ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(1年決算型)

追加型投信/内外/株式    日経新聞掲載名:グロ1年









【緊急開催】ピクテ・ゴールド・スペシャルセミナー【2月4日】

金相場は転換点を迎えるのか?
変動の大きいマーケットの中で、輝きを増す金

ボラティリティの高い幕開けとなった2022年の世界金融市場。3月利上げと年内の量的引き締め開始が市場コンセンサスとなる中、2022年の投資戦略を策定するにあたり、極めて重要な局面を迎えたとピクテは考えます。
今こそ「金」を取り入れた分散投資の重要性について、投資のプロフェッショナルが解説します。







【2022年5月開始の全国セミナー申込受付中】

ピクテ・グロイン&ゴールド・スペシャル・ツアー2022

通貨価値の下落リスクを見据えた資産保全戦略










【緊急開催】ピクテ・ゴールド・スペシャルセミナー【2月4日】

金相場は転換点を迎えるのか?
変動の大きいマーケットの中で、輝きを増す金

ボラティリティの高い幕開けとなった2022年の世界金融市場。3月利上げと年内の量的引き締め開始が市場コンセンサスとなる中、2022年の投資戦略を策定するにあたり、極めて重要な局面を迎えたとピクテは考えます。
今こそ「金」を取り入れた分散投資の重要性について、投資のプロフェッショナルが解説します。





【2022年5月開始の全国セミナー申込受付中】

ピクテ・グロイン&ゴールド・スペシャル・ツアー2022

通貨価値の下落リスクを見据えた資産保全戦略










【緊急開催】ピクテ・ゴールド・スペシャルセミナー【2月4日】

金相場は転換点を迎えるのか?
変動の大きいマーケットの中で、輝きを増す金

ボラティリティの高い幕開けとなった2022年の世界金融市場。3月利上げと年内の量的引き締め開始が市場コンセンサスとなる中、2022年の投資戦略を策定するにあたり、極めて重要な局面を迎えたとピクテは考えます。
今こそ「金」を取り入れた分散投資の重要性について、投資のプロフェッショナルが解説します。





【2022年5月開始の全国セミナー申込受付中】

ピクテ・グロイン&ゴールド・スペシャル・ツアー2022

通貨価値の下落リスクを見据えた資産保全戦略










【緊急開催】ピクテ・ゴールド・スペシャルセミナー

金相場は転換点を迎えるのか?
変動の大きいマーケットの中で、
輝きを増す金

ボラティリティの高い幕開けとなった2022年の世界金融市場。3月利上げと年内の量的引き締め開始が市場コンセンサスとなる中、2022年の投資戦略を策定するにあたり、極めて重要な局面を迎えたとピクテは考えます。
今こそ「金」を取り入れた分散投資の重要性について、投資のプロフェッショナルが解説します。





【全国セミナー申込受付中】

ピクテ・グロイン&ゴールド・

スペシャル・ツアー2022





2021年6月17日 19:00~

Pictet Gloin Special Seminar

ピクテが考える資産保全 〜物価上昇時に公益株式に注目する理由とは〜

ピクテが考える資産保全
〜物価上昇時に公益株式に注目する理由とは〜





Special Contents

グロインのすべて

運用の考え方から最新の運用状況まで、ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド・シリーズの情報をお届けします。



基本情報

基準日: 2022年05月26日
基準価額 25,569円
前日比 470円
純資産総額 57,199百万円
設定日 2008年10月31日

ピクテの投資カテゴリー

欲張らない
投資
ちょっと
欲張った
投資
育てる
投資
スパイス
投資

じっくりと資産を増やす

10年以上投資できる資金



分配金実績


決算日
分配金
2021/08/10
0円
2020/08/11
0円
2019/08/13
0円
2018/08/10
0円
2017/08/10
0円
2016/08/10
0円
2015/08/10
0円
2014/08/11
0円
2013/08/12
0円
2012/08/10
0円
2011/08/10
0円
2010/08/10
0円
2009/08/10
0円


分配金は1万口あたり、税引き前。
分配金はあくまでも過去の実績であり、将来の分配を示唆あるいは保証するものではありません。
投資信託説明書(交付目論見書)記載の分配方針に基いて委託会社が分配金を決定しますが、委託会社の判断により分配を行わない場合があります。

パフォーマンス


※基準価額は信託報酬等控除後です。基準価額(分配金再投資後)は、表示期間中の税引き前分配金を再投資した場合の評価額を表します。表示期間の開始日を起点に、決算日に分配金を再投資したとみなして算出しています。販売手数料等は考慮しておりません。

    ファンドの特色 パフォーマンス ファンドマネージャー リスク 販売会社一覧 お申込不可日

特色① 主に世界の高配当利回りの公益株に投資します

特色② 特定の銘柄や国に集中せず、分散投資します

特色③ 年1回決算を行い、収益分配方針に基づき分配を行います



累計リターン

2022年04月末 累計リターン
1ヵ月 +4.31%
3ヵ月 +19.50%
6ヵ月 +19.98%
1年 +26.92%
3年(年率) +12.93%
5年(年率) +10.10%
設定来(年率) +7.20%
設定来 +155.46%

設定日:  2008年10月31日

設定来の当初元本に対する基準価額(分配金再投資後)の騰落率を表示しているため、「投資期間の基準価額と分配金」の値と異なる場合があります。
 

投資期間の基準価額と分配金

 
基準価額
2005/02/28
10,000円
2020/10/21
2,645円
 
分配金
投資期間累計
12,300円
 
基準価額+分配金
2020/10/21
14,945円
(累計リターン  +49.45%)
 
基準価額(分配金再投資後)
2020/10/21
19,979円
(累計リターン  +99.79%)
購入時手数料、換金時の費用・税金等は考慮していないため、販売会社等が作成・通知する、お客さまが実際に得られる「投資信託に係る運用損益(トータルリターン)」とは異なります。指定した日付に基準価額の発表が無かった場合、直前の営業日の基準価額が表示されます。

ブルーノ・リッペンス
テーマ株運用チーム
テーマ株運用チーム / グローバル・インカム戦略共同ヘッド

オランダ アムステルダムに本拠を置く世界的総合金融グループINGのプライベート・バンキング部門にて1997年に資産運用業務を開始。1999年にベルギーのプライベート・バンクへ移り、IT、通信セクターのアナリストを経験後ポートフォリオ・マネジャーに。2002年からは再びオランダで欧州最大級の資産運用会社であるロベコでIT、通信セクターのシニア・ポートフォリオ・マネジャーとして活躍。2007年ピクテ・アセット・マネジメントに入社しセクター・アンド・テーマ・ファンド・チームにてグローバル・インカム・ストック・ファンド、デジタル・コミュ二ケーション・ファンドの運用に従事。堪能な英語、フランス語、オランダ語を活用して各国で企業訪問調査を行う。またドイツ語、スペイン語も解す。カナダの金融リサーチ会社Brendan Wood International からTMT(テクノロジー・メディア・通信)のTop Gun(トップクラス)アナリスト賞を2010から2012年まで3年間連続受賞。

運用経験年数 25年
ジェームス・ウィグレー
テーマ株運用チーム
テーマ株運用チーム / グローバル・インカム戦略共同ヘッド

フレミング・ファミリー・アンド・パートナーズでポートフォリオ・マネジャーを務めた後、カンティロン・キャピタル、メリル・リンチ、GAMインベストメンツにてアナリスト業務に従事。 2014年ピクテ・アセット・マネジメント入社。トータル・リターンAtlas運用チームのシニア・インベストメント・マネジャーを務める。2018年10月テーマ株運用チームに異動し、グローバル・インカム戦略運用共同ヘッドに就任。

バーミンガム大学卒業(経済)

CFA協会認定アナリスト、英国投資資格 (IMC)

運用経験年数 21年

ファンドは、実質的に株式等に投資しますので、ファンドの基準価額は、実質的に組入れている株式の価格変動等(外国証券には為替変動リスクもあります。)により変動し、下落する場合があります。したがって、投資者の皆様の投資元本が保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。ファンドの運用による損益はすべて投資者の皆様に帰属します。また、投資信託は預貯金と異なります。

基準価額の変動要因

  • 株式投資リスク(価格変動リスク、信用リスク)
  • 為替変動リスク

※投資リスクについて詳しくは交付目論見書をご確認ください。

    銀行等 証券会社


各国の事情等により休業日等が突然変更される場合があります。
投資対象国が非常事態などの場合には、お取引が停止される場合があります。
詳しくは販売会社にご確認くださいませ。




ピックアップ 



ファンド関連情報 

日付 タイトル タグ
日付
2022/05/23
タイトル 公益株式投資によるスタグフレーションへの備え タグ
日付
2022/05/17
タイトル 物価高騰時に相対的に底堅い世界公益株式 タグ
日付
2022/04/15
タイトル グロイン1年の運用の振り返りと市場のポイント タグ
日付
2022/04/11
タイトル 資源価格が高騰するも料金に転嫁ができる公益企業の業績の安定的な成長見通しは変わらず タグ
日付
2022/03/30
タイトル 1982年以来の高い上昇率となった2月の米国物価~公益株投資は? タグ
日付
2022/03/18
タイトル ロシアのウクライナ侵攻、エネルギー価格高騰で改めて注目されるグリーンシフト タグ
日付
2022/02/24
タイトル 不透明な環境下、世界公益株式は底堅く推移 タグ
日付
2022/01/25
タイトル グロイン1年の運用の振り返りと市場のポイント タグ
日付
2021/11/30
タイトル コロナショックを経て見直される公益株式の安定性 タグ
日付
2021/10/28
タイトル グロイン1年の運用の振り返りと市場のポイント タグ
日付
2021/09/29
タイトル 公益業界へ投資機会をもたらす「グリーンシフト」 タグ
日付
2021/07/21
タイトル 運用の振り返りと市場のポイント タグ
日付
2021/06/28
タイトル 商品価格や物価の上昇時に相対的に強い業種 タグ
日付
2021/06/15
タイトル 物価上昇時に公益株式に注目する理由とは タグ
日付
2021/05/31
タイトル 物価上昇と世界公益株式 タグ
日付
2021/04/30
タイトル 株価を下支えしてきた流動性が縮小~市場に左右されにくい公益株 タグ
日付
2021/04/23
タイトル 運用の振り返りと市場のポイント タグ
日付
2020/11/10
タイトル バイデン勝利は公益株に追い風か? タグ
日付
2020/09/28
タイトル 株価を下支えしてきた流動性に変化の兆し~相場に左右されにくい公益株 タグ
日付
2020/09/18
タイトル 特性を知ることで再確認~公益株式投資の魅力 タグ
日付
2020/08/07
タイトル クリーンエネルギーへのシフトは公益業界に追い風か? タグ
日付
2020/06/23
タイトル ESG投資拡大の潮流で注目の公益株式 タグ
日付
2020/06/03
タイトル 公益株は出遅れ?~短期でみるか、長期でみるか タグ
日付
2020/05/28
タイトル コロナショックに相対的に強い公益銘柄に注目 タグ
日付
2020/05/20
タイトル 公益企業の業績見通しは底堅く推移 タグ
日付
2020/04/30
タイトル Q.需要減による収益見通しへの影響?~需要減は限定的 タグ
もっと見る

マーケット情報 


お知らせ

日付 タイトル タグ
日付
2021/11/15
タイトル 宮崎銀行が2021年11月15日より新たに 「ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型/1年決算型)」の取扱いを開始 タグ
日付
2021/04/27
タイトル 「ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型/1年決算型)」が 「R&Iファンド大賞 2021」投資信託 インフラ関連外国株式部門において優秀ファンド賞を受賞 タグ
日付
2020/09/30
タイトル ジャパンネット銀行が、弊社のファンド計14本を 2020年9月30日より取扱い開始 タグ
日付
2020/08/17
タイトル きらぼしライフデザイン証券が、弊社のファン 計10本を2020年8月17日より取扱い開始 タグ
日付
2020/07/20
タイトル 京都銀行が「ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(1年決算型)」を 2020年7月20日より取扱い開始 タグ
日付
2020/06/02
タイトル 四国銀行が「ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(1年決算型)」を 2020年6月2日より取扱い開始 タグ
日付
2019/10/15
タイトル ピクテ・グローバル・インカム株式ファンドシリーズにおける為替評価時刻の変更について タグ
日付
2019/04/05
タイトル 弊社ファンドの購入および換金申込みの受付け中止のお知らせ タグ
もっと見る

関連ファンド