Article Title
アセット・アロケーション戦略とESG投資を融合させた 「ピクテ・サステナビリティ・マルチアセット・ファンド(愛称:モンド)」を2021年10月1日より募集開始
2021/10/01

Share

Line

LinkedIn

URLをコピー

概要
Article Body Text

ピクテ投信投資顧問株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 萩野 琢英)(以下、幣社)は、アセット・アロケーション戦略とESG投資を融合させた「ピクテ・サステナビリティ・マルチアセット・ファンド(愛称:モンド)」(以下、モンドまたは当ファンド)を2021年10月1日より募集開始、10月15日より新たに運用を開始します。当初募集は、10月1日より株式会社北海道銀行、株式会社SBI証券にて行われ、販売会社は順次拡大していく予定です。

モンドはESGへの取り組みなどを考慮し選定された、様々なアセット・クラス(資産)への分散投資と市場環境に応じた資産配分の機動的な変更により、市場の変化に伴う下落リスクを低減しつつ、中長期的に安定したリターンの獲得を目的に運用を行います。愛称の「モンド(Monde)」とは、フランス語で「世界」を意味しています。サステナビリティ(持続可能性)を意識した世界への投資を通じて世界をより良くしたいという想いが込められています。

 


■   マルチアセット運用のスペシャリストを有するピクテ

ピクテ・グループ(以下「ピクテ」)は欧州の王侯貴族など世界の富裕層の資産を長年にわたり運用してきました。その経験から、変化し続けるマーケットでリターンを積み上げていくためには、積極的に投資対象を変容させていく「アクティブ・アセット・アロケーション」が重要であると考えます。


モンドは、リスクを低減するためのアセット・アロケーション戦略を採用し、同時にESGにも注目して投資銘柄を選定します。また、ESGを考慮した運用を行うことにより、長期的なリターンの獲得に寄与すると考えます。資産を保全し次世代へと受け継いでいくことの大切さを知るピクテだからこそ、時代の変化や様々な危機に対応できる経験豊かなスペシャリストたちが、しっかりとした運用の提供を目指します。

 

■    値動きの安定性を意識した国際分散投資

《モンドの運用理念が目指すイメージ》

※上記は長期的なリターンの獲得を目指す運用理念を示したものであり、実際のリターンが着実に積み上がることを示唆あるいは保証するものではありません。


モンドは、実質的に日本を含む世界の株式、債券に加え、リートやコモディティ等のオルタナティブ資産など、様々なアセット・クラス(資産)へ国際分散投資をします。主としてESGへの取り組みを考慮して投資先の選定を行います。さらに、各資産の配分は、資産毎のリターンとリスクの見通しをもとに市場環境に応じて機動的に変更します。また、為替変動リスクも市場環境に応じてファンド全体でコントロールします。加えて、日本の投資家向けに運用される当ファンドでは、日本円ベースでのリスク管理を行い、長期的な値動きの安定性を意識し、円資産(円建てや円ヘッジの資産)を積極的に組み入れています。

 

《モデル・ポートフォリオの資産配分比率(2021年8月末現在)》

出所:ピクテ・アセット・マネジメントのデータを使用しピクテ投信投資顧問作成
※上記はモデル・ポートフォリオであり、実際のファンドの資産配分比率とは異なります。※資産はファンド独自の分類です。※「(円)」の記載があるものは為替を一部または全部ヘッジしている資産となります。※四捨五入により合計が100%にならない場合があります。※円資産比率は、円建て資産の比率、為替予約の比率等から計算した概算値です。

■   実績ある「クアトロ」の運用チームが担当

モンドは、2013年から運用実績のある「ピクテ・マルチアセット・アロケーション・ファンド(愛称:クアトロ)」の運用担当者且つ、ピクテの自社年金運用なども担当するファンド・マネージャーのエリック・ロセが率いる運用チームからの助言を受け、ピクテ投信投資顧問が運用を行います。クアトロは、近年、安定感のあるその運用実績が評価され、第3者評価機関による数々の賞を受賞しています。

 

■   独自のESGスコアを採用

モンドは、ファンドの分析と選定を行うチームが投資対象を全て定量的・定性的に分析、またESGスコアの分析を加え、結果を元に投資対象を厳選します。ESG評価の高い資産へ投資することでポートフォリオ全体のESGスコアを高水位で維持します。


E(環境)・S(社会)・G(ガバナンス)それぞれの領域の評価を行うために多数の調査会社からESGデータを集め、資産間での比較も可能とする「ESGスコア」は、投資対象およびポートフォリオ全体のESGへの取り組み度を数値化したピクテ独自の指標です。投資対象の選定、投資配分比率の決定において各投資対象のESG評価を行い、その結果を踏まえポートフォリオ全体のスコアが高位に保たれるよう決定します。

 

■   受け継がれる「責任投資」の精神

1805年からジュネーブに本社を据えるピクテには、宗教改革の地に根付く責任意識が連綿と引き継がれ、今なお経営理念そして企業文化の礎となっています。顧客との深い信頼関係のもと、その核となる資産を度重なる危機から守り、次世代への継承に努めてきた歴史は、言い換えれば運用の高度化に挑み続ける歴史でもありました。ピクテの経験豊かなスペシャリストたちは、ESG投資をコンセプトだけに終わらせないために、変化を乗り越えていくしっかりとした運用の提供を目指します。

以上

※ お申込みにあたっては、交付目論見書等を必ずご確認の上、ご自身でご判断ください。

 

■「ピクテ・サステナビリティ・マルチアセット・ファンド(愛称:モンド)」関連ウェブページ
ファンドの詳細

特集ページ
 

■「ピクテ・マルチアセット・アロケーション・ファンド(愛称:クアトロ)」関連ウェブページ
ファンドの詳細

特集ページ

 

リスク、手数料等は「ファンドの詳細」リンク先の交付目論見書をご確認ください。


●当リリースおよび当リリース内リンク先のウェブサイトはピクテ投信投資顧問株式会社が作成したものであり、金融商品取引法に基づく開示書類ではありません。取得の申込みにあたっては、投資信託説明書(交付目論見書)等を取得していただき、必ず内容をご確認の上、ご自身でご判断ください。
●投資信託は、値動きのある有価証券等(外貨建資産に投資する場合は、為替変動リスクもあります。)に投資いたしますので、基準価額は変動します。したがって、投資者の皆さまの投資元本が保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。
●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。
●当リリースに記載された過去の実績は、将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
●当リリースは信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。
●当リリース中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。
●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。
●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。
●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象とはなりません。
●当資料に掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。



関連お知らせ


日付 タイトル タグ
日付
2021/10/13
タイトル 全国47 都道府県で資産運用セミナーを11 月1 日から再開 日本拠点開設40 周年記念、ピクテ・スペシャル・ジャパン・ツアー2021 タグ
日付
2021/10/01
タイトル 「iTrustオールメガトレンド」を2021年10月1日より募集開始 ~変化を捉え、SDGsへ貢献~ メガトレンドから生まれた12の投資テーマ全てに投資 タグ
日付
2021/10/01
タイトル アセット・アロケーション戦略とESG投資を融合させた 「ピクテ・サステナビリティ・マルチアセット・ファンド(愛称:モンド)」を2021年10月1日より募集開始 タグ
日付
2021/07/01
タイトル ピクテ投信投資顧問、田中泰輔氏を客員フェローとして招聘 -日本の資産運用文化向上に資する情報発信力強化を目指して- タグ
日付
2021/05/25
タイトル 東京スター銀行が、「ピクテ・マルチアセット・アロケーション・ファンド(愛称:クアトロ)」を 2021年5月25日より取扱い開始 タグ
日付
2021/05/25
タイトル 香川銀行が、ピクテ投信投資顧問のファンド、計2本を 2021年5月25日より取扱い開始 タグ
日付
2021/05/17
タイトル ほくほくTT証券が、ピクテ投信投資顧問のファンド、 計2本を2021年5月17日より取扱い開始 タグ
日付
2021/05/13
タイトル 「ピクテ・マルチアセット・アロケーション・ファンド(愛称:クアトロ)」が、純資産総額2,000億円超に ~不透明な環境下で支持され、コロナ禍の8ヶ月で2倍に~ タグ
日付
2021/05/11
タイトル 「iTrustスマートシティ(愛称:未来の街)」を2021年5月11日より募集開始 ~都市の課題から生まれる新たな成長機会を捉えるピクテのスマートシティ戦略~ タグ
日付
2021/04/27
タイトル 「ピクテ・エコディスカバリー・アロケーション・ファンド(年2回決算型)為替ヘッジなし 愛称:エコディスカバリー」が 「R&Iファンド大賞 2021」投資信託 外国株式ESG部門において最優秀ファンド賞を受賞 タグ
日付
2021/04/27
タイトル 「ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型/1年決算型)」が 「R&Iファンド大賞 2021」投資信託 インフラ関連外国株式部門において優秀ファンド賞を受賞 タグ
日付
2021/04/23
タイトル auカブコム証券株式会社が、ピクテ投信投資顧問のファンド6本を 2021年4月23日より取扱い開始 タグ
日付
2021/04/19
タイトル 九州FG証券が、ピクテ投信投資顧問のファンド、計2本を 2021年4月19日より取扱い開始 タグ
日付
2021/04/01
タイトル 熊本銀行、十八親和銀行が、ピクテ投信投資顧問のファンド、 計2本を2021年4月1日より取扱い開始 タグ
日付
2021/03/31
タイトル 「ピクテ・アセット・アロケーション・ファンド(1年決算型) 愛称:ノアリザーブ1年」が 第6回「楽天証券ファンドアワード」において優秀ファンドを受賞 タグ
日付
2021/03/31
タイトル 「ピクテ・マルチアセット・アロケーション・ファンド 愛称:クアトロ」が 第6回「楽天証券ファンドアワード」において優秀ファンドを受賞 タグ
日付
2021/03/17
タイトル 森林・木材関連の上場株式を中心に投資する唯一のアクティブファンド 「iTrustティンバー(愛称:木と環境と未来へ)」を2021年3月17日より募集開始 タグ
日付
2021/03/15
タイトル 藍澤證券が、「ピクテ・マルチアセット・アロケーション・ファンド(愛称:クアトロ)」を 2021年3月15日より取扱い開始 タグ
日付
2021/03/01
タイトル とちぎんTT証券が、ピクテ投信投資顧問のファンド4本を 2021年3月1日より取扱い開始 タグ
日付
2021/02/03
タイトル 筑波銀行が、ピクテ投信投資顧問のファンド、計2本を 2021年2月3日より取扱い開始 タグ
日付
2021/02/02
タイトル 「ピクテ・マルチアセット・アロケーション・ファンド 愛称:クアトロ」が Morningstar Award "Fund of the Year 2020"において最優秀ファンド賞を受賞 タグ
日付
2021/02/02
タイトル 「ピクテ・エコディスカバリー・アロケーション・ファンド(年2回決算型)為替ヘッジなし 愛称:エコディスカバリー」が Morningstar Award "Fund of the Year 2020"において優秀ファンド賞を受賞 タグ
日付
2021/01/29
タイトル ジャパンネット銀行が、ピクテ投信投資顧問のファンド、 計2本を2021年1月29日より取扱い開始 タグ
日付
2021/01/21
タイトル SBI証券が、ピクテ投信投資顧問のファンド4本を 2021年1月21日より取扱い開始 タグ
日付
2021/01/01
タイトル 岡三にいがた証券が、ピクテ投信投資顧問のファンド1本を 2021年1月1日より取扱い開始 タグ
日付
2020/12/21
タイトル 松井証券が、ピクテ投信投資顧問のファンド、計2本を 2020年12月21日より取扱い開始 タグ
日付
2020/12/01
タイトル 三井住友信託銀行が、ピクテ投信投資顧問のファンド1本を 2020年12月1日より取扱い開始 タグ
日付
2020/11/25
タイトル フィデリティ証券が、ピクテ投信投資顧問のファンド、計5本を 2020年11月25日より取扱い開始 タグ
日付
2020/11/20
タイトル あおぞら銀行が、ピクテ投信投資顧問のファンド、計2本を 2020年11月20日より取扱い開始 タグ
日付
2020/11/19
タイトル ピクテ投信投資顧問、ブランドをリニューアルし、11月19日よりウェブサイトを全面刷新 タグ
日付
2020/11/09
タイトル 藍澤證券が、ピクテ投信投資顧問のファンド、計2本を 2020年11月9日より取扱い開始 タグ
日付
2020/11/06
タイトル 浜銀TT証券が、ピクテ投信投資顧問のファンド、計2本を 2020年11月6日より取扱い開始 タグ
日付
2020/11/02
タイトル 三菱UFJ信託銀行が、ピクテ投信投資顧問のファンド、 計8本を2020年11月2日より取扱い開始 タグ
日付
2020/10/19
タイトル 野村證券が、ピクテ投信投資顧問のファンド、計2本を 2020年10月19日より取扱い開始 タグ
日付
2020/10/19
タイトル 水戸証券が、ピクテ投信投資顧問のファンド、計2本を 2020年10月19日より取扱い開始 タグ
もっと見る