Article Title
米国株式投資戦略 ~政府機関閉鎖が怖い理由~
田中 純平
2019/01/23

Share

Line

LinkedIn

URLをコピー


概要

米国では2019年会計年度の連邦政府つなぎ予算が期限切れとなり、昨年12月22日から一部政府機関閉鎖となっています。事の発端は、トランプ大統領がメキシコ国境沿いの「壁」建設予算を巡って、野党民主党と対立したことです。政府機関閉鎖は実体経済への悪影響のみならず、米国債の格下げリスクに発展しかねず、潜在的な株安材料として警戒が必要です。



Article Body Text

政府機関閉鎖期間は過去最長を更新し、前人未到の領域に。政府機関閉鎖が長引けば景気への悪影響はさらに高まる可能性 

政府機関閉鎖が過去最長を更新し、米国経済に対する悪影響が懸念される中、米国株式市場は今のところ平穏を保っています。その理由としては、過去の政府機関閉鎖時におけるS&P500指数のリターンが、概ね横ばいだったことが影響している可能性があります(1981年以降の全閉鎖期間のS&P500平均騰落率は+0.48%)。しかし、1981年以降の平均閉鎖期間は約5日だったのに対し、今回は1月22日時点で32日間に及んでおり、さらに長引く可能性もあります。一般的に、政府機関閉鎖の影響は限定的だと解釈されますが、「長引けば経済データに明確に表れるだろう」とパウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長が懸念を示しているように、長期化すれば実体経済への波及効果が増大するリスクがあります。米大統領経済諮問委員会(CEA) は「政府機関閉鎖はGDPを1週間ごと0.13%引き下げる」と試算しており、これまでの「2週間ごとに約0.1%引き下げる」との試算からその影響度合いを引き上げています。しかし、さらに警戒すべきは米国債の格下げリスクです。メキシコ国境沿いの壁建設予算を巡る、トランプ大統領と民主党との対立は混迷を極めており、このまま長引けば連邦債務上限の引き上げ協議まで影響を及ぼし、米国債の格付けが引き下げられる可能性があるからです。 

 

連邦債務上限の引き上げ協議まで難航すれば、米国債の格下げ→株安シナリオも 

2011年当時、米国連邦債務上限の引き上げ問題が生じた時は、格付け会社S&Pが米国債格付けをAAAからAA+ へ一段階引き下げ、「世界同時株安」をもたらしました。一方、格付け会社のフィッチ・レーティングスは2011年に米国債格付けを最上級格付けで維持したものの、このまま連邦債務上限の引き上げ協議が難航すれば、今回は米国債を格下げする可能性があると警鐘を鳴らしています。政府機関閉鎖は景気下振れ要因だけでなく、米国債の格下げ要因にもなりかねないため、潜在的な株安材料として警戒が必要です。 

 


田中 純平
ストラテジスト

日系運用会社に入社後、14年間一貫して外国株式の運用・調査に携わる。主に先進国株式を対象としたアクティブ・ファンドの運用を担当し、北米株式部門でリッパー・ファンド・アワードを受賞。アメリカ現地法人駐在時は中南米株式ファンドを担当し、新興国株式にも精通。ピクテ入社後は、ストラテジストとして主に世界株式市場を分析。ピクテ・グループ全体のハウス・ビューを策定するピクテ・ストラテジー・ユニット(PSU)にも参加し、レポートや動画、セミナーやメディアなどを通じて投資家への情報提供に努める。日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)


●当資料はピクテ投信投資顧問株式会社が作成した資料であり、特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではなく、また特定の銘柄および市場の推奨やその価格動向を示唆するものでもありません。
●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。
●当資料に記載された過去の実績は、将来の成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。
●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。
●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。
●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。
●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象とはなりません。
●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。

手数料およびリスクについてはこちら