Article Title
FRBパウエル議長のリセッション回避とは
梅澤 利文
2023/07/27

Share

Line

LinkedIn

URLをコピー


概要

景気後退は単にマイナスの成長率が続くのではなく総合的な判断が本来の定義で、判断材料には失業率など各種労働指標などが含まれます。パウエル議長は7月のFOMC後の会見で景気後退回避の可能性を示唆しました。堅調な経済指標と最近のインフレ率の鈍化から、そのようなシナリオが実現する兆しは見られます。今後はこのようなシナリオの背景をデータで確認することが一層求められそうです。




Article Body Text

7月のFOMCは市場予想通りの利上げで、会見も新鮮味に乏しい内容

米連邦準備制度理事会(FRB)は2023年7月25日-26日に米連邦公開市場委員会(FOMC)を開催し、市場予想通り0.25%の利上げを全会一致で決定しました(図表1参照)。22年3月の利上げ開始以降の引き上げ幅は計5.25%です。

声明文に前回(6月FOMC)と大きな違いはなかったものの、景気認識は若干上方修正されました。

FOMC後の記者会見でFRBのパウエル議長は次回(9月)のFOMCで利上げか据え置きかはライブ(データ次第)と説明しました。また、米国経済の減速が年内に始まると予想するものの、最近の堅調な経済指標などを背景に、景気後退(リセッション)回避の可能性について言及しています。

コロナ禍前後で変わる、インフレと失業率の関係

7月のFOMCでの利上げは確実視されていたことから、興味は9月以降のFOMCでの利上げの有無や、利下げ開始の時期にシフトしています。しかし声明文やパウエル議長の会見に今後の金融政策について新たな材料は乏しく、データ次第の色合いが濃くなっています。9月は利上げ、据え置き両方の可能性を選択肢として残しています。

そうした中、パウエル議長は会見で経済の軟着陸(ソフトランディング)についての質問に対し、大幅な失業を伴わずにインフレ率が低下する可能性を示唆し、景気後退を予測していないことを明らかにしました。

そこで、最近のFRBの調査などを参考に失業率とインフレ率の関係を簡単に振り返ります(図表2参照)。図表2はインフレ率として前年同月比の個人消費支出(PCE)価格指数と失業率の散布図を2000年1月からコロナ禍前の19年12月までをプロットしたものです(局面1)。

局面1ではインフレ率は2%前後で推移した一方、失業率は景気動向などを反映して比較的幅広く推移しています。結果として横に広がった分布となっています。

なお、インフレ率と失業率の関係は一般にフィリップス曲線と呼ばれ、インフレ率と失業率に右肩下がりの関係が想定されています。しかし、局面1の頃はグローバル化や技術革新、または中央銀行の物価目標政策などにより、インフレ率が2%前後で安定していた可能性があります。FRBが公式にインフレ目標の2%を導入したのは12年ですが、それ以前から「暗黙の了解」として同水準を意識した政策運営がされていたとみられます。

何がインフレ率を安定化させる要因であったかの議論は残されていますが、このころのフィリップス曲線は平たん化が特色となっています。

労働市場の悪化は限定的で、インフレ率が低下する局面に期待する

次に、局面2(図表3参照)として21年におけるインフレ率と失業率の推移を確認します。21年前半、インフレ率の上昇は一時的とみられていましたが、後半はインフレ率の上昇が加速、一方で失業率は労働供給不足を背景に低下したことから、21年末に向け、プロットは左上方に向かう傾向となりました。

足元までのインフレ率と失業率の状況を局面3(図表4参照)で確認します。縦軸のインフレ率が全体に高水準である一方、失業率は3.5~4%の狭い範囲に分布しています。局面3では労働市場がタイトな状況が続く中、賃金が高止まりしたことなどが分布の背景とみられます。

ここで局面3における足元(23年5月)の位置を確認すると、図表4では■で示した点となります。分布の中でインフレ率は低下する一方、失業率が変わらないことから、真下に落ちる格好となっています。仮にこの状況が続くならば、インフレ率の低下が引き起こす失業率上昇は限定的となることも期待されます。反対に、例えば局面2のような分布形状であると、縦軸のインフレ率の低下に応じて横軸の失業率が上昇することが想定されます。

当レポートでは労働市場とインフレ率の関係をイメージするため失業率とインフレ率を用いましたが、他の変数を使用した調査でもインフレ率の低下が、しばしば景気後退を伴う労働市場を悪化させる程度は限られると当局は予測し始めているようです。

インフレ率と労働市場の関係はその背後関係を理解することがより重要で、当面は様々なデータを見守る必要がありそうです。


梅澤 利文
ピクテ・ジャパン株式会社
ストラテジスト

日系証券会社のシステム開発部門を経て、外資系運用会社で債券運用、仕組債の組み入れと評価、オルタナティブ投資等を担当。運用経験通算15年超。ピクテでは、ストラテジストとして高度な分析と海外投資部門との連携による投資戦略情報に基づき、マクロ経済、金融市場を中心とした幅広い分野で情報提供を行っている。経済レポート「今日のヘッドライン」を執筆、日々配信中。CFA協会認定証券アナリスト、日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)


●当資料はピクテ・ジャパン株式会社が作成した資料であり、特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではなく、また特定の銘柄および市場の推奨やその価格動向を示唆するものでもありません。
●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。
●当資料に記載された過去の実績は、将来の成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。
●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。
●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。
●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。
●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象とはなりません。
●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。

手数料およびリスクについてはこちら



関連記事


ブラジル中銀、利下げ路線から据え置き路線へ

中国主要経済指標から浮き彫りとなった問題点

フランス混乱、マクロン大統領の賭けはどうでるか

日銀、方針を決定しただけでも、円安加速は回避

6月のFOMC、タカの背後にハトが見え隠れ

米5月のCPI、インフレ鈍化へ流れを引き戻したが