Article Title
欧州の景気刺激策がエコディスカバリーのプラス要因に
2020/06/16

Share

Line

LinkedIn

URLをコピー


概要

欧州委員会(EU)は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた景気後退への景気刺激策の一環として「欧州グリーン・ディール」を推進することを発表しました。このような動きは、エコディスカバリーの投資対象企業の成長を後押しするものと考えます。



Article Body Text

欧州は景気刺激策の一環として「欧州グリーン・ディール」を推進

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で世界経済が減速している中、各国政府が実施する景気刺激策がエコディスカバリー(当ファンド)の投資対象企業の成長にとって追い風となる可能性があります。

5月27日に欧州委員会は復興基金案を発表しましたが、その中で「欧州グリーン・ディール」への支出は、詳細な施策の発表はまだであるものの、大きな割合を占めるとされています。

欧州委員会のフォン・デア・ライエン委員長も自身の発言の中で、復興プランは景気回復をサポートするだけではなく、欧州の将来への投資としており、中でも「欧州グリーン・ディール」は「デジタル化の推進」とともに雇用や成長などをもたらす分野として捉えていることが示されています。

表1:EUの復興戦略としての「欧州グリーン・ディール」

    建物やインフラの大規模な改修の動きや「循環型経済」への移行は地域産業の活性化をもたらす

    欧州における風力や太陽光などの再生可能エネルギー・プロジェクトの展開とクリーンな水素社会の指導

    よりクリーンな輸送および物流:100万ヵ所EV充電設備の設置、鉄道輸送の強化、都市や地域内におけるクリーンな交通

    技能再教育や新しい経済的な機会を創出する事業を支援するための「公正な移行基金(Just Transition Fund)」の強化

    出所:欧州委員会

     


    フランスやドイツなどでEV購入補助金を増額する動き

    電気自動車(EV)を例に挙げると、フランスはEV購入の補助金をこれまでの6,000ユーロから7,000ユーロに増額し、さらに、台数など条件はあるものの、ガソリン車などから環境にやさしいEVへの買い替えに補助金として5,000ユーロの支給を発表しています。

    またドイツも追加の景気刺激策を発表しましたが、その中でEVの購入補助金を3,000ユーロから6,000ユーロに増額しています。

    フランスやドイツなど国別の取り組みだけではなく、欧州連合(EU)でも国単位で実施されている施策からさらに15~20%程度の割引を意味するEV購入にかかる付加価値税の廃止などが議論されています。

     

    新型コロナウイルスの経験が健康や環境への意識を変える


    新型コロナウイルス(Covid-19)の経験は人の健康への意識を変え、大気汚染を原因とする大量の死亡者を減少させていくことが重要な課題のひとつとして注目されています。(大気汚染により、たばこの影響よりも多い年間7百万から9百万人が死亡しているといわれています。)

    石炭使用の削減につながる再生可能エネルギーや石油使用の削減につながるEVの普及は、大気汚染が原因の死亡者を減少させるために、必要とされています。


    更に経済学者の間で、景気刺激策として新しい再生可能エネルギー発電所等の建設に資金を使うことは、経済や雇用といった面でも効果的であるとのコンセンサスがあります。

    ピクテでは、政府によって後押しされ、今後数年で加速すると予想されている再生可能エネルギーやEVの成長は、いまだにこれらに関連する企業の株価に織り込まれていないと考えています。



    ●当資料はピクテ投信投資顧問株式会社が作成した販売用資料であり、金融商品取引法に基づく開示書類ではありません。取得の申込みにあたっては、販売会社よりお渡しする最新の投資信託説明書(交付目論見書)等の内容を必ずご確認の上、ご自身でご判断ください。
    ●投資信託は、値動きのある有価証券等(外貨建資産に投資する場合は、為替変動リスクもあります)に投資いたしますので、基準価額は変動します。したがって、投資者の皆さまの投資元本が保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。
    ●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。
    ●当資料に記載された過去の実績は、将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
    ●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。
    ●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。
    ●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。
    ●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。
    ●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象とはなりません。
    ●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。

    MSCI指数は、MSCIが開発した指数です。同指数に対する著作権、知的所有権その他一切の権利はMSCIに帰属します。またMSCIは、同指数の内容を変更する権利および公表を停止する権利を有しています。

    お申込みにあたっては、交付目論見書等を必ずご確認の上、ご自身でご判断下さい。
    投資リスク、手続き・手数料等については以下の各ファンド詳細ページの投資信託説明書(交付目論見書)をご確認ください。

    ピクテ・エコディスカバリー・アロケーション・ファンド(年2回決算型)為替ヘッジあり