Article Title
足元の株高をどう解釈すべきか?
田中 純平
2020/12/07

Share

Line

LinkedIn

URLをコピー


概要

米大統領選の先行き不透明感の後退に加え、有効性の高い新型コロナワクチンの供給による経済正常化の期待感から、世界の株式市場は上昇基調となっている。しかし、相場上昇の背景にはこれ以外の要因も強く働いていると考えられ、世界株式市場は短期的な調整局面をこなしながらも、中長期でみれば堅調に推移する展開が想定される。



Article Body Text

新型コロナワクチンが相場上昇のきっかけ

足元の世界株式市場は上昇モメンタム(株価の勢い)を強めている。相場をけん引しているのは、コロナ禍で出遅れていた景気敏感株だ。世界の株式市場では、コロナ禍で競争上優位とされたGAFAMを中心としたグロース株がこれまで相場上昇を主導してきた。しかし、バイデン大統領の当選が確実視され米大統領選の先行き不透明感が後退したことに加え、90%以上の高い有効性がある新型コロナワクチンが米国で承認間近となったことから、来年以降の経済正常化シナリオが一気に表面化し、景気敏感株が物色されたと考えられる。おそらく相場上昇のきっかけとしては後者の要因のほうが大きいだろう。

そもそもワクチンは開発から承認まで5年~10年(又はそれ以上)かかると言われている。また、新型コロナワクチンの有効性についてもWHO(世界保健機関)は今年4月時点では70%以上の有効性を目標としていたが、FDA(米食品医薬品局)による緊急使用許可が今年12月にも下りるとされているファイザーとモデルナの新型コロナワクチンは、いずれも90%以上の有効性を示した。経済正常化に対する期待値が、短期間で急速に高まるのも無理はない。

 

追加景気対策への期待感も相場を後押し

新型コロナワクチンはファイザーが摂氏マイナス70℃、モデルナが摂氏マイナス20℃で保管・流通しなければならないため、供給体制に課題があることは否めない。また、ワクチンの接種率が予想外に低くなり、集団免疫が獲得できないリスクもある。WHOは新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐには、60%~70%の集団免疫の獲得が必要になるとの見解を示しているため、ワクチンの接種率が低くなれば、有効性の高いワクチンでも集団免疫の獲得には至らない可能性がある。

それでも相場の勢いが止まらない理由は、経済正常化の期待に加えて、追加景気対策の必要性が高まっているとマーケットが判断したからであろう。米労働省が4日に発表した11月の米雇用統計では、非農業部門雇用者数が前月比24.5万人増と市場予想の46.0万人増を大きく下回った。また、米連邦議会では追加景気対策について協議が進展しているとの報道もあり、追加景気対策への期待感もここにきて相場上昇を後押しする材料になりつつある。

 

今後の注目ポイントは「待機資金」

いまの相場環境は、短期であれば景気の弱気材料(景気下振れリスクの高まり→追加景気対策への期待)、中長期であれば景気の強気材料(ワクチン供給→経済正常化)が好感されやすい「いいとこどり相場」となっている。このような状況をもたらしたのは、おそらく積み上がった待機資金(≒キャッシュ)の存在だろう。その待機資金の状況を把握するうえでひとつ参考になるのが米MMF(マネー・マーケット・ファンド)の残高だ。

米MMFは流動性の高い低リスク資産に投資するファンドで、リスク資産から一時的に逃避する際に使用されることが多い。ご覧のようにコロナ禍で積み上がったMMF残高は緩やかに減少しているとはいえ、依然としてコロナ前の水準を上回っている状況だ。このように待機資金が積み上がった状況を勘案すれば、世界株式市場は短期的な調整局面をこなしながらも、中長期でみれば経済の正常化を織り込むかたちで堅調に推移する可能性がある。


田中 純平
ストラテジスト

日系運用会社に入社後、14年間一貫して外国株式の運用・調査に携わる。主に先進国株式を対象としたアクティブ・ファンドの運用を担当し、北米株式部門でリッパー・ファンド・アワードを受賞。アメリカ現地法人駐在時は中南米株式ファンドを担当し、新興国株式にも精通。ピクテ入社後は、ストラテジストとして主に世界株式市場を分析。ピクテ・グループ全体のハウス・ビューを策定するピクテ・ストラテジー・ユニット(PSU)にも参加し、レポートや動画、セミナーやメディアなどを通じて投資家への情報提供に努める。日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)


●当資料はピクテ投信投資顧問株式会社が作成した資料であり、特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではなく、また特定の銘柄および市場の推奨やその価格動向を示唆するものでもありません。
●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。
●当資料に記載された過去の実績は、将来の成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。
●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。
●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。
●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。
●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象とはなりません。
●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。

手数料およびリスクについてはこちら