Article Title
引き続き上昇基調のセキュリティ関連株式。今後は、より慎重な銘柄選別が重要に
2021/07/28

Share

Line

LinkedIn

URLをコピー


概要

2021年年初来のピクテ・セキュリティ・マザーファンドの基準価額は、株式市場における注目セクター・銘柄が目まぐるしく変化する中ではありましたが、引き続き上昇基調となり、先進国株式の平均を若干上回りました(2021年6月末時点)。セキュリティ関連株式は幅広い分野に存在しており、中長期的に成長が期待できるとの見通しを持っていますが、株式市場には変調の兆しもみられており、運用に際しては銘柄選別をよりいっそう慎重に行う方針です。また、世界的な景気回復で恩恵を大いに受けると期待される景気敏感銘柄の組入比率も選択的に引き上げていきます。



Article Body Text

2021年年初来も上昇基調が続く

2021年年初来の株式市場は、概ね上昇基調が続きました。しかし、この中では市場における注目セクター・銘柄が目まぐるしく変化しました。2021年1-3月期は世界的な景気回復を背景に、インフレ懸念が高まっており、米国の金融緩和政策が早期に転換するとの懸念が台頭したことなどから、これまで株式市場を大きくけん引し、株式のバリュエーション(投資価値評価)水準に過熱感がみられていた先進国IT株式などを中心に大きく株価が下落する局面がありました。その一方で、景気回復の恩恵をより大きく受けるとみられるエネルギーや資本財サービス、金融などのセクターの銘柄が堅調に推移しました。同4-6月期も引き続き、米金融当局の政策動向を巡る思惑や新型コロナウイルス変異株の感染拡大懸念などを受けて値動きが大きくなる局面もありましたが、米長期金利は落ち着きを取り戻し、先進国IT株式が反発したほか、根強い景気回復期待などを背景に、市場全体としても上昇基調が続きました。

こうした市場環境下、世界のセキュリティ関連株式に投資を行う当ファンドのマザーファンドの2021年年初来、6月30日までの基準価額は+22.8%と先進国株式の平均(MSCI世界株価指数(円換算ベース)+21.4%)を若干上回りました。同1-3月期の株式市場をけん引したエネルギーや金融セクターには当ファンドが投資対象とするセキュリティ関連株式が含まれず、こうした銘柄へ投資を行っていなかったことなどから、先進国株式に対して劣後するかたちとなりましたが、同4-6月期には出遅れを取り戻しました。

幅広い分野の「セキュリティ」に注目し、それぞれの分野の成長の恩恵を中長期的に享受   

当ファンドでは、一つの特定分野に集中することなく、メガトレンド(長期的に持続的する流れ)の中で中長期的に成長が期待できる様々な分野のセキュリティ関連株式に投資を行っています。

最近では、例えばサイバーセキュリティ銘柄に集中することでより高いリターンが得られるかもしれません。しかし、当ファンドにおいては、中長期的な「セキュリティ」のニーズの高まりに注目しています。中長期にわたって様々な市場の局面を経る中で、相対的に良好なリターンを安定的に実現するためには、異なる分野・特色をもつセキュリティ関連株式に幅広く投資を行うことが重要であると考えます。

市場認識と運用方針

足元の株式市場を取り巻く環境は引き続き良好です。新型コロナウイルスワクチンの接種拡大や各国の財政支出拡大などによって支えられている景気回復期待は、より確信度の高いものになりつつあります。また、世界的な景気回復によって、企業利益も回復に向かうと期待されます。しかし、各国の中央銀行の政策スタンスが変更される可能性やこれまで株式市場を支えてきた量的金融緩和の効果が薄れてくるのではないかといった懸念が高まりつつあります。こうした中で、株式市場は「流動性相場」からより企業の利益動向に注目が集まる「業績相場」へと移行しつつあり、移行期においては株価の変動幅が大きくなる可能性があると考えます。このような市場環境を考慮すると、引き続き「質」の高い銘柄を選別していくことが重要であると考えます。

運用に際しては引き続き、各分野においてより強固な地位を築いているか、収益性を高めることが可能か、利益成長を達成できるか、潤沢なキャッシュフローを有しているか、といった観点に特に注目しながら、長期的な成長の持続が期待できる銘柄を厳選していく方針です。加えて、足元では景気回復期待の恩恵を受けると予想されるシクリカル性が強いセキュリティ関連機器の銘柄の組入比率も徐々に引き上げるなど、機動的に投資の好機を捉えていく考えです。

 



●当資料はピクテ投信投資顧問株式会社が作成した販売用資料であり、金融商品取引法に基づく開示書類ではありません。取得の申込みにあたっては、販売会社よりお渡しする最新の投資信託説明書(交付目論見書)等の内容を必ずご確認の上、ご自身でご判断ください。
●投資信託は、値動きのある有価証券等(外貨建資産に投資する場合は、為替変動リスクもあります)に投資いたしますので、基準価額は変動します。したがって、投資者の皆さまの投資元本が保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。
●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。
●当資料に記載された過去の実績は、将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。
●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。
●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。
●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。
●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象とはなりません。
●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。

MSCI指数は、MSCIが開発した指数です。同指数に対する著作権、知的所有権その他一切の権利はMSCIに帰属します。またMSCIは、同指数の内容を変更する権利および公表を停止する権利を有しています。

お申込みにあたっては、交付目論見書等を必ずご確認の上、ご自身でご判断ください。
投資リスク、手続き・手数料等については以下の各ファンド詳細ページの投資信託説明書(交付目論見書)をご確認ください。

ピクテ・セキュリティ・ファンド(為替ヘッジあり)