Article Title
森林・木材関連の上場株式を中心に投資する唯一のアクティブファンド 「iTrustティンバー(愛称:木と環境と未来へ)」を2021年3月17日より募集開始
2021/03/17

Share

Line

LinkedIn

URLをコピー

概要
Article Body Text

幣社は、iTrustノーロード・シリーズにて、森林・木材関連の上場株式に投資する唯一のアクティブ株式ファンド「iTrustティンバー(愛称:木と環境と未来へ)」を2021年3月17日より募集開始、3月31日に設定し、新たに運用をスタートします。当初募集は、3月17日より株式会社SBI証券、楽天証券株式会社にて行われ、販売会社は順次拡大していく予定です。当ファンドの特色は、以下のとおりです。

 

(注)なお、指定投資信託証券にかかる運用方針に関して、投資ポジションの調整や異なるセクターを含めた投資先のリバランスに関する判断が適用法に従って行われる場合には、それらの判断に即した投資を行います。

高まる自然素材としての需要、純減する森林面積

従前より懸念されているプラスチックゴミの問題は、コロナ禍の外出自粛によるデリバリー需要増加などに伴い、さらに深刻な状況に直面しています。一方、生活に自然素材を取り入れるナチュラル志向の広がりや、SDGsやESG投資などへ関心の高まりなど、人々の意識やライフ・スタイルは少しずつ変化を見せ始めています。加えて、地球規模でもグリーン・ディール政策が推進されるなど、自然素材としての木材の需要は着実に増加する傾向にあります。

自然素材である木材や木質繊維は、化石材料や化石燃料の代替となり、様々な用途で環境に優しい素材として注目が集まっています。また、森林と木材製品は気候変動対策、プラスチックの削減、生物多様性の確保に大きく貢献します。

しかし、農地開拓のための森林伐採など人為的破壊、土地の転用などによる森林面積の純減を背景に、木材の供給量には限界があり、木材製品の価格は上昇傾向が続くことが見込まれます。

 

森林のバリュー・チェーン全体に投資し成長機会を追求

iTrustティンバーは、森林の所有権に注目し、森林のバリュー・チェーン全体、つまり森林地の所有や管理から、木材製品、ダンボールなどの包装材や紙製品の製造まで、関連する幅広い分野の企業に分散投資を行う、「森林・木材関連の上場株式に投資する国内唯一のアクティブファンド」です。

 

【森林の所有権に注目し、バリュー・チェーン全体に分散投資】(イメージ)

※上記は森林・⽊材関連企業の⼀部を表すものであり、投資対象のすべてを表すものではありません。また、すべてに投資するものでもありません。
※上記は森林・⽊材に関するバリュー・チェーンの⼀例を⽰すものであり、全てがこれに該当するわけではありません。

【投資対象ファンドの累積パフォーマンス】
2021年2月末時点、円換算、管理報酬等控除後。2008年9月末を100として指数化

【保有上位10銘柄】 2021年2月末時点

※投資対象ファンド:ピクテ-ティンバー クラスI USD投資証券(費用・管理報酬控除後)の円換算
※上記はシェアクラスが異なるiTrustティンバーの投資対象ファンドの運用実績(円換算)であり、iTrustティンバーの運用実績ではありません。iTrustティンバーには為替リスクがあります。

3つのモニタリング組織による、投資家本位のガバナンス体制

iTrustティンバーは、2008年より運用実績のあるPictet-Timberというルクセンブルグ籍ファンドに投資を行う、ファンド・オブ・ファンズ形式で運用します。投資対象ファンドでは、経験豊かな専任チームが、ピクテ・グループの豊富な情報を活用し、個別企業の分析を重視したボトムアップ・アプローチで運用を行っています。

また、運用チームは、関連業界のリーダー、学者など中立的な立場の専門家を招致した委員会(アドバイザリー・ボード)を開催し、定期的な意見交換を行います。これにより、先端技術の動向やトレンドの変化をいち早く捉え、これから成長する企業の発掘に生かしています。

投資対象となるルクセンブルグ籍のファンドは、日本の投資信託とは異なる会社型投資信託であり、ボード・オブ・ディレクターズ(取締役会)が設置されています。そのメンバーにはピクテ・グループから3名、それ以外から2名が選出されており、このボードがファンドの運営全体をモニタリングすることで、ガバナンスが担保される仕組みが取られています。

さらに、ピクテ投信投資顧問では、2017年よりファンド運営のガバナンス体制の強化を目的として、弊社の取締役会および経営会議に対する助言を行うファンド・アドバイザリー・コミッティーを設け、社外有識者5名からの発言を積極的に取り入れ健全且つ投資家本位のファンド運営に活かしています。

iTrustティンバーは3つのモニタリング組織によるガバナンス体制で、日本の投資家の皆さまにとって最善の利益を追求することを目指します。

〈関連情報〉ファンド・アドバイザリー・コミッティーについては詳しくはこちら

【東京・ジュネーブ・ルクセンブルグのボードとコミッティー】

 

SDGsもカバーするピクテの責任投資とiTrustティンバーの位置付け

国連により17のゴールが設定された持続可能な開発目標SDGs。ピクテのSDGsの各ゴールへの関連性評価は、ピクテの戦略の投資先企業が開発した製品とサービスを定量アプローチ、ファンダメンタルズ分析で行っています。iTrustティンバーの類似戦略のSDGs評価では、主に以下のゴールへの関連性が高いことを示しています。

同類似戦略は、森林の育成から建設、産業、消費者ニーズに応える木材加工まで、持続可能な森林利用に関わる企業を含む、より広範な木材セクターの企業に投資しています。持続可能に管理された森林は、炭素吸収源としての役割を果たしています。また、木材製品は世界のプラスチック汚染問題の解決に貢献が期待されています。

 

ティンバー戦略を支える複数の力強いメガトレンド

ピクテはコペンハーゲン未来学研究所の助言を受け、14の「メガトレンド」を策定しています。それぞれが長期的な社会的需要や発展につながり、今後の世界を形作る長期トレンドです。ピクテのテーマ株式運用の投資テーマは複数のメガトレンドの交差点として生まれます。

「メガトレンドは持続的で影響力も大きい世界的な潮流であり、メガトレンドの交差点に投資テーマを重ねることで中長期的な成長を享受する。」それが、ピクテが世界の富裕層に提供するテーマ株式運用の投資哲学です。

 

出所:コペンハーゲン未来学研究所、ピクテ・アセット・マネジメント 2021年1月末現在

弊社は、ピクテ・グループが216年の歴史の中で培った運用ノウハウおよび独自のグローバル・ネットワークを生かし、中長期的な資産形成に適したファンドを通じて、国際分散投資の機会を日本の投資家の皆さまにご提供して参ります。

以上

※ お申込みにあたっては、交付目論見書等を必ずご確認の上、ご自身でご判断ください。


【iTrustティンバー(愛称:木と環境と未来へ)関連ウェブページ】
ファンドの詳細

iTrustティンバー特集ページ

iTrustのコンセプト

メガトレンド

リスク、手数料等は「ファンドの詳細」リンク先の交付目論見書をご確認ください。


●当リリースおよび当リリース内リンク先のウェブサイトはピクテ・ジャパン株式会社が作成したものであり、金融商品取引法に基づく開示書類ではありません。取得の申込みにあたっては、投資信託説明書(交付目論見書)等を取得していただき、必ず内容をご確認の上、ご自身でご判断ください。
●投資信託は、値動きのある有価証券等(外貨建資産に投資する場合は、為替変動リスクもあります。)に投資いたしますので、基準価額は変動します。したがって、投資者の皆さまの投資元本が保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。
●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。
●当リリースに記載された過去の実績は、将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
●当リリースは信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。
●当リリース中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。
●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。
●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。
●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象とはなりません。
●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。



関連お知らせ


日付 タイトル タグ
日付
2024/03/21
タイトル 弊社が設定・運用する3ファンドが LSEGリッパー・ファンド・アワード・ジャパン 2024において最優秀ファンド賞を受賞 タグ
日付
2023/10/02
タイトル 役員の異動について タグ
日付
2023/09/29
タイトル 「ピクテ新興国ゴールデン・リスクプレミアム・ファンド」を本日設定 タグ
日付
2023/09/29
タイトル 「ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(隔月分配型)」を本日設定 タグ
日付
2023/08/07
タイトル 「ピクテ・プレミアム・アセット・アロケーション・ファンド」を本日より募集開始 タグ
日付
2023/08/04
タイトル 主にSDGsとの整合性がある製品やサービスを提供している世界の企業の株式に投資する 「ピクテ・ポジティブ・チェンジ(適格機関投資家専用)」を設定 タグ
日付
2023/07/31
タイトル 主に日本を含む世界の公益企業の債券に投資する 「ピクテ・グローバル・インカム債券ファンド(隔月決算型/ 1年決算型)」を本日より募集開始 タグ
日付
2023/06/08
タイトル ピクテ・ジャパンが運用する2本の投資信託がつみたてNISA対象ファンドに追加 ~「iTrustインド株式」はインド株式に投資する唯一のつみたてNISA対象ファンド※ ~ タグ
日付
2023/04/27
タイトル ピクテ社会貢献活動 『ピクテ×ブリッジフォースマイル グローバル・タレント・プログラム2023』 児童養護施設等出身者への給付型奨学金募集開始 ~英語を活用してグローバルに活躍することを夢見る学生を支援~ タグ
日付
2023/04/26
タイトル 弊社が運用する「ピクテ・プレミアム・ブランド・ファンド(3ヵ月決算型)」が “R&I ファンド大賞 2023”において最優秀ファンド賞を受賞、「ピクテ新興国インカム株式ファンド(毎月決算型)/(1年決算型)」が優秀ファンド賞を受賞 タグ
日付
2023/04/21
タイトル 経済成長の原動力「労働人口」に着目したファンド ピクテ・グローイング新興国株式ファンド(毎月決算・予想分配金提示型)/(1年決算型)を 2023年4月21日より運用開始 タグ
日付
2023/03/08
タイトル 弊社が設定・運用する「iTrustプレミアム・ブランド」が リフィニティブ・リッパー・ファンド・アワード・ジャパン 2023において 最優秀ファンド賞を受賞 タグ
日付
2022/09/01
タイトル 大槻 奈那をシニア・フェローとして採用 -日本に資産運用文化を根付かせるために情報発信力強化を目指して- タグ
日付
2022/07/01
タイトル 商号変更並びにオフィス移転のお知らせ タグ
日付
2022/06/01
タイトル 個人投資家向け会員ページ開設のご案内 タグ
日付
2022/04/26
タイトル 「弊社が運用する3本のファンドが “R&I ファンド大賞 2022”において優秀ファンド賞を受賞 タグ
日付
2022/04/18
タイトル 全国47都道府県で資産運用セミナーを5月16日から開催 ピクテ・グロイン&ゴールド・スペシャル・ツアー2022 タグ
日付
2022/03/01
タイトル ピクテ・アセット・アロケーション・ファンド(1年決算型)が 第7回「楽天証券ファンドアワード」で「優秀ファンド」に選出 タグ
日付
2022/02/14
タイトル 弊社が設定・運用する公募投信3本が Morningstar Award "Fund of the Year 2021"において優秀ファンド賞を受賞 タグ
日付
2022/02/08
タイトル ピクテ社会貢献活動 ピクテ×ブリッジフォースマイル グローバル・タレント・プログラム 児童養護施設等出身者への給付型奨学金募集開始 ~英語を活用してグローバルに活躍することを夢見る学生を支援~ タグ
日付
2022/01/18
タイトル 「E(環境)」から始まったESGの潮流は「S(社会)」へ、 「ウェルビーイング」社会実現に向けて人に着目したファンド 「ピクテ・ヒューマン・ファンド」を2022年1月18日より運用開始 タグ
日付
2022/01/07
タイトル ピクテ・グループ、「ネット・ゼロ・アセット・マネージャーズ・イニシアティブ」及び 科学的根拠に基づく目標設定のための「1.5度を目指すビジネス・アンビション」(SBTi)に参加 タグ
日付
2021/11/04
タイトル 地球環境と社会問題を喚起する 「国際写真賞プリピクテ」 11 月 20 日より東京都写真美術館にて 第 9 回テーマ 『 FIRE 火 』 展を 開催 タグ
日付
2021/11/01
タイトル 地域社会への還元活動として 日本各地への寄付を行う「ピクテ・ミライ・プロジェクト」を開始 タグ
日付
2021/10/13
タイトル 全国47 都道府県で資産運用セミナーを11 月1 日から再開 日本拠点開設40 周年記念、ピクテ・スペシャル・ジャパン・ツアー2021 タグ
日付
2021/10/01
タイトル 「iTrustオールメガトレンド」を2021年10月1日より募集開始 ~変化を捉え、SDGsへ貢献~ メガトレンドから生まれた12の投資テーマ全てに投資 タグ
日付
2021/10/01
タイトル アセット・アロケーション戦略とESG投資を融合させた 「ピクテ・サステナビリティ・マルチアセット・ファンド(愛称:モンド)」を2021年10月1日より募集開始 タグ
日付
2021/07/01
タイトル 田中泰輔氏を客員フェローとして招聘 -日本の資産運用文化向上に資する情報発信力強化を目指して- タグ
日付
2021/05/25
タイトル 東京スター銀行が、「ピクテ・マルチアセット・アロケーション・ファンド(愛称:クアトロ)」を 2021年5月25日より取扱い開始 タグ
日付
2021/05/25
タイトル 香川銀行が弊社のファンド、計2本を 2021年5月25日より取扱い開始 タグ
日付
2021/05/17
タイトル ほくほくTT証券が弊社のファンド、 計2本を2021年5月17日より取扱い開始 タグ
日付
2021/05/13
タイトル 「ピクテ・マルチアセット・アロケーション・ファンド(愛称:クアトロ)」が、純資産総額2,000億円超に ~不透明な環境下で支持され、コロナ禍の8ヶ月で2倍に~ タグ
日付
2021/05/11
タイトル 「iTrustスマートシティ(愛称:未来の街)」を2021年5月11日より募集開始 ~都市の課題から生まれる新たな成長機会を捉えるピクテのスマートシティ戦略~ タグ
日付
2021/04/27
タイトル 「ピクテ・エコディスカバリー・アロケーション・ファンド(年2回決算型)為替ヘッジなし 愛称:エコディスカバリー」が 「R&Iファンド大賞 2021」投資信託 外国株式ESG部門において最優秀ファンド賞を受賞 タグ
日付
2021/04/27
タイトル 「ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型/1年決算型)」が 「R&Iファンド大賞 2021」投資信託 インフラ関連外国株式部門において優秀ファンド賞を受賞 タグ
日付
2021/04/23
タイトル auカブコム証券株式会社が、弊社のファンド6本を 2021年4月23日より取扱い開始 タグ
日付
2021/04/19
タイトル 九州FG証券が弊社のファンド、計2本を 2021年4月19日より取扱い開始 タグ
日付
2021/04/01
タイトル 熊本銀行、十八親和銀行が、弊社のファンド計2本を2021年4月1日より取扱い開始 タグ
日付
2021/03/31
タイトル 「ピクテ・アセット・アロケーション・ファンド(1年決算型) 愛称:ノアリザーブ1年」が 第6回「楽天証券ファンドアワード」において優秀ファンドを受賞 タグ
日付
2021/03/31
タイトル 「ピクテ・マルチアセット・アロケーション・ファンド 愛称:クアトロ」が 第6回「楽天証券ファンドアワード」において優秀ファンドを受賞 タグ
日付
2021/03/15
タイトル 藍澤證券が、「ピクテ・マルチアセット・アロケーション・ファンド(愛称:クアトロ)」を 2021年3月15日より取扱い開始 タグ
日付
2021/03/01
タイトル とちぎんTT証券が、弊社のファンド4本を 2021年3月1日より取扱い開始 タグ
日付
2021/02/03
タイトル 筑波銀行が、弊社のファンド計2本を 2021年2月3日より取扱い開始 タグ
日付
2021/02/02
タイトル 「ピクテ・マルチアセット・アロケーション・ファンド 愛称:クアトロ」が Morningstar Award "Fund of the Year 2020"において最優秀ファンド賞を受賞 タグ
日付
2021/02/02
タイトル 「ピクテ・エコディスカバリー・アロケーション・ファンド(年2回決算型)為替ヘッジなし 愛称:エコディスカバリー」が Morningstar Award "Fund of the Year 2020"において優秀ファンド賞を受賞 タグ
日付
2021/01/29
タイトル ジャパンネット銀行が、弊社のファンド 計2本を2021年1月29日より取扱い開始 タグ
日付
2021/01/21
タイトル SBI証券が、弊社のファンド4本を 2021年1月21日より取扱い開始 タグ
日付
2021/01/01
タイトル 岡三にいがた証券が、弊社のファンド1本を 2021年1月1日より取扱い開始 タグ
日付
2020/12/21
タイトル 松井証券が、弊社のファンド計2本を 2020年12月21日より取扱い開始 タグ
日付
2020/12/01
タイトル 三井住友信託銀行が、弊社のファンド1本を 2020年12月1日より取扱い開始 タグ
日付
2020/11/25
タイトル フィデリティ証券が、弊社のファンド計5本を 2020年11月25日より取扱い開始 タグ
日付
2020/11/20
タイトル あおぞら銀行が、弊社のファンド計2本を 2020年11月20日より取扱い開始 タグ
日付
2020/11/19
タイトル ブランドをリニューアルし、11月19日よりウェブサイトを全面刷新 タグ
日付
2020/11/09
タイトル 藍澤證券が、弊社のファンド計2本を 2020年11月9日より取扱い開始 タグ
日付
2020/11/06
タイトル 浜銀TT証券が、弊社のファンド計2本を 2020年11月6日より取扱い開始 タグ
日付
2020/11/02
タイトル 三菱UFJ信託銀行が、弊社のファンド計8本を2020年11月2日より取扱い開始 タグ
日付
2020/10/19
タイトル 野村證券が、弊社のファンド計2本を 2020年10月19日より取扱い開始 タグ
日付
2020/10/19
タイトル 水戸証券が、弊社のファンド計2本を 2020年10月19日より取扱い開始 タグ
日付
2020/10/16
タイトル 岡三証券が、弊社のファンド計2本を 2020年10月16日より取扱い開始 タグ
日付
2020/10/05
タイトル 東邦銀行が「ピクテ・ゴールド(為替ヘッジあり)」を 2020年10月5日より取扱い開始 タグ
日付
2020/10/05
タイトル とうほう証券が「ピクテ・ゴールド(為替ヘッジあり)」を 2020年10月5日より取扱い開始 タグ
日付
2020/09/30
タイトル ジャパンネット銀行が、弊社のファンド計14本を 2020年9月30日より取扱い開始 タグ
日付
2020/09/07
タイトル 「ピクテ・マルチアセット・アロケーション・ファンド(愛称:クアトロ)」が、純資産総額1,000億円超に タグ
日付
2020/09/04
タイトル 四国銀行が 「ピクテ・ゴールデン・リスクプレミアム・ファンド(愛称:バーゲンハンター)」を 2020年9月8日より取扱い開始 タグ
日付
2020/09/01
タイトル 青森銀行が、弊社のファンド計2本を 2020年9月1日より取扱い開始 タグ
日付
2020/09/01
タイトル 西日本シティ銀行が、弊社のファンド 計3本を2020年9月1日より取扱い開始 タグ
日付
2020/08/26
タイトル ファンド運営のガバナンス体制をさらに強化 「ファンド・アドバイザリー・コミッティー」社外有識者メンバーに石川由美子氏、山口周氏を招致 タグ
日付
2020/08/17
タイトル きらぼしライフデザイン証券が、弊社のファン 計10本を2020年8月17日より取扱い開始 タグ
日付
2020/08/11
タイトル 京都銀行、千葉銀行が、弊社のファンド計2本を 2020年8月11日より取扱い開始 タグ
日付
2020/07/20
タイトル 大和証券、ひろぎん証券が、弊社のファンド計2本を 2020年7月20日より取扱い開始 タグ
日付
2020/07/20
タイトル 静銀ティーエム証券が 「ピクテ・ゴールデン・リスクプレミアム・ファンド(愛称:バーゲンハンター)」を 2020年7月20日より取扱い開始 タグ
日付
2020/07/20
タイトル 京都銀行が「ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(1年決算型)」を 2020年7月20日より取扱い開始 タグ
日付
2020/07/15
タイトル 百五銀行が、弊社のファンド計3本を 2020年7月15日より取扱い開 タグ
日付
2020/07/14
タイトル ピクテ・アセット・マネジメント・エス・エイ SBIアセットマネジメントと共同で 『SBI-ピクテ アジア・ハイテクベンチャー・ファンド(外国投資信託)』を設定 タグ
日付
2020/07/14
タイトル 百五証券が、弊社のファンド計2本を 2020年7月14日より取扱い開始 タグ
日付
2020/06/30
タイトル 三井住友信託銀行が「ピクテ・マルチアセット・アロケーション・ファンド(愛称:クアトロ)」を2020年6月30日より取扱い開始 タグ
日付
2020/06/05
タイトル 楽天証券が、弊社のファンド計3本を 2020年6月5日より取扱い開始 タグ
日付
2020/06/02
タイトル 四国銀行が「ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(1年決算型)」を 2020年6月2日より取扱い開始 タグ
日付
2020/06/02
タイトル -コロナ後を見据え、進化する資産運用- 「リスクプレミアム」に着目する利回りゼロ時代の新たな分散投資 「ピクテ・ゴールデン・リスクプレミアム・ファンド(愛称バーゲンハンター)」を2020年6月2日より募集開始 タグ
日付
2020/05/29
タイトル 一般社団法人「ファイナンシャル・アドバイザー協会」へ、法人賛助会員として入会 ~金融商品仲介業者など全45社、うち法人賛助会員21社が参加~ タグ
日付
2020/05/25
タイトル auカブコム証券が「ピクテ・バイオ医薬品ファンド(1年決算型)為替ヘッジなしコース」を 2020年5月25日より取扱い開始 タグ
もっと見る