Article Title
ご参考:ワクチン開発期待の進展と市場の反応
梅澤 利文
2020/11/10

Share

Line

LinkedIn

URLをコピー


概要

新型コロナのワクチンについて、臨床試験(治験)段階ながら、高い有効性が確認できる初期データが公表されたことで、今後の開発の進展に期待が高まっています。市場で見られた様々な反応を簡単に振り返ります。もっとも、ワクチンが行き渡るのは長期戦になる見込みで、ワクチンが全てを解決するのかも不透明で、市場の反応は参考程度にとどめるべきと思われます。



Article Body Text

新型コロナ:ワクチン治験で高い有効性が示唆され、今後の展開に期待高まる

米製薬大手のファイザーは2020年11月9日に、ドイツのビオンテックと開発中の新型コロナウイルスのワクチンの治験で予防の有効性が90%を超えたとする初期データを発表しました。ファイザーとビオンテックは今後の研究で安全性も確認されれば、米食品医薬品局(FDA)にワクチンの緊急使用許可(EUA)を申請すると見られています。

なお、米国立アレルギー感染症研究所のファウチ所長はファイザーの新型コロナウイルス感染症ワクチンに関する発表について、詳細の確認は必要だが、前向きの動きとしています。また、他の企業にも有望なワクチン候補が控えており今後の進展に期待を示しています。

 

 

 

どこに注目すべきか:ワクチン、治験、有効性、ねじれ議会、市場

新型コロナのワクチンについて、臨床試験(治験)段階ながら、高い有効性が確認できる初期データが公表されたことで、今後の開発の進展に期待が高まっています。これを受け市場で見られた様々な反応を簡単に振り返ります。もっとも、ワクチンが行き渡るのは長期戦になる見込みで、ワクチンが全てを解決するのかも不透明で、市場の反応は参考程度にとどめるべきと思われます。

まず株式市場では欧州の主要株式市場は5%前後の大幅な上昇となりました(図表1参照)。週末米国の大統領選挙でバイデン候補の勝利がほぼ確実となり、不透明要因が低下というプラス要因がありました。その上で、欧州はコロナ感染再拡大に直面するタイミングであること、そして何よりも、ワクチンのニュースが欧州取引時間に発表されたことで変動が高くなったと思われます。

時間的に若干、冷静であった米国株式市場ではセクターの動きに注目すると、S&P500種の構成セクターでは原油価格回復への期待からエネルギーセクター、金利上昇(長短金利格差の拡大)を受け金融セクターなどが堅調でした(図表2参照)。一方で、コロナの巣ごもり需要での恩恵を受けると見られていたeコマースは軟調でした。またオンライン利用などで恩恵を受けていたハイテクが売られ、金利感応度が高いこともあり、ナスダック総合指数は下落しています。

金利(国債利回り)は欧米で長期セクターを中心に上昇(価格は下落)しました。米国の議会選挙で上院は共和党優勢でねじれ議会になるとして先週利回りが低下した後の急上昇です。足元の景気を下支えする金融緩和と、ワクチン開発の進展などのニュースが相半ばすることで、変動が高まっています。

原油価格は上昇しました。原油価格の下支えに産油国の生産調整などが画策されましたが、改めてコロナ収束による原油需要回復への期待の高さが示されました。

米大統領選挙の不透明感後退に、ワクチン開発期待が重なり市場の変動が見られました。ただ、ワクチンの開発、配布は既に市場の経済予想では一般的な前提条件と思われます。9日のタイミングでの有望なワクチン開発が公表されることは誰も予見できず、市場の変動が高まっただけという面もありそうで、投資判断として参考程度にとどめる必要がありそうです。


梅澤 利文
ストラテジスト

日系証券会社のシステム開発部門を経て、外資系運用会社で債券運用、仕組債の組み入れと評価、オルタナティブ投資等を担当。運用経験通算15年超。ピクテでは、ストラテジストとして高度な分析と海外投資部門との連携による投資戦略情報に基づき、マクロ経済、金融市場を中心とした幅広い分野で情報提供を行っている。経済レポート「今日のヘッドライン」を執筆、日々配信中。CFA協会認定証券アナリスト、日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)


●当資料はピクテ投信投資顧問株式会社が作成した資料であり、特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではなく、また特定の銘柄および市場の推奨やその価格動向を示唆するものでもありません。
●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。
●当資料に記載された過去の実績は、将来の成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。
●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。
●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。
●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。
●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象とはなりません。
●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。

手数料およびリスクについてはこちら