Article Title
米国株は値固めの様相を呈するも予断を許さない状況
田中 純平
2022/01/31

Share

Line

LinkedIn

URLをコピー


概要

1月28日の米国株式市場では、前日引け後に発表された米アップルの好決算に加えて、テクニカル/バリュエーション面を評価したと見られる押し目買いが入り、S&P500指数は前日比で2.43%上昇した。米国株は値固めの様相を呈するものの、FRBの金融政策見通しが依然として不透明であることから、当面は物価指標等に左右されやすい不安定な相場展開が予想される。



Article Body Text

1月FOMCは金融政策の先行き不透明感を払拭できず

現地1月26日に発表された1月FOMC(米国連邦公開市場委員会)声明文では、FRB(米国連邦準備制度理事会)が利上げをまもなく行うことが適切になると予想していることが明らかになり、事実上、次回3月FOMCでの利上げを示唆する内容となった。また、同時に発表された「連銀のバランスシート縮小に関する原則」の声明文においても、FRBが利上げ後にバランスシート縮小を開始すると想定していることが明示された。

ここまではマーケットの想定通りだった。しかし、肝心の利上げペースや利上げ幅について、パウエルFRB議長はFOMC後の記者会見で終始明言を避けた。このため、マーケットでは3月FOMCで0.25%ではなく0.50%の利上げもありうるとの観測が広がったほか、利上げペースについても年4回からさらに加速するシナリオを一部織り込む展開となった(図表1)。FRBの金融政策方針が明らかになれば株式市場は落ち着きを取り戻すことが期待されていたが、実際はさらに先行き不透明感が高まる真逆の結果になってしまった。

米国株の予想PERはコロナ前のピーク時近辺まで低下

1月26日のS&P500指数は1月FOMC後に前日比プラス圏からマイナス圏に転じ、翌日27日には終値で年初来安値である4,326.51をつけた。しかし、すでに年初来で10%近く下落していたことに加え、27日引け後に米アップルが市場予想を上回る決算を発表したことなどを受け、同指数は28日に前日比2.43%上昇、ちょうど200日移動平均線近辺まで急反発した(図表2)。また、27日は市場予想PER(株価収益率)が19.2倍まで低下し、コロナ前のピーク(2020年2月19日)である19.1倍まで迫ったことも押し目買いを誘発した可能性がある(図表3)。しかし、下値リスクは依然として残されている。FRBの金融政策が不透明な中、今後発表される物価指標が市場予想よりも上昇したり、FRB高官のタカ派発言が相次げば、より一層FRBの金融引き締め観測が高まり、市場予想PERをさらに押し下げる可能性があるからだ(コロナ前の市場予想PERの平均値は15.8倍であり、コロナ前のピークで下げ止まる保証はどこにもない)。米国株が値固めの様相を呈したとしても、当面は予断を許さない状況だろう。


田中 純平
ピクテ・ジャパン株式会社
ストラテジスト

日系運用会社に入社後、14年間一貫して外国株式の運用・調査に携わる。主に先進国株式を対象としたファンドのアクティブ・ファンドマネージャーとして運用に従事。北米株式部門でリッパー・ファンド・アワードの受賞経験を誇る。アメリカ現地法人駐在時は中南米株式ファンドを担当、新興国株式にも精通する。ピクテ入社後はストラテジストとして主に世界株式市場をカバー。レポートや動画、セミナーやメディアを通じて投資戦略等の情報発信を行う。ピクテのハウス・ビューを策定するピクテ・ストラテジー・ユニット(PSU)の参加メンバー。2019年より日経CNBCに出演中。日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)


●当資料はピクテ・ジャパン株式会社が作成した資料であり、特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではなく、また特定の銘柄および市場の推奨やその価格動向を示唆するものでもありません。
●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。
●当資料に記載された過去の実績は、将来の成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。
●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。
●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。
●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。
●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象とはなりません。
●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。

手数料およびリスクについてはこちら



関連記事


S&P500指数は「半値戻し」 ベアマーケット脱出宣言はまだ早い?

米国株の反発相場はいつまで?過去のベアマーケットとの比較検証

景気悪化は織り込み済み?米国株は「サマーラリー」に突入したのか?

米住宅価格高騰が家賃上昇を誘発 米国CPIの行く末は?

FRBの政策金利予想 来年見通しは波乱含みか? 

注目すべきは「20の法則」 米国株はまだ割高?