の上昇を受けて、株式のバリュエーション(投資価値評価)は上昇しています。

【流動性】世界的な流動性の拡大はリーマン・ショック時や欧州債務危機時の水準を大きく上回っており(図表2参照)、当面株式市場のバリュエーションを下支えするものと考えられます。米国の政策金利は当面低水準が継続すると見られ、低水準の金利の環境は公益株式を下支えする要因になると見ています。


【マクロ】 過去のショック時を上回る主要中央銀行の流動性供給や各国財政の拡大により、経済指標には回復が見られます。しかしながら、感染拡大の第2波や米中摩擦の激化など景気の先行き不透明感が高まっています。企業業績全体では下振れリスクも懸念されますが、公益企業の業績見通しは底堅く(図表3参照)、株価も相対的に底堅く推移するとみています。

以上を勘案し、6月末も株式比率約99%を継続しました。


 

【円資産比率決定の背景】

為替については、市場の安定が戻った局面こそがドル安が顕在化する可能性が高いとの見方に変わりはありません。足元ではドル売り・円買いのポジションが依然積みあがっており(図表4参照)、決済通貨としてのドルの需要とバランスしています。このため、短期的にはドルはこの需要(ポジション)がなくなるまでは底固いとしています。 このため、円資産比率を25%に維持します。



●当資料はピクテ投信投資顧問株式会社が作成した販売用資料であり、金融商品取引法に基づく開示書類ではありません。取得の申込みにあたっては、販売会社よりお渡しする最新の投資信託説明書(交付目論見書)等の内容を必ずご確認の上、ご自身でご判断ください。
●投資信託は、値動きのある有価証券等(外貨建資産に投資する場合は、為替変動リスクもあります)に投資いたしますので、基準価額は変動します。したがって、投資者の皆さまの投資元本が保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。
●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。
●当資料に記載された過去の実績は、将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。
●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。
●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。
●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。
●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象とはなりません。
●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。

MSCI指数は、MSCIが開発した指数です。同指数に対する著作権、知的所有権その他一切の権利はMSCIに帰属します。またMSCIは、同指数の内容を変更する権利および公表を停止する権利を有しています。

お申込みにあたっては、交付目論見書等を必ずご確認の上、ご自身でご判断下さい。
投資リスク、手続き・手数料等については以下の各ファンド詳細ページの投資信託説明書(交付目論見書)をご確認ください。

ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型)フレックス・コース



関連記事


日付 タイトル タグ
日付
2020/11/10
タイトル バイデン勝利は公益株に追い風か? タグ
日付
2020/09/28
タイトル 株価を下支えしてきた流動性に変化の兆し~相場に左右されにくい公益株 タグ
日付
2020/09/18
タイトル 特性を知ることで再確認~公益株式投資の魅力 タグ
日付
2020/08/07
タイトル 投資戦略~株式比率約99%、円資産比率25%継続 タグ
日付
2020/08/07
タイトル クリーンエネルギーへのシフトは公益業界に追い風か? タグ
日付
2020/07/06
タイトル 投資戦略~株式比率約99%、円資産比率25%継続 タグ
日付
2020/06/23
タイトル ESG投資拡大の潮流で注目の公益株式 タグ
日付
2020/06/12
タイトル 資産配分変更~予想以上に強い株価の地合いを勘案し、株式比率約90%→約99%へ(速報) タグ
日付
2020/06/03
タイトル 6月の投資戦略~株式比率約90%、円資産比率約25%継続 タグ
日付
2020/06/03
タイトル 公益株は出遅れ?~短期でみるか、長期でみるか タグ
日付
2020/05/28
タイトル コロナショックに相対的に強い公益銘柄に注目 タグ
日付
2020/05/20
タイトル 公益企業の業績見通しは底堅く推移 タグ
日付
2020/05/14
タイトル 投資戦略~株式比率約90%を継続し、慎重姿勢 タグ
日付
2020/04/30
タイトル Q.需要減による収益見通しへの影響?~需要減は限定的 タグ
日付
2020/04/08
タイトル 4月の投資戦略~資産配分変更は損失リスクを高めると判断 タグ
もっと見る