Article Title
中国の不動産リスクの新興国株式への影響は?
2021/10/13

Share

Line

LinkedIn

URLをコピー


概要

金融市場では、中国の大手不動産企業が債務不履行(デフォルト)となればその影響が中国の株式や社債などに留まらず、世界の金融資産に波及する可能性があるのではないかとの懸念が強まりました。中国や香港市場で関連株式や社債などが大きく下落するなか、当ファンドの投資対象である新興国高配当株式は分散しており、下落率は相対的に小さくなっています。中国および新興国の中・長期の成長の当社見通しに大きな変更はありません。



Article Body Text

何が起こったか?

中国広東省に拠点を置く中国恒大集団(以下、恒大)は、中国国内最大級の不動産開発企業で、大きく債務を膨らませてきましたが、2020年9月に導入された金融機関による融資規制などにより、債務不履行(デフォルト) 懸念が高まり、2021年9月下旬にかけて、同社の株式をはじめ、関連株式が大きく下落しました。10月4日には上場先の香港市場で同社の株式の取引が一時停止されました。 金融市場では、同社が債務不履行(デフォルト)となれば、不動産業向け融資の不良債権化リスクが高まり、こうしたリスクが中国の株式や社債などに留まらず、世界のリスク資産に波及する可能性があるのではないかとの懸念が強まっています。

市場の不透明感が高まるなかでの分散投資の重要性

こうした市場環境下、中国株式市場は不動産株式を中心に大きく下落しました。一方、新興国株式全体や当ファンドの投資対象である新興国高配当株式は、様々な新興国や業種に分散していることから、下落率は相対的に小さくなりました。

分散投資で単一国、単一業種、単一銘柄に投資を行うよりもリスクを軽減

当ファンドでは、恒大あるいは関連の不動産開発業者の株式の組入れはありません。

当ファンドでは、銘柄の選別に関しては、財務状況の健全性や配当の継続性なども重要な選別基準としています。 恒大や関連不動産開発業者はバランスシートのリスクや配当の継続性の懸念が大きかったことから組入れていませんでした。当ファンドでは、不動産開発業者ではなく、不動産の管理を行う、バランスシートが健全で、借り入れの少ない不動産管理会社などに投資しています。

当ファンドは、17ヵ国、様々な業種、72銘柄に幅広く分散投資を行うことで(2021年8月末)、単一国、単一業種、単一銘柄に投資を行うよりもリスクを軽減することが可能になっています。

波及が想定されるリスクと中国市場の当社見通し~中・長期成長の見通しに大きな変更なし


恒大の債務不履行により波及が想定されるリスクとしては、1.中国国内不動産業界の不良債権比率の上昇、2.不動産開発業者の資金繰りの悪化、3.理財商品*の収益悪化、4.中国経済の低迷による資源需要の減少、5.中国国内不動産価格の下落などがあげられます。1に関しては、現時点では、不動産開発業者向け不良債権比率は2%以下と比較的低く、多少上昇しても制御可能な水準であるとみています。2に関しては、財務状況が脆弱な業者に影響が及ぶ可能性があります。3に関しては、理財商品による資金調達が困難になる可能性があります。4に関しては留意が必要です。5に関しては株式の買取や流動性供給を促す引き金となる、預金準備率の引き下げなど中国政府や中央銀行による支援が期待されます。

以上の当面のリスクに対する見方と以下記載の今後の展望に立つのであれば、中国および新興国の中・長期成長の当社見通しに現在のところ大きな変更はありません。1.ワクチン接種の加速に伴って、新型コロナウイルス感染拡大の経済への影響が後退すると考えられること、2.貿易が景気回復をけん引し、追って景気敏感セクターの業績改善が鮮明になると予想されること、3.経済を下支えするために、緩和的な金融政策の継続が予想されること、また、4.長期的には引き続き様々な分野で技術革新が予想されていること、5.再生可能エネルギー分野の成長も期待されていることなどです。

こうした環境下、当面市場の動向に注視は必要ですが、当ファンドの投資対象である新興国高配当株式は中・長期的には有望な投資対象であるとの当社見方に変更はありません。

*中国国内で販売されている高利回りの資産運用商品で、元本が保証されていないものも多く存在する。

※将来の市場環境の変動等により、当資料記載の内容が変更される場合があります。

 




●当資料はピクテ投信投資顧問株式会社が作成した販売用資料であり、金融商品取引法に基づく開示書類ではありません。取得の申込みにあたっては、販売会社よりお渡しする最新の投資信託説明書(交付目論見書)等の内容を必ずご確認の上、ご自身でご判断ください。
●投資信託は、値動きのある有価証券等(外貨建資産に投資する場合は、為替変動リスクもあります)に投資いたしますので、基準価額は変動します。したがって、投資者の皆さまの投資元本が保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。
●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。
●当資料に記載された過去の実績は、将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。
●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。
●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。
●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。
●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象とはなりません。
●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。

MSCI指数は、MSCIが開発した指数です。同指数に対する著作権、知的所有権その他一切の権利はMSCIに帰属します。またMSCIは、同指数の内容を変更する権利および公表を停止する権利を有しています。

お申込みにあたっては、交付目論見書等を必ずご確認の上、ご自身でご判断ください。
投資リスク、手続き・手数料等については以下の各ファンド詳細ページの投資信託説明書(交付目論見書)をご確認ください。

ピクテ新興国インカム株式ファンド(毎月決算型)



関連記事


日付 タイトル タグ
日付
2021/12/07
タイトル 新興国金融市場の自由化 タグ
日付
2021/11/26
タイトル 物価上昇局面では新興国高配当株式に投資すべきか? タグ
日付
2021/10/29
タイトル 商品価格の上昇は新興国株式市場に追い風か? タグ
日付
2021/08/04
タイトル 景気拡大かつ物価上昇局面での新興国株式市場 タグ
日付
2020/12/25
タイトル 新興国高配当株式の投資機会到来とみる理由 タグ
日付
2020/09/30
タイトル 米ドル相場から読み解く新興国株式の今後 タグ
日付
2020/09/17
タイトル 今、改めて新興国株式の投資魅力を考える➁ タグ
日付
2020/09/09
タイトル 新興国株式で今、起きていること 2020年9月 タグ
日付
2020/09/01
タイトル 今、改めて新興国株式の投資魅力を考える① タグ
日付
2020/07/10
タイトル 新興国株式の重石となっていた資源価格に回復の兆し タグ
日付
2020/06/08
タイトル 引き続き全体としては慎重な見方を継続 タグ
日付
2020/06/03
タイトル 景気回復への確信が高まる局面での「バリュー株」復活に期待 タグ
日付
2020/05/27
タイトル 2020年年初来の新興国株式市場と当ファンドのパフォーマンス タグ
日付
2020/05/22
タイトル 新興国企業の配当持続性に期待 タグ
もっと見る