Article Title
原油価格と産油国の最近の格付け事情
梅澤 利文
2021/08/13

Share

Line

LinkedIn

URLをコピー

概要

新型コロナウイルスの感染拡大を背景に昨年年初からの数ヵ月、原油価格は大幅に下落しました。財政支援の拡大と原油価格下落を受け産油国をはじめ新興国の多くが格下げされました。しかし、昨年後半から原油価格は足元まで上昇傾向に転じ、足元では格下げされる国は減少しています。格上げは今後の回復を待つ展開のようです。



Article Body Text

新興国格付け:産油国には格上げされる国がある一方、格下げも見られる

格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービス(ムーディーズ)は2021年8月11日にアジアの産油国であるカザフスタンの外貨建て長期債格付けと、発行体格付け(自国通貨建て、外貨建て共に)をBaa3(BBB-に相当)からBaa2(BBBに相当)へ格上げしました。

S&Pグローバル・レーティング(S&P)は7月16日に中東の産油国クウェートの長期債格付け(自国通貨建て、外貨建て共に)をAA-からA+へ格下げしました(図表1参照)。

どこに注目すべきか:原油価格、産油国、格付け、減産、SWF

新型コロナウイルスの感染拡大を背景に昨年年初からの数ヵ月、原油価格は大幅に下落しました。財政支援の拡大と原油価格下落を受け産油国をはじめ新興国の多くが格下げされました。しかし、昨年後半から原油価格は足元まで上昇傾向(図表2参照)に転じ、足元では格下げされる国は減少しています。格上げは今後の回復を待つ展開のようです。

国の格付けを日々モニターしていると、昨年春に見られた、新型コロナの影響などによる格下げラッシュ(主に新興国)は肝を冷やす出来事でした。その後原油価格が上昇傾向に転じたことで、格下げペースは若干緩やかとなりました。ただ新型コロナの影響が残る中、財務状況の改善には時間も必要です。そのイメージを確認するため、図表1では産油国の多い中東とアフリカに限り、主要格付け会社から格付け変更があった国を20年と21年について年初から8月12日までを対象期間として示しています。

そうした中、冒頭で示したように産油国のカザフスタンが格上げされました。カザフスタンは石油輸出国機構(OPEC)に非加盟ながら主要産油国で構成されるOPECプラスの一員です。地理的には中央アジアとなるため図表1にはありませんが、有力な産油国です。カスピ海北部にあるテンギスとカシャガンの2ヵ所に油田があります。

ムーディーズはカザフスタンを8月11日に格上げしました。同国は原油価格下落時の格下げはありませんでしたが、これまで道のりは平坦だったわけではありません。昨年は油田でクラスターが発生し一時操業が停滞する事態もありました。原油価格上昇でようやく同国の財政が改善しました。

一方、冒頭では別の国として中東の産油国クウェートもご紹介していますが、こちらは先月格下げされました。この2カ国の格付け変更の理由を比べると、ソブリンウェルズファンド(SWF、国富ファンド)の運営に違いが見られます。

クウェートのSWFは短期的な財政運営に資金を配分できるSWFと、石油が枯渇した後の長期的な国家運営のためのSWFが別に運営されています。石油の未来を考えた上でのアイデアです。問題は短期的なSWFが底をつきそうな状況ながら、長期SWFから資金を融通する柔軟さが見られないことです。背景は国民議会と、首長が指名する政府との間に対立が見られるからです。長期SWFから短期的に財政資金へ融通するには議会の承認が求められますが、対立は続いています。

一方、カザフスタンでは、新型コロナで悪化した財政の一部をSWFで補填しましたがクウェートのような問題は起きませんでした。カザフスタンでもSWFは石油枯渇後の長期プロジェクトに充当するのが基本です。ただ事前に定めた原油価格の水準に応じて、配分できる金額を定め、規律を維持しています。

原油価格の今後の動向次第ながら、これまでの上昇は産油国の財政をある程度回復させることは見込まれます。しかし政治動向など注意を払うべき点も多く残されているようです。

 

 

 


梅澤 利文
ピクテ・ジャパン株式会社
ストラテジスト

日系証券会社のシステム開発部門を経て、外資系運用会社で債券運用、仕組債の組み入れと評価、オルタナティブ投資等を担当。運用経験通算15年超。ピクテでは、ストラテジストとして高度な分析と海外投資部門との連携による投資戦略情報に基づき、マクロ経済、金融市場を中心とした幅広い分野で情報提供を行っている。経済レポート「今日のヘッドライン」を執筆、日々配信中。CFA協会認定証券アナリスト、日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)


●当資料はピクテ・ジャパン株式会社が作成した資料であり、特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではなく、また特定の銘柄および市場の推奨やその価格動向を示唆するものでもありません。
●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。
●当資料に記載された過去の実績は、将来の成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。
●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。
●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。
●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。
●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象とはなりません。
●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。

手数料およびリスクについてはこちら



関連記事


7月米CPIと金融政策の今後の展開

ブラジル、インフレ率低下の明暗

インド中銀、タカ派姿勢を示す

強かった7月米雇用統計の解釈

OPECプラス、やはり小幅増産にとどまる

豪中銀の政策金利は定められた軌道を巡るわけではない、とは