Article Title
オミクロン株と当局発言、注目すべきは
梅澤 利文
2021/11/30

Share

Line

LinkedIn

URLをコピー

概要

南アフリカなどで見つかった新たな変異株オミクロンを巡る憶測が市場の変動要因となっています。オミクロン株が市場の変動要因となったのは先週末の報道や、国際機関の懸念表明などが背景です。一方、金融当局などのコメントに注目すると、当然のことながら、不安を抑える発言に終始している印象です。



Article Body Text

オミクロン変異株:パウエル議長は景気への下振れ懸念とインフレの不確実性を指摘

米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は2021年11月30日に米上院銀行委員会で行われる公聴会に先立ち、29日に証言テキストを発表しました。

パウエル議長はテキストの中で、「このところの新型コロナ新規感染の増加とオミクロン株の発生が雇用と経済活動に下振れリスクとなるとともに、インフレ動向を巡る不確実性の高まりをもたらした」と指摘しています(図表1参照)。

どこに注目すべきか:オミクロン、議会証言、ワクチン、伝染、重症

南アフリカなどで見つかった新たな変異株オミクロンを巡る憶測が市場の変動要因となっています。オミクロン株が市場の変動要因となったのは先週末の報道や、国際機関の懸念表明などが背景です。一方、金融当局などのコメントに注目すると、当然のことながら、不安を抑える発言に終始している印象です。

オミクロンと命名される前からB.1.1.529として分析されてきましたが、市場で注目されたのは先週末からです。それから日も浅いこともあり金融当局の発言は限定的です。その中で主な元を見ると、FRBのパウエル議長は(恐らくオミクロン株を念頭に)ウイルスに関する懸念が強まれば、対面での勤務の意欲がそがれ、労働市場の正常化を遅らせてサプライチェーンの混乱を深めることになると30日(本日)の議会証言の原稿に記載しています。やや懸念を示しているようにも聞こえますが、用意された原稿には金融政策への言及は見られません。議会証言では議員からオミクロン株について質問が有る可能性もあります。その場合、パウエル議長の答弁に興味があるところです。

なお、米アトランタ地区連銀のボスティック総裁は先週末にメディアでオミクロン株をデルタ株と類似ならという条件付ながら過大な心配はしないと早々に述べています。

ユーロ圏ではフランス中央銀行のビルロワドガロー総裁がオミクロン株を注意深く監視する必要があるもののオミクロン株が経済見通しを一変させることは恐らくないだろうとオンライン会議で述べています。

また、日本銀行の黒田総裁は29日のオンライン会議で、今のところオミクロン株の日本経済への影響は小さいとの考えを述べています。金融当局者は現段階では市場を落ち着かせる必要から、このような発言になるともいえそうです。

ただし、これらの発言は立場を考えた発言で、必要ではあっても市場の変動を抑えるには物足りないと思われます。

30日午後、日本を始めアジア株現物市場、並びに欧米の株式先物市場が急落したのは米医薬品メーカー、モデルナのステファン・バンセル最高経営責任者(CEO)が、新たな変異株オミクロン株について、ワクチン効果は従来の変異株に比べ弱い可能性が高いとの見通しを示したことが背景です。

まだまだ解明されないことが多いオミクロン株ですが、市場が注目する主な要因は「感染力が強いのか?」、「重症化するリスクは高いのか?」、そして「ワクチンの効果はあるのか?」などで、ワクチンの効果について疑問が呈された格好です。当面はワクチンを開発する製薬メーカーや研究機関の発言などに最も注目が集まる展開が想定されます。

なお、重症化するかについては、一部の研究機関からこれまでのところ症状は軽いとの報告もありますが、判断にはもう少し時間をかけてみる必要がありそうです。

オミクロン株の感染は日を追うごとに感染者が発見される国が増えているのが現状です。市場は楽観、悲観の情報に市場動向は左右される展開が想定されます。ワクチンの効果などの判断には数週間(もしくはそれ以上)かかると製薬メーカーは見込んでおり、市場ではしばらくは変動の高い状況が続く可能性を覚悟する必要があるかもしれません。


梅澤 利文
ピクテ・ジャパン株式会社
ストラテジスト

日系証券会社のシステム開発部門を経て、外資系運用会社で債券運用、仕組債の組み入れと評価、オルタナティブ投資等を担当。運用経験通算15年超。ピクテでは、ストラテジストとして高度な分析と海外投資部門との連携による投資戦略情報に基づき、マクロ経済、金融市場を中心とした幅広い分野で情報提供を行っている。経済レポート「今日のヘッドライン」を執筆、日々配信中。CFA協会認定証券アナリスト、日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)


●当資料はピクテ・ジャパン株式会社が作成した資料であり、特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではなく、また特定の銘柄および市場の推奨やその価格動向を示唆するものでもありません。
●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。
●当資料に記載された過去の実績は、将来の成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。
●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。
●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。
●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。
●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象とはなりません。
●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。

手数料およびリスクについてはこちら



関連記事


7月米CPIと金融政策の今後の展開

ブラジル、インフレ率低下の明暗

インド中銀、タカ派姿勢を示す

強かった7月米雇用統計の解釈

OPECプラス、やはり小幅増産にとどまる

豪中銀の政策金利は定められた軌道を巡るわけではない、とは