Article Title
実践的基礎知識 環境変化確認編(6)<各資産のリスク・リターン特性とその変化>
2021/04/16

Share

Line

LinkedIn

URLをコピー


概要

代表的な資産のリスク・リターン特性には大きな差があることがわかります。こうしたリスク・リターン特性の把握には、計測期間を十分に長くとることが非常に重要です。




Article Body Text

代表的な資産のリスク・リターン特性

図表1のリスク・リターン特性の計測期間は、2003年6月からの15年半と長期間となっています。したがって、2008年9月に 起こったリーマンショック時の大きな変動も含んだリスク・リターン特性になっています。

図表1:各資産のリスク・リターンマップ 
期間:2003年6⽉〜2018年12⽉

 

※米国REIT:MSCI米国リート指数、日本REIT:TOPIX-Jリート指数、新興国株式:MSCIエマージング・マーケット指数、先進国株式:MSCIワールド指数、先進国株式(ヘッジ):MSCIワールド(ヘッジ)指数、 日本株式/米国株式/豪州株式/中国株式/インド株式/ブラジル株式/ロシア株式:MSCI各国指数、日本国債:FTSE日本国債指数、世界国債:FTSE世界国債指数、世界国債(ヘッジ):FTSE世 界国債(ヘッジ)指数、米国社債:BofAメリルリンチ米国社債指数、米国HY債:BofAメリルリンチ米国ハイイールド指数、米ドル建て新興国国債:JPモルガンEMBIグローバル・ディバーシファイド指数、米ド ル建て新興国国債(ヘッジ):JPモルガンEMBIグローバル・ディバーシファイド(ヘッジ)指数、現地通貨建て新興国国債:JPモルガンGBI-EMグローバル・ディバーシファイド指数、豪州国債:FTSE豪州国 債指数、バンクローン:S&P/LSTAレバレッジド・ローン指数、ブラジル国債:JPモルガンGBI-EMブラジル・ブロード指数、バイオ株式:ナスダック・バイオ株指数、MLP:AlerianMLP指数、ロボ株式:ROBO グローバル・ロボティクス&オートメーション指数、世界高配当公益株式:MSCI世界高配当公益株価指数、世界高配当公益株式(ヘッジ):MSCI世界高配当公益株価(ヘッジ)指数、金融機関ハイブリッド 証券:ウェルズ・ファーゴ金融機関ハイブリッド証券指数。すべて円換算。期間中の各月のリターンを年率換算して集計し、平均をリターン、標準偏差をリスクとして表示。
出所:ブルームバーグのデータを 使用しピクテ投信投資顧問作成

各資産のリスク・リターン特性の変化

図表2は各資産の標準偏差(年率)の年次推移を2004年から見たものです。リーマンショックが起こった2008年は、ほと んどの資産の価格変動幅が大きく、一方、2017年はほとんどの資産の価格変動幅が小さかったことがわかります。した がって、過去1年間など短期間でのリスク特性を判断すると、リスクを見誤りかねません。その資産が持つリスク要因が 顕在化したときに、とんでもないリスク量をとっていたことに初めて気付く、というようなことも起こり得ます。

図表2:各資産の月次リターン12か月分の標準偏差(年率)の年次推移
期間:2004年~2018年

 

※米国REIT:MSCI米国リート指数、日本REIT:TOPIX-Jリート指数、新興国株式:MSCIエマージング・マーケット指数、先進国株式:MSCIワールド指数、先進国株式(ヘッジ):MSCIワールド(ヘッジ)指 数、日本株式/米国株式/豪州株式/中国株式/インド株式/ブラジル株式/ロシア株式:MSCI各国指数、日本国債:FTSE日本国債指数、世界国債:FTSE世界国債指数、世界国債(ヘッジ):FTSE 世界国債(ヘッジ)指数、米国社債:BofAメリルリンチ米国社債指数、米国ハイイールド債:BofAメリルリンチ米国ハイイールド指数、米ドル建て新興国国債:JPモルガンEMBIグローバル・ディバーシファイ ド指数、米ドル建て新興国国債(ヘッジ):JPモルガンEMBIグローバル・ディバーシファイド(ヘッジ)指数、現地通貨建て新興国国債:JPモルガンGBI-EMグローバル・ディバーシファイド指数、豪州国債: FTSE豪州国債指数、バンクローン:S&P/LSTAレバレッジド・ローン指数、ブラジル国債:JPモルガンGBI-EMブラジル・ブロード指数、バイオ株式:ナスダック・バイオ株指数、MLP:AlerianMLP指数、ロボ 株式:ROBOグローバル・ロボティクス&オートメーション指数、世界高配当公益株式:MSCI世界高配当公益株価指数、世界高配当公益株式(ヘッジ):MSCI世界高配当公益株価(ヘッジ)指数、金融機 関ハイブリッド証券:ウェルズ・ファーゴ金融機関ハイブリッド証券指数。すべて円換算。期間中の各月のリターンを年率換算して集計し、平均をリターン、標準偏差をリスクとして表示。
出所:ブルームバー グのデータを使用しピクテ投信投資顧問作成


●当資料はピクテ投信投資顧問株式会社が作成した資料であり、特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではなく、また特定の銘柄および市場の推奨やその価格動向を示唆するものでもありません。
●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。
●当資料に記載された過去の実績は、将来の成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。
●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。
●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。
●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。
●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象とはなりません。
●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。

手数料およびリスクについてはこちら

MSCI指数は、MSCIが開発した指数です。同指数に対する著作権、知的所有権その他一切の権利はMSCIに帰属します。またMSCIは、同指数の内容を変更する権利および公表を停止する権利を有しています。



関連記事



BASE – マーケットの見方

BASE – 実践的基礎知識

よく分かる!資産運用

「投信新世代」のための基礎知識