Article Title
木材価格が大きく上昇、今後の見通しは?
2021/05/25

Share

Line

LinkedIn

URLをコピー


概要

各国の金融緩和策や財政出動、景気回復期待の高まりなどを受けて資源価格が大きく上昇する中、木材価格もコロナ禍における住宅需要の高まりもあり大きく上昇しています。世界的に持続可能な社会実現の取り組みが活発化する中で、サステナブルな資源としての「木」が見直されていることも長期的に木材価格を支える要因となりそうです。



Article Body Text

ウッドショックで木材価格は高騰

木材価格は過去1年で急上昇(図表1参照)し、ウッドショックと呼ばれる状況となっています。

米シカゴ市場の木材先物価格は、2020年3月末から4月のはじめにかけて300ドル(1000ボードフィートあたり)を割り込む水準まで下落しましたが、それ以降は上昇基調となり、2021年5月7日には1,686ドルまで上昇しました。

足元は急速に価格が上昇していた反動や、先物価格特有のロールオーバー(指標となる受け渡し時期の変更)もあり大きく反落し、5月18日には高値よりも25%下落の1,264ドルとなっていますが、年初来では+45%、過去1年間では+265%と大きく上昇しています。

図表1:シカゴ木材先物価格の推移
日次、期間:2016年5月18日~2021年5月18日

出所:ブルームバーグのデータを使用しピクテ投信投資顧問作成

またすぐに入手することができる現物の木材価格は木材の需要が旺盛な一方、供給がひっ迫していることもあり高水準で推移しています。

商品市況全般が好調、木材は需要旺盛で価格上昇

2020年3月末以降、商品市況は全般的に好調で、木材以外にも銅や鉄鉱石など様々な資源の価格が上昇しています。

新型コロナウイルス感染拡大の経済的打撃への対応策として2020年に各国・地域の政府および中央銀行が積極的な財政政策や金融緩和策を実施したこと、2021年に入ると新型コロナウイルスのワクチン接種が進展したことに加え、米バイデン政権による追加的な大規模財政政策などを背景に世界的な景気回復期待が大きく高まったことなどが、資源価格上昇の背景にあります。また新型コロナウイルスの感染拡大により世界的なサプライチェーンの混乱なども資源価格上昇に拍車をかけました。

木材市場については、コロナ禍で在宅勤務の広がりなどにより住宅への需要が高まったことが木材価格高騰の要因となっています。米国の住宅市場は、足元では木材価格の上昇やサプライチェーンの逼迫などが影響し4月の住宅着工件数は前月比で減少していますが、住宅建設許可件数は小幅ながら前月から上昇しており、全体的にみると住宅への需要は高い水準で推移していると考えます(図表2参照)。


図表2:米国の住宅着工件数、住宅建設許可件数の推移
月次、期間:2016年4月~2021年4月

※住宅着工件数、住宅建設許可件数ともに年率、季調済
出所:ブルームバーグのデータを使用しピクテ投信投資顧問作成

今後の見通し

木材価格については、過去の価格推移に比べかなり高い水準にありますが、米国などの住宅市場は好調なこともあり、今後、大きく下落する可能性は低いと思われます。

さらに欧州や米国など主要国は持続可能な社会実現のために環境政策を進めており、その中で化石由来の材料や燃料に代わる身近なサステナブルな資源として木材繊維の需要も今後増加していくものと考えられ、このことも木材価格を長期的に支える要因になる可能性があります。

また森林を所有・管理する企業の収益や評価に影響を与える木材販売価格の2021年の平均は、足元木材価格が大きく上昇していることもあり、過去と比べても非常に高い水準になることが予想されます。



足元、インフレ期待が高まりを見せる中、実物資産に注目が集まっています。森林を保有・管理する企業を中心に投資しているiTrustティンバーは実物資産の中でも木材への投資を考えている方にとって選択肢のひとつになるでしょう。


個別の銘柄・企業については、あくまでも参考であり、その銘柄・企業の売買を推奨するものではありません。


●当資料はピクテ投信投資顧問株式会社が作成した販売用資料であり、金融商品取引法に基づく開示書類ではありません。取得の申込みにあたっては、販売会社よりお渡しする最新の投資信託説明書(交付目論見書)等の内容を必ずご確認の上、ご自身でご判断ください。
●投資信託は、値動きのある有価証券等(外貨建資産に投資する場合は、為替変動リスクもあります)に投資いたしますので、基準価額は変動します。したがって、投資者の皆さまの投資元本が保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。
●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。
●当資料に記載された過去の実績は、将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
●当資料は信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。
●当資料中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。
●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。
●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。
●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象とはなりません。
●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。

お申込みにあたっては、交付目論見書等を必ずご確認の上、ご自身でご判断ください。
投資リスク、手続き・手数料等については以下の各ファンド詳細ページの投資信託説明書(交付目論見書)をご確認ください。

iTrustティンバー