「欲張らない投資」とは?


「将来への不安を減らしたい」、「子供に資産を残したい」…安心した将来の為に、資産づくりは必要です。まずは、お持ちの資金を色分けして「資産の全体設計」をしてみましょう。


※上記はイメージ図です。
※記載されている目標リターンの数値は、その運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。

「守る」という性格の大切な資金


「欲張らない投資」とは、預金の一歩先のような投資として、定期預金の満期資金や退職金、続資金などの大きなライフイベントに伴う大切な資金を置いておく先として適しています。
あくまでも物価上昇から「資産」を守ることを目的としており、「欲張らない投資」の一例としては、市場の変化に対応し、かつリスク値が低くなるように運用されているアセット・アロケーション・ファンド等が挙げられます。


ご資産についてどのようにお考えですか?

ハラハラの少ない「欲張らない投資」を






よく分かる!資産運用