Article Title
米国株の方向感を左右する10月の注目イベント
田中 純平
2023/10/06

Share

Line

LinkedIn

URLをコピー


概要

米長期金利の上昇等をきっかけにS&P500指数は9月下旬頃から下げ足を速める展開となり、足元では200日移動平均線をわずかに上回る水準まで調整している。当レポートでは、S&P500指数の方向感を見極めるうえで重要な10月の注目イベントに焦点を絞る。



Article Body Text

米長期金利の急上昇でS&P500指数は200日移動平均線近くまで急落

S&P500指数は9月下旬頃から下げ足を速める展開となり、足元では200日移動平均線を若干上回る水準まで調整している(図表1)。きっかけは米10年国債利回りの急上昇だ。

9月19-20日開催のFOMC(米連邦公開市場委員会)で示されたFOMC参加メンバーの政策金利見通しを受けて、FRB(米連邦準備制度理事会)の政策金利が比較的長期間にわたって高く推移するリスクがマーケットで警戒された(詳細は2023年9月22日発行のDeep Insightレポート「9月FOMCで米国株が急落した理由」を参照)。その後は、地区連銀総裁らによる相次ぐタカ派発言、市場予想を上回った9月米ISM製造業景況感指数や8月米JOLTS求人件数などが、米10年国債利回りを押し上げる材料となった。

米10年国債利回りがさらに上昇する可能性はあるのだろうか?10月上旬から中旬にかけては主要なマクロ経済指標が相次いで発表される(図表2)。中でも10月6日の9月米雇用統計と10月12日の9月米消費者物価指数、さらには10月19日のパウエルFRB議長講演は要注目だ。マーケット全体が金利動向に神経質になる中、これらの経済指標や講演の結果次第で、米10年国債利回りが乱高下する可能性は大いにある。

一方、10月下旬以降は米国株の上昇をけん引する「マグニフィセント7(アップル、マイクロソフト、アマゾン、エヌビディア、アルファベット、テスラ、メタ・プラットフォームズ)」の決算が順次発表される。マーケットの関心が「マクロ経済・金利動向」から、「個別企業の決算動向」に変わる可能性もあるので、S&P500指数の方向感を見極める上ではこれらの決算発表にも注目すべきだろう。

マーケットは米国企業全体のV字回復を期待

では、「マグニフィセント7」を含めた米国企業全体の業績動向はどのような状況だろうか?23年7-9月期の米国企業全体の市場予想EPS(1株当たり利益)成長率は9月29日時点で前年同期比マイナス1.0%となっており、市場予想通りとなれば4四半期連続のマイナス成長になる見込みだ(図表3)。しかし、これ自体はすでに織り込み済みであり、むしろマーケットは23年10-12月期以降の「V字回復」を期待している。

気掛かりなのは、その23年10-12月期以降の市場予想EPS成長率の「推移」に大きな変化が見られないことだ(図表4)。景気や物価、金利など、この短期間でマクロ経済動向は目まぐるしく変化したが、今年6月以降の市場予想EPS成長率には目立った変化が無い。つまり、株式市場にとってサプライズがあるとすれば、23年7-9月期の決算内容よりも、23年10-12月期のガイダンス(企業が発表する業績見通し)ということになるだろう。 


田中 純平
ピクテ・ジャパン株式会社
ストラテジスト

日系運用会社に入社後、14年間一貫して外国株式の運用・調査に携わる。主に先進国株式を対象としたファンドのアクティブ・ファンドマネージャーとして運用に従事。北米株式部門でリッパー・ファンド・アワードの受賞経験を誇る。アメリカ現地法人駐在時は中南米株式ファンドを担当、新興国株式にも精通する。ピクテ入社後はストラテジストとして主に世界株式市場をカバー。レポートや動画、セミナーやメディアを通じて投資戦略等の情報発信を行う。ピクテのハウス・ビューを策定するピクテ・ストラテジー・ユニット(PSU)の参加メンバー。2019年より日経CNBCに出演中。日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)


●当資料はピクテ・ジャパン株式会社が作成した資料であり、特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではなく、また特定の銘柄および市場の推奨やその価格動向を示唆するものでもありません。
●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。
●当資料に記載された過去の実績は、将来の成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。
●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。
●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。
●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。
●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象とはなりません。
●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。

手数料およびリスクについてはこちら



関連記事


米株高の「資産効果」で個人消費は上振れか?

米国株の上値余地は?利益成長率から考察

米国株のバリュエーションはなぜ上昇したのか?

生成AIがもたらす電力/バイオ業界への波及効果

トランプ氏の再選リスク 「もしトラ」の現実解は?

23年12月米雇用統計と米ISMサービスPMIのポイント