Article Title
分散投資の効果(3)値動きの違いを把握する相関係数
2020/07/29

Share

Line

LinkedIn

URLをコピー


概要

●分散投資で重要な値動きの向きについて、「値動きが似ている」「値動きが異なっている」というのはどうやって把握すればよいでしょうか。⾒た目にもはっきりわかるくらいであれば良いのですが、そうでないとグラフを⾒ただけでは分かりません。そこで便利なのが「相関係数」です。




Article Body Text

相関係数とは

「相関係数」とは、2つのグループの数字が同じ⽅向に動く度合いを1〜-1の間の数字で表すものです。

相関係数が1に近いほど2つのグループの数字は同じ⽅向に動き、相関係数が0に近いほど関連性がなくなり、相関係数が-1に近づくほど逆⽅向に動くことを⽰します。

代表的な資産間の実際の相関係数を⾒てみると、例えば「⽇本株式」と「先進国株式」の相関係数は0.82と非常に高く、同じ⽅向に動く(=分散効果が小さい)ことがわかります。また、「⽇本株式」と「世界REIT」は異なる地域の異なる資産ですが、相関係数は0.66とかなり高く、分散効果はあまり高くないことがわかります。



●当資料はピクテ投信投資顧問株式会社が作成した資料であり、特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではなく、また特定の銘柄および市場の推奨やその価格動向を示唆するものでもありません。
●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。
●当資料に記載された過去の実績は、将来の成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。
●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。
●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。
●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。
●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象とはなりません。
●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。

手数料およびリスクについてはこちら