Article Title
株価を下支えしてきた流動性に変化の兆し~相場に左右されにくい公益株
2020/09/28

Share

Line

LinkedIn

URLをコピー


概要

各国政府や中央銀行による景気対策やそれに伴う経済活動再開への期待を背景にコロナ禍の影響を受けにくい、あるいは恩恵を受ける業種である世界情報技術(IT)株式などが株式市場の上昇をけん引しています。一方、世界公益株式は、市場の動きと異なる値動きとなっています。こうしたなか株価の上昇を下支えしてきた主要各国・地域の流動性供給の変化はピークアウトしており、今後の動向に注視が必要と見ています。



Article Body Text

コロナショック後の株式市場~特異な局面の中で進んだ二極化

金融市場はコロナショックで大きく下落しましたが、3月後半以降、持ち直す動きとなっています。背景には、各国政府や中央銀行による景気対策やそれに伴う経済活動再開への期待が挙げられます。金融緩和による金利低下や企業の設備投資の手控え、リーマンショックの水準を超える主要国・地域の中央銀行の流動性供給などとあいまって、行き場のない資金が大量に株式市場に流れ込み、株価が上昇する展開となっています。こうした環境下、中でも、コロナ禍の影響を受けにくい、あるいは恩恵を受ける業種である、世界情報技術(IT)株式の上昇率が目立っています。

世界情報技術(IT)株式はコロナショック前の高値を更新する一方、世界株式やコロナショック前までは相対的に堅調であった世界公益株式は高値を更新するまでには至っていません。

 

流動性供給が株価上昇をけん引

世界的の株価の上昇に寄与しているのが、世界的な流動性供給の拡大です。景気の低迷を背景に日米、ユーロ圏、中国をはじめとした主要国・地域の中央銀行は景気を下支えするために資金を市場に供給し、流動性の供給が拡大しています。コロナショックを経て足元では、リーマンショックを上回り、民間の流動性供給をあわせると、主要5地域・国(メジャー5)ではGDPの25%以上に達しています。

過去の実績では、この流動性の変化と世界株式の株価収益率(PER)の変化とは相関が高く、流動性の拡大に伴い、PERの水準も大きく切りあがっています。流動性の変化の方が数ヵ月先行しているものの拡大ペースは2020年8月にピークアウトしており、これまで株価の上昇とともに上昇してきたPERの動向には注視が必要と見ています。

 

流動性拡大とPER上昇~業種により異なる


ただし、流動性とPERの変化の相関の高さ(株価との連動性)は、業種によって異なると考えられます。

過去の実績では、世界情報技術(IT)や一般消費財サービスなどの景気敏感な業種は、流動性の変化と株価収益率(PER)の変化との相関(連動性)が高くなっています。市場への流動性供給が拡大し、景気回復期待が高まると、景気敏感な業種により資金が流れやすくなることが一因と考えられます。

一方、公益株式は好不況にかかわらず業績が相対的に安定しており、流動性の変化とPER変化はマイナスの相関(逆の動き)となっています。これが、コロナショック後、流動性拡大にもかかわらず、株価の上昇が鈍い要因の一つであると見ており、逆に流動性拡大がピークアウトした場合にもその影響を受けにくいとも考えられます。

 



●当資料はピクテ投信投資顧問株式会社が作成した販売用資料であり、金融商品取引法に基づく開示書類ではありません。取得の申込みにあたっては、販売会社よりお渡しする最新の投資信託説明書(交付目論見書)等の内容を必ずご確認の上、ご自身でご判断ください。
●投資信託は、値動きのある有価証券等(外貨建資産に投資する場合は、為替変動リスクもあります)に投資いたしますので、基準価額は変動します。したがって、投資者の皆さまの投資元本が保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。
●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。
●当資料に記載された過去の実績は、将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。
●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。
●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。
●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。
●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象とはなりません。
●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。

MSCI指数は、MSCIが開発した指数です。同指数に対する著作権、知的所有権その他一切の権利はMSCIに帰属します。またMSCIは、同指数の内容を変更する権利および公表を停止する権利を有しています。

お申込みにあたっては、交付目論見書等を必ずご確認の上、ご自身でご判断下さい。
投資リスク、手続き・手数料等については以下の各ファンド詳細ページの投資信託説明書(交付目論見書)をご確認ください。

ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(1年決算型)