Article Title
米国の新型コロナワクチン接種状況と株式市場への影響
田中 純平
2021/01/06

Share

Line

LinkedIn

URLをコピー


概要

米トランプ政権は、新型コロナワクチンの早期開発を支援する「ワープ・スピード作戦」によって、支援開始から1年未満で新型コロナワクチンの緊急使用許可までこぎつけた。しかし、新型コロナワクチンの接種ペースについては、目標を下回る状況となっている。株式市場への影響についてはどのように考えるべきか?



Article Body Text

足元の新型コロナワクチンの接種ペースは想定を下回る

トランプ政権は、昨年末までに米国民に対して新型コロナワクチンを2,000万回接種させることを目標としていた。しかし、米CDC(疾病対策センター)の発表によれば、新型コロナワクチンの接種は今年1月5日時点で約484万回にとどまっている。目標を大幅に下回った要因としては、ワクチンが供給されはじめた昨年12月14日以降、米国が休暇シーズンに入ってしまったことや、人手・財源不足、ワクチン接種の拒否などが挙げられる。

新型コロナワクチンの接種率は、集団免疫(多くの人が免疫を持つことで感染が広がりにくくなる状態)を獲得するうえで、極めて重要なファクター(要素)だ。米国立アレルギー感染症研究所のファウチ所長は、集団免疫を獲得するにはワクチンの接種率が70~85%に到達する必要があるとの見解を示している。1月5日時点の接種率は米国全体で約1.5%にすぎないため、集団免疫を獲得するまでには相当程度の時間がかかることが容易に想像できる。

 

注目すべきは今後数ヶ月の接種ペース

しかし、ファウチ所長は今年1月3日のTVインタビューで、接種ペースは過去3日間で150万回(1日当たり平均50万回)に加速していると述べ、米国が集団免疫を獲得するのは今年夏から秋にかけてとの見解を示した。また、1月20日に就任予定のバイデン次期米大統領は、就任100日で少なくとも1億回(1日当たり平均100万回)の接種を目指すと表明している。つまり、集団免疫を予定通り獲得できるかどうかは、(足元の状況ではなく)今後数ヶ月の接種ペースがカギを握ることになる。

株式市場では、(集団免疫の獲得を前提とした)経済の正常化期待を背景に株高が続いている。だが、接種ペースの鈍化→集団免疫の獲得時期の後ズレ→2021年度の業績下振れ、となれば、株高トレンドに水を差すことになりかねない。足元の緩慢な接種ペースは過大視すべきではないが、今後数ヶ月の接種ペースの状況は要注目だ。


田中 純平
ストラテジスト

日系運用会社に入社後、14年間一貫して外国株式の運用・調査に携わる。主に先進国株式を対象としたアクティブ・ファンドの運用を担当し、北米株式部門でリッパー・ファンド・アワードを受賞。アメリカ現地法人駐在時は中南米株式ファンドを担当し、新興国株式にも精通。ピクテ入社後は、ストラテジストとして主に世界株式市場を分析。ピクテ・グループ全体のハウス・ビューを策定するピクテ・ストラテジー・ユニット(PSU)にも参加し、レポートや動画、セミナーやメディアなどを通じて投資家への情報提供に努める。日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)


●当資料はピクテ投信投資顧問株式会社が作成した資料であり、特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではなく、また特定の銘柄および市場の推奨やその価格動向を示唆するものでもありません。
●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。
●当資料に記載された過去の実績は、将来の成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。
●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。
●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。
●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。
●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象とはなりません。
●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。

手数料およびリスクについてはこちら