Article Title
FOMC、テーパリングの次の段階は見方が分かれる
梅澤 利文
2021/09/24

Share

Line

LinkedIn

URLをコピー

概要

今回のFOMCでは、テーパリングについては開始が近いことと、来年半ばに終えるのが適当と述べた点が注目されます。政策金利については、 FOMC参加者の政策金利見通しからは、前回と比較して22年の利上げ開始を支持する参加者が増えたこと、一方で利上げ予想は参加者によって見方が分かれていることが示され、今後の市場の注目点となりそうです。



Article Body Text

FOMC:9月のFOMCではリスク要因はあるもの、タカ派姿勢を前進させた印象

米連邦準備理事会(FRB)は2021年9月21、22両日に米連邦公開市場委員会(FOMC)を開催し、政策金利の据置きなどを決定しました。

ただ、FRBのパウエル議長は債券購入プログラムのテーパリング(段階的縮小)を近く開始する可能性が高いことを示唆したうえで、テーパリングを「来年半ば」までに終えるのが適当との見解を示しました。

どこに注目すべきか:FOMC、テーパリング、ドットチャート、利上げ

今回のFOMCでは、テーパリングについては開始が近いことと、来年半ばに終えるのが適当と述べた点が注目されます。政策金利については、 FOMC参加者の政策金利見通しから、前回と比較して22年の利上げ開始を支持する参加者が増えたこと、一方で利上げ予想は参加者によって見方が分かれていることが示され、今後の市場の注目点となりそうです。

まず今回のFOMC後の市場の反応を見ると23日に米国債利回りが大幅に上昇しました。FOMCがタカ派(金融引き締めを選好)化した面はある一方で、中国の不動産債務問題の懸念がいったん後退したことが利回りを押し上げた要因と見られます。FOMC直後、22日の国債市場では取引時間は短いものの、短期国債利回りは利上げを織り込み上昇した一方で、長期国債利回りは小幅ながら低下しました。テーパリング開始時期が早まったといっても、年内開始は市場では既に織り込まれており、開始そのものが市場に与える影響は小さいと思われます。

一方、テーパリング終了時期の目安が来年半ばと示されたことで、来年後半以降の利上げ開始時期をめぐる議論が活発となりそうです。パウエル議長もテーパリング終了前の利上げは想定しないと説明していたからです。

次に、FRBがドットチャートで示したFOMC参加者の想定する政策金利水準を利上げ回数に置き換えたものを見ると(図表1参照)、前回6月に比べ22年の利上げを支持する参加者が増えました。結果、利上げと据置き支持がそれぞれ9名で拮抗することとなりました。

23年については1名を除き利上げを見込んでいますが、1~2回程度の利上げを支持するグループと、4~6回程度と積極的な利上げを支持するグループに分かれました。過去のコメントなどから想像すると、パウエル議長をはじめ執行部の多くは一部の理事を除いて、利上げに慎重なペースを支持すると思われます。一方で地区連銀総裁を中心としたグループが早期利上げを求めていると見られます。

そこで、今後の利上げ議論を占う上で注目されるFOMC参加者の経済予想を振り返ります(図表2参照)。まず21年の経済成長率を見ると5.9%と、前回から引き下げられています。デルタ変異株の影響による足元の米国景気の減速感の反映と見られますが、テーパリング開始議論などへの影響は限定的のようです。むしろ来年の成長率見通しの引き上げが今後の利上げ議論の注目点と思われます。

インフレ率も21年は3.7%に上方修正されましたが、議論に影響を与えそうなのは22年のインフレ率を2.3%に引き上げたことです。一過性と説明していたインフレ率上昇が長期化していることはパウエル議長も認めているからです。ここで大切なのは物価上昇の背景で、供給問題の単なる長期化なのか、賃金や家賃上昇なども絡んだ本格的なインフレ懸念なのか等の見極めが今後より問われると思われます。


梅澤 利文
ストラテジスト

日系証券会社のシステム開発部門を経て、外資系運用会社で債券運用、仕組債の組み入れと評価、オルタナティブ投資等を担当。運用経験通算15年超。ピクテでは、ストラテジストとして高度な分析と海外投資部門との連携による投資戦略情報に基づき、マクロ経済、金融市場を中心とした幅広い分野で情報提供を行っている。経済レポート「今日のヘッドライン」を執筆、日々配信中。CFA協会認定証券アナリスト、日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)


●当資料はピクテ投信投資顧問株式会社が作成した資料であり、特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではなく、また特定の銘柄および市場の推奨やその価格動向を示唆するものでもありません。
●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。
●当資料に記載された過去の実績は、将来の成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。
●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。
●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。
●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。
●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象とはなりません。
●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。

手数料およびリスクについてはこちら