Article Title
商品価格の上昇は新興国株式市場に追い風か?
2021/10/29

Share

Line

LinkedIn

URLをコピー


概要

コロナショックを経て、経済の正常化の動きが進むなか、原油、天然ガスをはじめ様々な商品価格が大きく上昇しています。過去の実績では商品価格と新興国高配当株式の値動きには相関が見られましたが、商品価格と先進国成長株式では弱い逆相関の動きが見られました。2010年9月以降商品価格の低迷を背景に新興国高配当株式のパフォーマンスは、先進国成長株式を下回ってきましたが、足元では、商品価格が上昇しており、新興国高配当株式の動きが注目されます。



Article Body Text

商品価格が上昇

コロナショックを経て、経済の正常化の動きが進むなか、原油をはじめ、天然ガスや石炭といったエネルギー資源、銅やニッケルといった鉱物資源、コーヒーや小麦などの様々な商品価格が大きく上昇しています。10月18日時点のレギュラーガソリンの日本の店頭価格(全国)は1リットルあたり164.6円*と上昇しています。*出所:経済産業省、石油製品小売市場調査

この背景にあるのは、コロナ禍で落ち込んだ世界経済が回復に向かう動きです。経済が回復すると原油などの天然資源や非鉄などの鉱物資源の需要が増加します。ただ、需要が増えても、すぐにその需要を満たすだけの増産はできません。特に原油などのエネルギー資源は脱炭素化の流れを受けて長期的には需要が減る可能性が高く、増産を積極的に行わないといった状況が見られます。そのため、需要に供給が追いつかず、価格が上がることになります。

また、世界的に物流網に制約があることも一因となっています。多くの資源は産出地から需要地へ船で運搬されますが、需要が拡大する一方、コロナ禍で港での荷下ろしや荷積みをする人手が不足しています。そのため港に船が滞留する時間が長くなり、需要に運搬が追いつかなくなっています。このため、輸送費が上昇し、それが輸送される商品の価格に転嫁されるため、更に値段が上昇しています。

過去の実績(1994年12月末~2021年9月末)ではこれらの商品価格と、当ファンドの投資対象である新興国高配当株式のパフォーマンスには相関が見られました。

先進国成長株式のパフォーマンスを下回ってきた新興国高配当株式と商品価格

過去の実績では、2009年以降直近まで、商品価格の低迷とともに、商品価格は先進国成長株式のパフォーマンスを下回って推移してきましたが、足元では、商品価格の上昇を背景に、商品価格の対先進国成長株式相対パフォーマンスは下げ止まる様子もうかがえます。新興国高配当株式の対先進国成長株式相対パフォーマンスも同様な状況です。

先進国成長株式のパフォーマンスを下回ってきた新興国高配当株式と商品価格

過去の実績では、2009年以降直近まで、商品価格の低迷とともに、商品価格は先進国成長株式のパフォーマンスを下回って推移してきましたが、足元では、商品価格の上昇を背景に、商品価格の対先進国成長株式相対パフォーマンスは下げ止まる様子もうかがえます。新興国高配当株式の対先進国成長株式相対パフォーマンスも同様な状況です。


 

※将来の市場環境の変動等により、当資料記載の内容が変更される場合があります。

 



●当資料はピクテ投信投資顧問株式会社が作成した販売用資料であり、金融商品取引法に基づく開示書類ではありません。取得の申込みにあたっては、販売会社よりお渡しする最新の投資信託説明書(交付目論見書)等の内容を必ずご確認の上、ご自身でご判断ください。
●投資信託は、値動きのある有価証券等(外貨建資産に投資する場合は、為替変動リスクもあります)に投資いたしますので、基準価額は変動します。したがって、投資者の皆さまの投資元本が保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。
●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。
●当資料に記載された過去の実績は、将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。
●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。
●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。
●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。
●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象とはなりません。
●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。

MSCI指数は、MSCIが開発した指数です。同指数に対する著作権、知的所有権その他一切の権利はMSCIに帰属します。またMSCIは、同指数の内容を変更する権利および公表を停止する権利を有しています。

お申込みにあたっては、交付目論見書等を必ずご確認の上、ご自身でご判断ください。
投資リスク、手続き・手数料等については以下の各ファンド詳細ページの投資信託説明書(交付目論見書)をご確認ください。

ピクテ新興国インカム株式ファンド(毎月決算型)



関連記事


日付 タイトル タグ
日付
2021/11/26
タイトル 物価上昇局面では新興国高配当株式に投資すべきか? タグ
日付
2021/10/29
タイトル 商品価格の上昇は新興国株式市場に追い風か? タグ
日付
2021/10/13
タイトル 中国の不動産リスクの新興国株式への影響は? タグ
日付
2021/08/04
タイトル 景気拡大かつ物価上昇局面での新興国株式市場 タグ
日付
2020/12/25
タイトル 新興国高配当株式の投資機会到来とみる理由 タグ
日付
2020/09/30
タイトル 米ドル相場から読み解く新興国株式の今後 タグ
日付
2020/09/17
タイトル 今、改めて新興国株式の投資魅力を考える➁ タグ
日付
2020/09/09
タイトル 新興国株式で今、起きていること 2020年9月 タグ
日付
2020/09/01
タイトル 今、改めて新興国株式の投資魅力を考える① タグ
日付
2020/07/10
タイトル 新興国株式の重石となっていた資源価格に回復の兆し タグ
日付
2020/06/08
タイトル 引き続き全体としては慎重な見方を継続 タグ
日付
2020/06/03
タイトル 景気回復への確信が高まる局面での「バリュー株」復活に期待 タグ
日付
2020/05/27
タイトル 2020年年初来の新興国株式市場と当ファンドのパフォーマンス タグ
日付
2020/05/22
タイトル 新興国企業の配当持続性に期待 タグ
もっと見る