Article Title
⽇本の財政から投資の必要性が⾒えてくる④ 〜⽇本政府の財政状況について〜
2018/03/19

Share

Line

LinkedIn

URLをコピー


概要
  • わが国の会計には⼀般会計と特別会計があり、財政状況は⼀般会計と特別会計の合算で⾒る必要があります。
  • 足元の財政状況を⾒ると、歳出額では社会保障関係費と国債費が非常に大きく、しかも、その増加分は他の予算規模と比べても非常に大きくなっています。
  • また、債務の返済および利払い費である国債費は租税・印紙収⼊と保険料の合算額に匹敵する⾦額にまで増えてきています。マイナス⾦利政策の恩恵を受けている⽇本政府ですが、近い将来予想される⾦利上昇局⾯において債務問題は避けて通れない課題となるでしょう。



Article Body Text

⼀般会計と特別会計

皆さんはわが国の会計に一般会計と特別会計があることをご存知でしょうか。国の財政状況は一般会計と特別会計を合算して⾒ることが必要です。一般会計は国の会計を一体としてみる単一会計であり、特別会計は一般会計以外の例外分の会計になります。

⽇本政府の財政収支の推移

表は一般会計と特別会計を合算した⽇本政府の財政収支の推移(2009年度〜2016年度の8年度分)を一覧にしたものです。足元の財政状況は社会保障関係費と国債費の歳出額が非常に大きく、しかも、その増加分が他の予算規模と比べても非常に大きいことが分かります。また、債務の返済および利払い費である国債費が租税・印紙収⼊額と保険料収⼊額の合算額に匹敵する⾦額にまで増えてきています。一方、公共事業と文教科振費と防衛については、この期間減少あるいは微増に留まり、3項目合算の⾦額シェアは低下しています。

将来への課題

高止まる公債・借⼊⾦、膨張する国債費など財政悪化が進むなか、⽇本政府はマイナス⾦利の恩恵を受けています。しかしながら、近い将来予想される⾦利上昇局面において債務問題は避けて通れない課題となるでしょう。



●当資料はピクテ投信投資顧問株式会社が作成した資料であり、特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではなく、また特定の銘柄および市場の推奨やその価格動向を示唆するものでもありません。
●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。
●当資料に記載された過去の実績は、将来の成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。
●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。
●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。
●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。
●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象とはなりません。
●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。

手数料およびリスクについてはこちら



関連記事


日付 タイトル タグ
日付
2018/02/05
タイトル 日本の財政から投資の必要性が見えてくる① ~投資とお金について~ タグ
日付
2018/02/21
タイトル ⽇本の財政から投資の必要性が⾒えてくる② 〜インフレについて〜 タグ
日付
2018/03/05
タイトル ⽇本の財政から投資の必要性が⾒えてくる③ 〜政府債務削減について〜 タグ
日付
2018/03/19
タイトル ⽇本の財政から投資の必要性が⾒えてくる④ 〜日本政府の財政状況について〜 タグ
日付
2018/04/12
タイトル ⽇本の財政から投資の必要性が⾒えてくる⑤ 〜⽇本銀⾏の⾦融政策と課題〜 タグ
日付
2018/05/14
タイトル ⽇本の財政から投資の必要性が⾒えてくる⑥ 〜⽇本銀⾏のバランスシートを別の角度から検証〜 タグ
日付
2018/07/11
タイトル ⽇本の財政から投資の必要性が⾒えてくる⑦ 〜骨抜きとなった⽇本の財政法〜 タグ
日付
2018/09/13
タイトル ⽇本の財政から投資の必要性が⾒えてくる⑧ 〜まとめ「やはり、投資は必要」〜 タグ

BASE – マーケットの見方

BASE – 実践的基礎知識

よく分かる!資産運用

「投信新世代」のための基礎知識