ピクテ・ゴールド(為替ヘッジあり/為替ヘッジなし)

追加型投信/海外/その他資産(商品)

ファンドの特色

  1. 実質的に金に投資します
  2. [為替ヘッジあり]原則として為替ヘッジを行い、為替変動リスクの低減を図ります
    [為替ヘッジなし]原則として為替ヘッジを行いません
  3. 年1回決算を行います
    • 毎年7月15日(休業日の場合は翌営業日)に決算を行い、収益分配方針に基づき分配を行います。
    • 必ず分配を行うものではありません。
  • 投資にあたっては、投資信託証券への投資を通じて行います。
  • 資金動向、市況動向等によっては上記のような運用ができない場合があります。

特色①
実質的に金に投資します

リアルアセット(実物資産)の代表格

金は希少価値が高く、そのもの自体に価値を持つ実物資産です。
また、資産の貯蔵手段として何千年もの歴史を持ち、その長い歴史のなかで一度も無価値になったことがありません。

※これまでに生産された金の総量については直近公表値、それ以外は2018年
出所:U.S. Geological Survey(USGS)のデータを使用しピクテ投信投資顧問作成

ピクテの金投資

ピクテ・ゴールド(為替ヘッジあり/為替ヘッジなし)が実質的に投資するのは、現物の金。
その金塊は、スイス(ジュネーブ)のピクテの金庫で厳重に保管されています。

  • 投資先ファンドは金地金を保管しますが、当ファンドで金現物を引き出せるわけではありません。

特色②
[為替ヘッジあり]
原則として為替ヘッジを行い、為替変動リスクの低減を図ります
[為替ヘッジなし]
原則として為替ヘッジを行いません

為替ヘッジありと為替ヘッジなしの違い

金は米ドル建てで取引されるため、通常ファンドの基準価額は米ドルの為替の変動の影響を受けます。
ピクテ・ゴールドでは、為替変動の影響を抑える「為替ヘッジあり」と為替変動の影響を受ける「為替ヘッジなし」をご用意しています。

  • 注1 為替変動の影響を完全に低減できるものではなく、為替変動の影響を受ける場合もあります。
  • 注2 「為替ヘッジあり」と「為替ヘッジなし」間の比較です。ヘッジコストが高まった場合米ドル建て金価格との連動性は低くなり、上記とは異なる場合があります。

こんな方に適しています

ご参考:基準価額変動のイメージ

金と米ドルは逆の値動きをすることが多くあります。そのため「為替ヘッジあり」は、「為替ヘッジなし」の場合と比べて基準価額の変動が大きくなることも多く起こります。

  • イメージ図は為替ヘッジコストを考慮していません。
  • イメージ図とは異なり、米ドル建ての金価格が上昇しても、それ以上に米ドルが下落すれば、基準価額は下落します。また、米ドル建ての金価格が下落しても、それ以上に米ドルが上昇すれば、基準価額は上昇します。
  • イメージ図とは異なり、米ドル建ての金価格と米ドルが同じ方向に動くこともあります。この場合には、為替ヘッジが基準価額の値動きを小さくすることになります。

特色③ 年1回決算を行います

毎年7月15日(休業日の場合は翌営業日)に決算を行い、収益分配方針に基づき分配を行います。
必ず分配を行うものではありません

関連リンク