Pictet Story


【ジュネーブがスイスの州になるとき Ⅵ】

ピクテ家の1人、シャルル・ピクテ・ド・ロシュモンは、ピクテ銀行の経営に直接関わることはありませんでしたが、ジュネーブという都市、そしてスイスの中立性をヨーロッパの大国に承認させた人物として、語り継がれています。




ジュネーブ州と中立性という遺産


ジュネーブにもたらされた成功

こうしてジュネーブは1816年に飛び地がなくなり、その歴史上初めて、今日と同じ一つにまとまった領土を形成しました。
ピクテ・ド・ロシュモンは、当初はジュネーブのためにサレーヴ、モン=シオンとヴュアシュの山々の自然境界線をベースとしたより広大な領土を願っていました。しかしながらこの小さな州の周囲(ペイ・ド・ジェクスとサヴォワの一部地域)は無関税地域となったため、ある程度の中期的経済永続性が保証されることになりました。

ピクテ・ド・ロシュモンが勝ち取った国境とともに、改革を乗り越えた昔からのジュネーブ人と新たに加わったコミューンのカトリック系農民たちの統合から成る、新しいジュネーブ州民が誕生しました。
 

スイスにもたらされた成功

1821年、ピクテは『ヨーロッパの利益となるスイスから』(De la Suisse dans l’intérêt de l’Europe)と題した小冊子を刊行し、そこにおいて、ヨーロッパはスイス領土の安全保障と不可侵性の防衛をスイス自身に任せなければならないと強調しました。そして実際にスイスの中立性が再議論されることはありませんでした。こうして、中立性はピクテ・ド・ロシュモンがスイスにもたらした最も貴重な遺産となったのです。

中立性は、ヨーロッパの歴史の多くの紛争からスイスを守る一方で、赤十字国際委員会や国際連盟(1945年から国際連合)などの機関の設置や発展を促し、世界におけるスイスの調停者としての役割を高めることにもなりました。



「ジュネーブがスイスの州になるとき」は今回で終了となります。ご愛読いただき、ありがとうございました。



関連レポート


●当資料はピクテ投信投資顧問株式会社が作成した販売用資料であり、金融商品取引法に基づく開示書類ではありません。取得の申込みにあたっては、販売会社よりお渡しする最新の投資信託説明書(交付目論見書)等の内容を必ずご確認の上、ご自身でご判断ください。
●投資信託は、値動きのある有価証券等(外貨建資産に投資する場合は、為替変動リスクもあります)に投資いたしますので、基準価額は変動します。したがって、投資者の皆さまの投資元本が保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。
●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。
●当資料に記載された過去の実績は、将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。
●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。
●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。
●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。
●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象とはなりません。
●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。