Article Title
民主党バイデン候補の環境政策
2020/09/09

Share

Line

LinkedIn

URLをコピー


概要

米国大統領選挙の民主党バイデン候補が発表した環境政策はかなり野心的な内容となっています。仮に同候補が米国の大統領となった場合には、欧州の環境政策である「欧州グリーン・ディール」とともに、当ファンドの中長期的なパフォーマンスに寄与する可能性があると考えます。



Article Body Text

2兆ドルの環境・インフラ投資を掲げるバイデン候補

米国大統領選は11月3日の投票日を控えて終盤戦に差し掛かっています。

選挙戦の中で様々なトピックが出てきていますが、その中で最もエコディスカバリーの支援材料になるのは、民主党のバイデン候補が発表した環境政策でしょう。

バイデン候補は7月に発表した行動計画の中で、2050年に米国の温室効果ガス排出ゼロ(ネット)にするべく、4年間で環境・インフラ投資に2兆ドルを充てることを公表しました。

 

バイデン候補の環境政策と重なる当ファンドの環境テーマ

当ファンドでは、以下の3つの環境テーマを投資対象としていますが、今回のバイデン候補の環境政策はこれらの投資対象、特にEV(電気自動車)関連や再生可能エネルギー関連にとって、中長期的な支援材料になると考えます(図表1参照)。

EV(電気自動車)関連:EV(電気自動車)などの次世代の新エネルギー車に関連する銘柄
再生可能エネルギー関連:風力発電や太陽光発電などの再生可能エネルギーに関連する銘柄
エコ・ロボティクス関連:工場の自動化など製造業の効率化や省資源、環境に配慮した社会実現のための新技術に関連する銘柄

 

バイデン候補の環境政策を具体的にみると、発電分野では太陽光パネルや風力発電タービンなど再生可能エネルギー発電設備の設置を推進し、2035年までに電力発電における温室効果ガスの排出をゼロにするという、かなり野心的な目標を設定しています。


 

「欧州グリーン・ディール」とともに中長期的な支援材料となる可能性

米国大統領選挙については多くの世論調査で民主党バイデン候補が優位に立っているとされていますが、結果は開票が終了するまでわからず、株式市場は大統領選前後で大きく変動する可能性もあると考えます。



一方で、現時点ではバイデン候補の環境政策は、欧州の環境政策である「欧州グリーン・ディール」とともに積極的に温暖化ガス排出を減らしていこうという取り組みであり、エコディスカバリーの投資テーマとも合致しており、エコディスカバリーにとっては中長期的なパフォーマンスに寄与する可能性があると考えます。



●当資料はピクテ投信投資顧問株式会社が作成した販売用資料であり、金融商品取引法に基づく開示書類ではありません。取得の申込みにあたっては、販売会社よりお渡しする最新の投資信託説明書(交付目論見書)等の内容を必ずご確認の上、ご自身でご判断ください。
●投資信託は、値動きのある有価証券等(外貨建資産に投資する場合は、為替変動リスクもあります)に投資いたしますので、基準価額は変動します。したがって、投資者の皆さまの投資元本が保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。
●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。
●当資料に記載された過去の実績は、将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。
●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。
●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。
●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。
●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象とはなりません。
●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。

MSCI指数は、MSCIが開発した指数です。同指数に対する著作権、知的所有権その他一切の権利はMSCIに帰属します。またMSCIは、同指数の内容を変更する権利および公表を停止する権利を有しています。

お申込みにあたっては、交付目論見書等を必ずご確認の上、ご自身でご判断下さい。
投資リスク、手続き・手数料等については以下の各ファンド詳細ページの投資信託説明書(交付目論見書)をご確認ください。

ピクテ・エコディスカバリー・アロケーション・ファンド(年2回決算型)為替ヘッジなし