パウエルFRB議長講演と安倍首相辞任で埋もれた好材料 | ピクテ投信投資顧問株式会社

パウエルFRB議長講演と安倍首相辞任で埋もれた好材料 田中純平 グローバル 米国

ポイント

 8月27日にオンライン形式で開催されたジャクソンホール会議で、パウエルFRB議長は2%超のインフレを容認する新たな指針を発表した。そして、その翌日には安倍首相の突然の辞任報道があった。マーケットはこの2大ニュースの話題で持ちきりだったが、実はその陰に埋もれてしまったある重要な好材料が発表されていた。それは米アボット社が開発した新型コロナ検査キットだ。

今までとは違う新型コロナ検査キット

 米医療機器大手のアボット・ラボラトリーズ(以下、アボット社)は26日引け後、新型コロナウイルスの検査キット「BinaxNOW」が米国でFDA(米食品医薬品局)よりEUA(緊急使用許可)を受けたと発表した。鼻の粘膜を採取することで簡易診断する「抗原検査キット」であり、ラテラルフローと呼ばれる技術が使用されている(自宅での妊娠検査の手法と似ている)。

 特に画期的なのはコスト面だ。販売価格は1個当たりわずか5ドルで、他の検査キットのように大掛かりな検査装置も必要としない。検査結果も15分ほどで判明する。また、真の陽性率を示す感度は97.1%、真の陰性率を示す特異度は98.5%と、比較的精度が高いことも特徴のひとつだ。

 さらに、アボット社は「Navica」というモバイルアプリを開発し、検査キットの結果をモバイルアプリに紐付ける計画だ。検査結果が陰性であることをモバイル・アプリが証明すれば、「デジタル搭乗券」のような利用方法が可能になるという。

米国政府は年内生産予定の検査キットをほぼ全て買い切る

 このアボット社の新型コロナ検査キット「BinaxNOW」が発表された翌日、米国政府は年内生産予定の1億5,000万個を7億6,000万ドルで購入すると発表した。アボット社は10月までに月5,000万個の生産体制を構築する方針を示していたことから、米国政府は年内の生産分をほぼ全て購入することになる。

 The COVID Tracking Projectによれば、米国はピーク時に1日約80万件の新型コロナ検査を実施していたため、(単純計算ではあるが)「BinaxNOW」によって検査数は倍増することになる。

「BinaxNOW」がもたらすインパクトは大きい

 「BinaxNOW」によって、米国は大規模な都市封鎖を回避しながら、経済活動の再開を進めることが可能になるかもしれない。もちろん、新型コロナウイルスの終息にはワクチン開発が欠かせないわけだが、短時間で検査結果が判明する安価で精度が高い新型コロナ検査キットが普及し、その検査結果をモバイルアプリと連携させることが可能になるのであれば、大規模なイベント開催や、レストランやホテル、公共交通機関の利用、学校の再開などを促進させることができるかもしれない。株式市場はFRB(米連邦準備制度理事会)による金融緩和の長期化という支援材料に加えて、画期的な新型コロナ検査キットの承認という新たな好材料を得た可能性がある。

当資料をご利用にあたっての注意事項等

●当資料はピクテ投信投資顧問株式会社が作成した資料であり、特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではなく、また特定の銘柄および市場の推奨やその価格動向を示唆するものでもありません。●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。●当資料に記載された過去の実績は、将来の成果等を示唆あるいは保証するものではありません。●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の対象ではありません。 ●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資家保護基金の対象とはなりません。●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。

執筆者

田中 純平ストラテジスト

日系運用会社に入社後、14年間一貫して外国株式の運用・調査に携わる。主に先進国株式を対象としたアクティブ・ファンドの運用を担当し、北米株式部門でリッパー・ファンド・アワードを受賞。アメリカ現地法人駐在時は中南米株式ファンドを担当し、新興国株式にも精通。ピクテ入社後は、ストラテジストとして主に世界株式市場を分析。ピクテ・グループ全体のハウス・ビューを策定するピクテ・ストラテジー・ユニット(PSU)にも参加し、レポートや動画、セミナーやメディアなどを通じて投資家への情報提供に努める。日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)


関連レポート

一覧へ

ページの先頭へ戻る