米国通貨供給量の拡大がもたらす、ドルの価値の下落と金の上昇 | ピクテ投信投資顧問株式会社

米国通貨供給量の拡大がもたらす、ドルの価値の下落と金の上昇 塚本卓治 グローバル

ポイント

2020年3月23日、米連邦準備制度理事会(FRB)は無制限の量的緩和を決定した。その後急速に拡大してきているのが米国通貨供給量だ。金の供給量は限定的であるのに対し米国通貨供給量の拡大は、世界の基軸通貨であるドルの通貨価値の下落と金価格の上昇を引き起こす可能性がある。

米国通貨供給量の拡大は、米ドルの通貨価値下落と金価格上昇の要因

 2020年3月23日米連邦準備制度理事会(FRB)は無制限の量的緩和を決定した。その後急速に拡大してきている指標がいくつかあるが、その一つが米国通貨供給量だ(図表1参照)。米国通貨供給量は3月20日の週の4兆1365億ドルから、わずか9週間で+9,297億ドルと約23%増加し、5月22日の週には5兆662億ドルとなった。金の供給量は限定的であるのに対し、このような米国通貨供給量の拡大は、ドルの通貨価値の下落と、供給量が限定的な金の価格上昇を引き起こす可能性がある。

米国通貨供給量は、リーマンショック後の量的緩和時期より早いペースで拡大

 2019年末までに人類が産出した金は累積で約20万トンといわれている。そして1959年以降、平均して年率1.6%のペースで金は産出されてきた。一方で米国は、金の産出量の約3.6倍に上る年率5.7%で米国通貨供給量を拡大してきた(図表2参照)。

 この米国通貨供給量だが、リーマンショック以降、米国で量的緩和政策が採用されてから一段と加速している事がグラフからも確認できる。当時の米国通貨供給量を調べてみると、前年比で最大23%拡大していた。それに対し、足元米国通貨供給量は5月22日の週に前年比33%と、4月10日の週以降、過去7週連続でリーマンショック後の量的緩和時期の最大の拡大ペースを上回っている。

 この様にかつてないペースで米国通貨供給量が拡大しているが、一方で金は今のペースで産出を続けると20年足らずで全てを掘り尽くすと言われている。

 将来的には産出ペースが落ちることすら想定される金の供給量と、過去最大のペースで拡大を続ける米国通貨供給量との供給量格差は、今後世界の基軸通貨であるドルの通貨価値の下落と供給量が限定的な金価格の上昇を引き起こす可能性があると考える。

当資料をご利用にあたっての注意事項等

●当資料はピクテ投信投資顧問株式会社が作成した資料であり、特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではなく、また特定の銘柄および市場の推奨やその価格動向を示唆するものでもありません。●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。●当資料に記載された過去の実績は、将来の成果等を示唆あるいは保証するものではありません。●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の対象ではありません。 ●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資家保護基金の対象とはなりません。●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。


関連レポート

一覧へ

ページの先頭へ戻る