Article Title
好業績を背景に上昇するエコディスカバリー
2021/11/29

Share

Line

LinkedIn

URLをコピー


概要

「クリーンエネルギー」関連に注目した投資を行っているエコディスカバリーのマザーファンドは、足元、先進国株式のパフォーマンスを上回って上昇しています。世界的に気候変動問題への取り組みが本格化する中、投資対象であるEV(電気自動車)関連や再生可能エネルギー関連の企業は好決算を発表する企業も多く、当ファンドの投資企業の利益成長率予想も2021年夏以降、上昇基調にあり、こうした要因が株価上昇のけん引役となっています。



Article Body Text

足元、先進国株式を上回るパフォーマンス

世界的に気候変動への注目が高まり、世界の株式市場が堅調に推移する中、「クリーンエネルギー」関連に注目した投資を行っているピクテ・エコディスカバリー・アロケーション・ファンド(当ファンド)のマザーファンドのパフォーマンスは、2020年3月末以降、世界の株式市場が堅調な動きとなる中、先進国株式を上回って推移しています(図表1左参照)。

先進国株式に対する相対パフォーマンスを見ると、当ファンドのマザーファンドは2020年末にかけて、先進国株式を上回って推移してきました(図表1右参照)。

2021年の前半は、2月から3月にかけて米国の長期金利が上昇し株式市場でグロース株からバリュー株へのローテーションが起こった局面や、5月前半にかけて世界的にインフレ懸念と米国の早期利上げ観測が高まった局面で、当ファンドは先進国株式に対して相対的に軟調な動きとなりました。

しかし、10月中旬以降、当ファンドのマザーファンドは大きく上昇し、先進国株式を上回って推移しており、先進国株式に対する相対パフォーマンスも急速に改善しています。

 

業績への期待が株価の上昇要因に

10月中旬以降、当ファンドのマザーファンドが良好なパフォーマンスとなった背景としては、投資対象である「クリーンエネルギー」関連企業に、直近の業績および今後の見通しが好調な企業が多いことが挙げられます。「クリーンエネルギー」関連企業については、これまで気候変動への関心が高まる中で、期待先行で株価が上昇してきた面がありますが、足元では期待に加えて、好調な業績への評価が株価にとってプラスに働いていると考えます。

EV(電気自動車)関連で最も注目を集めている銘柄であるテスラ(米国)の2021年7-9月期の決算は、売上高は市場予想を小幅に下回ったものの、世界的な半導体不足やサプライチェーン問題がある中でも調整後1株あたり利益(EPS)は市場予想を上回り、同社の株価は上昇し、その他のEV関連の企業にも注目が集まりました(図表2参照)。他にも主な「クリーンエネルギー」関連企業の業績を見てみると、再生可能エネルギー関連のサンラン(米国)やエンフェーズ・エナジー(米国)、エコ・ロボティクス関連のシノプシス(米国)やキーエンス(日本)なども直近の四半期決算で売上高、調整後1株あたり利益ともに市場予想を上回る結果となり、これらの企業の株価の上昇をけん引する要因となりました。

 

また、来期予想1株あたり利益(EPS)の成長率の推移をみると、先進国株式の来期予想EPS成長率は2021年前半に比べ低下している一方、当ファンドの投資企業については、夏以降、上昇基調にあります(図表3参照)。世界的に気候変動への取り組みが本格化する中、EVや再生可能エネルギーなど当ファンドが投資対象とする「クリーンエネルギー」関連企業の成長見通しが改善していることが株価にとってプラスとなっています。

 

ご参考:基準価額の推移(年2回決算型、為替ヘッジなし)
日次、期間:2009年11月27日(設定日)~2021年11月16日

※基準価額は信託報酬等控除後です。※基準価額は1万口あたりで表示しています。

各国・地域が気候変動への取り組みを積極化していますが、温暖化を抑えるためには自動車のEV化や再生可能エネルギーへの転換などを2030年に向けてこれまで以上に急速に進めることが必要と言われています。このような環境は、当ファンドが現在、注目して投資している「クリーンエネルギー」関連企業の業績を後押しするものと考えます。



●当資料はピクテ投信投資顧問株式会社が作成した販売用資料であり、金融商品取引法に基づく開示書類ではありません。取得の申込みにあたっては、販売会社よりお渡しする最新の投資信託説明書(交付目論見書)等の内容を必ずご確認の上、ご自身でご判断ください。
●投資信託は、値動きのある有価証券等(外貨建資産に投資する場合は、為替変動リスクもあります)に投資いたしますので、基準価額は変動します。したがって、投資者の皆さまの投資元本が保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。
●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。
●当資料に記載された過去の実績は、将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。
●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。
●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。
●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。
●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象とはなりません。
●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。

MSCI指数は、MSCIが開発した指数です。同指数に対する著作権、知的所有権その他一切の権利はMSCIに帰属します。またMSCIは、同指数の内容を変更する権利および公表を停止する権利を有しています。

お申込みにあたっては、交付目論見書等を必ずご確認の上、ご自身でご判断ください。
投資リスク、手続き・手数料等については以下の各ファンド詳細ページの投資信託説明書(交付目論見書)をご確認ください。

ピクテ・エコディスカバリー・アロケーション・ファンド(年2回決算型)為替ヘッジなし



関連記事


日付 タイトル タグ
日付
2021/11/15
タイトル エコディスカバリー:エネルギー危機で再認識されるエネルギー転換の重要性 タグ
日付
2021/07/12
タイトル 金利上昇局面でも環境関連企業の成長シナリオに変化はなし タグ
日付
2021/04/21
タイトル 気候変動サミットで加速する気候変動対策 タグ
日付
2021/04/13
タイトル 流動性を考慮した投資を行うエコディスカバリー タグ
日付
2021/01/08
タイトル 2020年代にクリーン・エネルギーへの投資が加速 タグ
日付
2020/12/15
タイトル クリーン・エネルギー化が公益株式の再評価につながる可能性 タグ
日付
2020/11/18
タイトル グリーン政策の本格化が環境関連企業にとってプラスに タグ
日付
2020/10/19
タイトル 地球温暖化対策の本格化が大きな転換点になる可能性 タグ
日付
2020/09/09
タイトル 民主党バイデン候補の環境政策 タグ
日付
2020/08/24
タイトル 年初来のパフォーマンスは先進国株式を上回る タグ
日付
2020/06/30
タイトル 注目のESG投資やSDGの達成に取り組むエコディスカバリー タグ
日付
2020/06/16
タイトル 欧州の景気刺激策がエコディスカバリーのプラス要因に タグ
もっと見る